(実験+対照区)

作者の生存報告を兼ねて。

成熟サツキマス(40cm〜48cm)計6匹入り水槽



2006年度の遡上魚たちの生態が変わった気がして、妙に胸騒ぎがした為、
警告を発する意味でドタバタドタバタ、当時取材した方々から継続的な報告が入っていました。
2007年、「サツキマス、アユの生態が変だ」(専門学問でない一般の釣り師さん含め)、
多くの釣り会、フィッシングチーム、漁業関係者間に衝撃が走ったそうです。

意見1「以前、河口付近で成魚放流したからじゃないか?」、意見2、意見3、意見7…
意見10「倍数体が逃げて増えてるんじゃ?」、意見28「アユがXXだけになったからでは」、
……意見50回へ達した後、意見1に戻る。・・・・・・・・・・・数年繰り返し語り続く(失礼)。



じゃぁ、サツキマスと同様に生態が変わっている報告は他地域や類似魚種で無いだろうか?
サクラマスは?ビワマスは何か変化が?同属のシロザケ、ヒメマス、カラフトマスは?
DNAに変な部分はないか、3数体とヘテロシスが偶然何かをしたのか、3倍体を放流したのか。
・・・・・・・・・実は生態変異の話がありました。各地?で。原因は予想していたアレか!!!
むーん、どうすれば好いのか悩む。ネタも多いので取り上げる選択に困るなぁ。

いきなり倍数体とかヘテロシスやDNA云々をいきなり紹介したとしても、大丈夫だろうか。
いや、知識が豊かな渓流読者さんたちゆえ、多くの人が知ってると思う。



今の忙しさ(リアル仕事)を越えてから、渓流記事を書き始めて間に合うかなぁ。
去年は解禁に間に合わずには1ページも書けなかった。間に合わすためには……。

↓やっと6匹
私の素晴らしい撮影テクの下手さ加減で、雰囲気が小型の群れになってしまった情けなさ。

<大きさ比較>

★矢印:傷のサツキと同じ固体(上が治療後)。

あれだけ大きい遡上魚として写っていたのが、
更に大きいのが何匹も入っているので
目立たなくなってしまいました。

傷痕の一致が写真では確認しずらいですから、
先の更新で大きく撮ってお見せします。

(別の疾病でポックリ逝ったらショックですが)

★治療ノウハウは、アクアリストさん向けに、
時間に融通が出来たらアップします。

↓小型グループ(31cm〜37cm)4匹、尺アマゴ1匹、降湖型1匹、降海型が2匹。



遡上魚は兎に角パニックになりやすいです。水槽に入れるまでに輸送ケースの壁に鼻をぶつけまくり、
水槽内へ入れて観察すると多くの連中の鼻頭が凹んだり傷ついてる(嗚呼)重いし肉体労働〜〜!!!
チョウっていう寄生虫も魚表皮から外すの大変だし(大きな海水魚も同様に多々)、中々大変です。

さて、ここを読んでいる方にコッソリお教えしましょう。タキタロウの正体発見ネタを。
調査に行こうという話は有ったものの、その前に”ハタッ”と見つけて(?)しまいまして。魚群じゃなかった。
一般的な「コレかもしれない」という推測を書いても映えないので、やはり正体と思われる写真を。
見間違いや逆さま魚拓や3倍体でもなく、本当にいたんだと思った。また今度ご期待下さい。

オマケ↓アジアアロワナ(熱帯性淡水魚・50cmぐらい)・・・15cmから育て14年目ぐらい。
ウチにいるのは長生きばかり。サッチャン(小鳥♀)という可愛いのも居ます、10数年。凶暴デス。



オマケ↓イシダイ(他は隠れてしまった…)温帯性海水魚。大きくなって巨大化したらクチグロ。
クチジロはイシガキダイの老成魚ね。ご存知の方も多いでしょうけど。知能が高いので芸を!!!





←戻る     表紙     次へ転覆病のサツキマス治療など飼育風景