イワナ1.5m!?

2002年の3月末。

読者の方から、大変な情報が寄せられました。

岐阜県郡上郡、八幡町に流れる長良川最大支流のひとつ、
吉田川で1.5mの岩魚(イワナ)を掛け、抱きかかえるところまで行ったという。


郡上八幡は、夏の間毎日踊りまくると言う郡上踊りで有名な町です。
特にお盆過ぎに1週間ぶっ続けで徹夜を敢行するという荒業をします。

髪の金髪のお姉さんから、いつも怒鳴りまくっているオジさんまでが
一緒になって同じ踊りを繰り広げます。

最近はTV、映画の舞台になっていますから、
有名に拍車が掛かって観光客も多くなっているようです。

胡散臭く思った私は、通いなれている場所でもあり、色々と質問をしてみました。

場所、魚の特徴。

その方を問い詰めたところ、私の知っている場所でもあり、
私自身が4年で3回もコイの巨大なレベルの岩魚を掛け逃がしている事もありました。
少し値引いても彼が遭遇したイワナは、1mは超えたであろうことは私も信じることが出来ます。

彼は熱く語る。

「川底にじっとしてうんともすんとも動かないので、思いきって飛びこみました。
抱きかかえて水面で跳ね飛ばされ、逃げて行きました。
抱きかかえた時、両手の広げた感じから1.5mはありました。」

「模様は普通のイワナとは違って、海降型の大きな白い斑点を持ったイワナでした。
今年は、ずっと怪物を探しに行きます。」

私も体調を崩す5月からは彼と同行できませんでしたが、4月に何回かチャレンジしてみました。

↓現地チャレンジ中(作者)。
知っている方は知っている景観も良い場所。岩まで行くのには川に入って渡らなければなりません。

←この場所は知っている人なら…

↓拡大。デジカメはスゴイ!!!

置いておいた生き餌バケツ、1mを掛けたら必要と思って持っていった大物(海)用のタモまで見える!!!
普通、渓流ではこんな釣り方はしません。

←振り出しタモも持参。磯で使うやつです。

彼と合流して更に詳しい話も聞きましたが、確かにリアルな話でした。
しかし180cmを超え、ガッシリした彼の体格を跳ね飛ばせるだろうか…?
でも、1mのイワナなら跳ね飛ばせるだろうと思いました。

彼いわく、

「1mじゃないよ〜!!! 1.5mは有ったんだって!!!

抱き上げた時にこのぐらいで、ほんとだって。

釣り人の話は大きくなるって言うけどサイトでアップするんでしょ?
でかいアクセスあるんだしTVの取材とか有ったらどうするの?

怖くてウソなんてつけないよ!!!」

おっと、見透かされましたか…。

▲情報提供やアドバイスをした謎系の重鎮日本TVやTV朝日なら
ひょっとしたら食いつくかもしれないぞ…と期待したんだけどね。
(他のコラムでは取材有りだったが、魚はダメだなぁ)


それじゃぁ、1.5mにもなる岩魚の検証を生物学的にやってみましょう。
暖かい伊勢湾に注ぐ長良川、その支流の吉田川に遡上タイプが居るとは、
たぶん、100%の人が否定する事でしょう。


作者は応える。

「いいじゃないですか。

どうせなら、ここは一発3mあったって言っておけば?

それぐらい言わないとさ有名にならないから。」

さて、冗談は置いておいて、そのイワナ。可能性ですが、生物学的には居ても可笑しくありません。
また、サツキマスよりも冷水に厳しいイワナが、「暖かい伊勢湾」で海に降りるのか?

…という疑問がありますが、地元郡上八幡博物館のイケスには、
降海型イワナ40cm前後(アメマスに似ている)が泳いでいます。

当サイトをよく読まれた方は思い出していただきたい。
「サケってエサ食う?実験」(後半)。
そう。私の実験でも、降海型になりにくかったのはイワナ君でした。

▲本で理解するのではなく、ちゃんと実験で確認するのが研究者。

というわけで…

長良川ではイワナは海に降りないという事が一般的です
しかし現に博物館のイケスで見る事が出来ます

机上の論理(学術的推測)が絶対ではないケース…というわけですね。

念の為、彼を博物館まで案内し、その降海型を見せましたところ間違い無いようです。
1.5mの可能性があるイトウとは”絶対!違う”(談)みたいです。

▲ちなみに、博物館のおじさんはイケスの降海型イワナを「サツキマス」と思いこんでおり、
私に指摘され「勉強になりました」という事も付け加えておきましょう!!
判別できるポイントはヒレの白いラインです。

海まで行くかはどうか判りませんが少なくとも本流で湖沼型になって遡上してくると考えられます。
長良川河口堰が出来た今は、多分そうでしょう。

産卵しても死にませんので、大きくなる事が出来ます。
私は彼を信じる事にしましたが、とにもかくにも現物を見つけて写真ぐらいに収めないとネ。

しかし…。

私の体調が戻りつつある現在ですが10月1日。シーズンは終わってしまった…。
▲郡上のサケ科魚類の禁漁は10月1日から。解禁は2月1日から。

↓場所を変えて…。天然ウグイの猛攻に耐える。ちょっと疲れた私。

←ここは日光浴が出来る場所

結局イワナの大物は不発。天然のヒレピンのアマゴが少し。リリース前に写真。

←塩焼きサイズだ。

禁漁になってから、彼から連絡が入りました。何十回も通ったそうですが、ダメだったようです。
夏には遭遇場所より上流・下流を水中メガネで潜って探したそうですが、これも発見できず、
調査は来シーズンに持ち越しとなりました。

昔(’95年ごろ)、TVの釣り番組、釣り雑誌、ビデオで活躍していた渓流釣り師と雑談中、

「いや、大きなイワナを掛けて逃がしました。
45cmのコイは上がったのに、それ以上でした。
0.6号通しではきつかったですよ。」(糸0.6mmのこと)

「実は、わたしも取り逃がした事が有って、XXで。
誰にも話していないけど。自分で釣り上げようと思って。」

「えっ!その近くですよ私の場合も…。」

初公開でした。


拡大&解説〜(帽子には作者HNが!!!)

絵をご覧になられ、見覚えがあるかな?さすがプロの絵は違いますよねぇ。
感動した次第デス。

マガジンの森先生から2007年1月30日

メールを離れ、送ればせながらUMA&釣り兼用のBBSを見ると……

どうも、ご無沙汰です。

さて、拙作とんでも☆ハンター」の続編が26日発売のマガジンZに掲載の運びとなりまして、
前回同様、トビラの下部に貴サイトのURLを載せさせていただきました。
事後になって申し訳ありませんが、何卒承諾いただきたく存じます。

前回はツチノコでしたが、今回のお題はフ○イング・○ューマノイドであります。

また、今回から学研ムー様のバックアップをいただくことになりました!
なんだか、アレやコレや・・妙にリンクしてきましたねぇw
あとアンケート葉書のプレゼントに、学研のムック本も出していただきました。
皆様ふるってご応募を!

・・・しかしトーン貼りまで全部一人で描く漫画のつらいこと。
連載時代、こき使ったアシのみんな、ごめん!

おおっと、お久しぶりの講談社M先生。26日過ぎに時間を作って表紙に上げますね。
サイト作成も全て自分で行う(監督・構成・脚本など)ゆえにお気持ちお察しします。



戻る     表紙     次へ2コマ外伝