月刊誌「つり人社」に超大型のイワナ目撃談が寄せられた。これは当時の編集長さんへアドバイスを兼ねた原稿でもありました。

 メーター大イワナの科学的可能性

導入

以前、よく釣り人から巨大なイワナを目撃ないしバラしたという話を聞きました。
直接に面と向かって話を聞いたこともあるし、中にはその釣り人がTVやビデオに出ていた人だったり(鷲見夏雄さん)、
私の友人は両手を広げたぐらい大きかった(1.5m)ので飛び込んで捕まえようとしたが跳ね飛ばされた…証言まで含まれて、
夢やロマンを掻き立てられていたものでした。
但し、釣り人の話は大きくなるという部分を差し引いて聞くのですが、それでも巨大な体躯を持つイワナは存在していそうです。

=ブラウントラウト?(シートラウト?)140cm45kg 全体画像もあります。

記録として見つけられるのは、イワナの仲間であるレイクトラウトの最大級。主に北米ですが1.5mで30s。
これは湖沼型のイワナであり、凄い大きさです。日本へも輸入されているので外来種問題の一角を担いそうな勢い。
一方、日本の北海道特産オショロコマの降海型は130p、18s。なかなか負けていません。
このように海や大規模な湖に降りてしまえばイワナの仲間といえども大型化はあります。
30pそこそこで一生を終えるわけでは無さげです。

湖といっても暖かい湖では冷水部分の栄養が少ないため、巨大化は寒冷地の大規模湖が有利です。
一般的に寒冷エリアの水産資源は熱帯や温帯の水産資源量に比して莫大に多いです。
色鮮やかな熱帯魚のイメージでにぎやかな温帯系は、資源量(漁獲量)としては少ないだなんて意外ですよね。


疑うより調査しよう
(詳しい水産ジャンルのプロフィールを要望に沿って出してみました。)

「メーターを超すイワナを渓流で見た」という噂話。

私は医学の研究の材料として、遡上したら死ぬというサツキマスの生態を調査、
それなりに学術の界隈に所属していたため、いや大学にて恥ずかしながら教鞭を取っていたこともあり、
釣り人のホラ話を鵜呑みにすることは出来ない!などと反論したりしてました。
しかし、アユ・マスの冷水病の治療法や熱帯魚等の転覆病(当時不治の病)対策、ヘルペス系も研究サンプルの維持のため研究、
次いでサツキマスの発見者である水産試験場(愛知水試尾張分場)の俵先生と親しくさせていただき、
一色町さかな村の現・村長の堀先生(元水産試験場サクラマス研究者、放流試験を繰り返して生態調査)の
大御所研究者たちとの交流もあり、みるみるうちに学術知見の幅広さと未知分野の可能性を知り、
人の証言を疑うよりも信じて科学的調査することをモットーとするようになりました。
医学研究のおかげでサンプル飼育技術が上がって、自宅水槽で冷却クーラーをフル回転させれば
イワナやサクラマスなども飼育できる、現在の我が家にはイワナやヤマメ、アマゴがいます。

=自宅の大型水槽たち。2014年8月10日時点の写真。

★医学の研究
医学部老年科、老年科というのは、おじいさん、おばあさんを診る科ではなく、どうして人や生物は死ぬのか?死なないといけないのか?を研究する分野です。
産卵したら必ず死ぬという遡上魚を選んで、生かすことが出来ないか?をとっかかりに研究をした次第です。
必然的に水産関係の論文を漁り、研究者の交流も増えました。研究生活は20年に及びました。



イワナの標準生態

サケマスのサケ科は世界全体で11属、約66種に分類されています。そのうち、イワナ属は約30種。
なぜ”約”66種とか約30種なのか?それは後述しますが、微妙な存在がいるからです。
兎にも角にも半分近くがイワナ属というのは意外です。
分類しやすいからというのもありますが、それだけ優位な進化を遂げたと考えられます。

月刊つり人を読まれる常連さんならご存知の通り、イワナは悪食で動くものなら何でも食い、体型は細長いものが多いです。
一般の人に教えると驚かれるのは、イワナだけは共喰いをするという事実。
実際、我が家の水槽内で飼育していた際に大型イワナがチビをカプカプ食べようとする光景にすこぶる驚きました。
サケ科の縄張り争いで喧嘩をするのとは違って、追い払わずに口の中に入れてしまって、
鋭い歯型がチビにはついてしまいました。サクラマスやサツキらは大小混泳させることはできます。
イワナを飼育する際は、口の中に入らないように他魚の体の大きさをそろえて混泳させるのがいいでしょう。
共喰い、これだけはまだまだ広く知られていないのではないでしょうか。

イワナは日本河川の最上流に住み、暖かい温度が苦手で、同じ渓流や大淵でもヤマメやアマゴよりも上流側にいます。
しかしダムや漁協の放流事業などにより棲み分けが混乱してしまったものの、この棲み分けはポイント絞りに役立ちます。
また、氷河期調査にも役立っています。個体変異が大きいため、どこのイワナが氷河期に交流があったか等、環境を調べられます。
関東で典型的な個体変異として、奥秩父には3種の「赤イワナ」がいます。ご存知の人も多いでしょうか?
渓流危機と呼ばれた昔は絶滅の危機というか資源枯渇で渓魚が少なくなり、どうしても放流事業は欠かせませんでした。
ヤマメ域にアマゴの赤色が出てしまうなどはその痕跡。最近は薄まったようですが長くかかりました。(アマゴはヤマメより優性遺伝。)
まだまだ学術が間に合ってよかったというわけですね。赤イワナは3か所に分散して棲んでいるとのことで、生息地図も作られています。
秩父の釣具屋さんに「秩父イワナを調べてほしい」と言われましたが、遺伝子が大きく違っていなければ大変そうです。

 

↑奥秩父の荒川上流にて釣ったイワナたち。左が湖沼型、隅でじっとしてなくて泳ぎまくります。右が渓流型。じっと隅っこにいます。

色の違いに驚いてください。後述しますが湖沼型は金色気味になります。サクラマスの銀毛化と同じ発現変異と考えています。
サクラマスは銀ピカ(プラチナ色)ですが、産卵時には身肉の赤味が体表に移り婚姻色を呈し、白身になっています。
卵のイクラ色も同様に身を赤くしているアキタスサンチンという甲殻類に多く含まれる物質のせいで綺麗なピンク色をします。

 =特に綺麗。

=遡上魚。パーマークがうっすらと見えますがプラチナ色で気品があります。

秩父イワナは深い緑が特に美しいです。茶色が濃い個体との差もあり、最初、同じ水系のイワナとは思えませんでした。

話を戻しますが、イワナの生活史としてシロザケと決定的に違うのは、産卵しても死なないこと。
産卵したら死ぬのはサクラマス、サツキマス、カラフト、ベニザケなどタイヘイヨウサケ属というグループであり、
日本の食卓のメインを張る貴重なタンパク源。マスノスケという凄いのも含まれます。
(別名キングサーモン。知らない人はいないでしょう。)

産卵しても死なないのは、イワナ属のオショロコマやゴギやブルックトラウト、イトウ属のイトウ。
イトウには鹿を食って窒息した死骸が発見されたアイヌ伝説まであります。5メートルほどのイトウの死骸が川を流れてきた話も。
もう一つ、食卓でもおなじみのサルモ属(タイセイヨウサケ属またはニジマス属)のニジマス、ブラウントラウトたちも死なないです。

これら産卵しても死なないグループの注目は長寿なので大型化している種が多いことですね

1,サケ科イトウ属・・・・・・海川の行き来あり、産卵後も生存、長命、遡上後もエサを食う
2,サケ科イワナ属・・・・・海川の行き来あり、産卵後も生存、長命、遡上後もエサを食う
3,サケ科ニジマス属(サルモ属、タイイヨウサケ属)・・・・海川の行き来あり、産卵後も生存、長命、遡上後もエサを食う
4,サケ科タイイヨウサケ属・・・・・・・海川の行き来あり、産卵後はほぼ100%死亡、短命、遡上後はエサを食わない?議論有。

この上の4属の中で、海から遡上してもエサを食い、長命で大きくなるのは上から3つの属まで。
遡上して産卵すれば100%死んでしまうという、4番目のサケ科タイヘイヨウサケ属というのだけが特殊。

イワナの平均寿命は6-7年といわれていますが、だいたい10年〜15年生きるようで、平均寿命は個体差があります。
30-40pが平均的な体長で、大型化すると形が崩れてきて、すごい形相になったイワナもいます。

=15年ぐらい。70p近い大物だ。

だいたいサケ科の魚は共通して2-4年で成熟し産卵が可能となりますが、なんとイワナでは20p前後ですでに生殖能力を持ちます。
エサの多い渓流では1年でその体長に達します。その割にイワナは少ないですが、原因は先に書いた共喰いと考えています。
サケ科は河川の上流部から海や湖に降り、また上流部へ戻って水温の低いころで産卵します。

5年ほど前、長良川において私が目撃した異常行動がありました。
”夏”にサツキマスがペアリングし、産卵を促すフィンガリングをし、産卵したこと。
フィンガリングとは雌雄が横並びになって、互いに体を寄せ合いブルブルと震わせて口を開けて産卵する直前のサインを言います。
産卵後、まだ夏なのに死骸が山積みで卵は元気いっぱいのウグイに食われまくっていました。
サツキマスを釣って水槽に入れたら、水槽の壁にフィンガリングをして驚いてしまった。この件は郡上漁協へ報告してあります。

時期の違う真夏の出来事、これはシロザケの”トキシラズ”みたいな現象なのでしょう。時期を間違えて遡上してしまった奴です。
異常気象のせいと思われますが、時期を間違えて産卵すると卵がウグイらに食われてしまい、次世代が少なくなりますから大問題。
それに加えて普段はいないエリアで遡上イワナが何回も掛かって驚いたこともありました。同じ年です。

水が綺麗になるために必要な溶存酸素量はCODという頭文字で表しますが、
おおよそ3mg/L以下を科学的基準にしています。(正式:COD=科学的酸素要求量)
護岸工事等が非常に盛んなエリアでは2mg/L程度で年々厳しくなっていまして、この数字イワナの棲めるギリギリです。
普段なら棲めないような場所に回遊してきたわけで、鰓が耐えられるのか心配になったほどです。

=イワナの鰓は特に水質に敏感(写真はフナですが)。

この辺は一般の人は知らなくていいですが、水産ジャンルで知ってる人はすぐに分かる基本です。原因特定は調査中でした。

イワナと違って遡上型が一回の産卵で100%死亡するサクラマスやサツキマス、
陸封型のヤマメやアマゴは2年で成熟し、産卵しても生存するものが多くいます。
しかし、次の年に産卵すると必ず死んでしまいます。3回や4回の産卵を期待していても、どうしても突破できません。
ヤマメたちは充分な餌をあげると2年で30pを超えます。
すなわち釣り人が「これは年なしの大物だ」、「7-8年は生きてる」というのはありえないので、残念。

イワナはあり得ます。この何度も産卵するイワナとの違いは、渓魚を語る上での注意点・重要なポイントと思っています。

さて、基本的なサケマス分類を知らないと科学的に理解しにくいので出しましたが、苦痛な学術分類はさておき、
メーター超えの可能性について、いよいよお話ししましょう。


大型イワナの話

一般的に長寿のイワナを調べてみると60-70pが限界のようです。まれに80p級が捕獲されています。
エゾイワナやニッコウイワナ等々。アメマスはエゾイワナのことを指しますが、アメマスの定義が少し混乱してるらしいですね。
私の時代までは、イワナが海に降りたら便宜上なんでもアメマスと呼んだのですが、今では亜種扱いです。
実際にヤマトイワナ、ニッコウイワナなど…生物学上は大きな差はありません。区別をするほど遺伝子に違いがないのです。
個体変異が大きいので別種と勘違いさせられてしまっただけで、分類学が発展した現代においては、
同種に統一してもいいぐらいに絞り込めてしまっています。

ところで捕獲された巨大イワナの多くは、河川ではなく湖沼に降りてエビやワカサギなどを飽食し巨大化していました。
これはヤマメの湖沼型サクラマスやサケと同じ理屈です。
湖沼でのルアー釣りで50p〜60pはどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、70p-80pになるとビックリ、
その大きさになってくると殆どの魚の体が崩れてきていますので、とてつもない老成魚と誰もが感じます。

=老成魚は体が崩れていく。遺伝子限界。

生物の寿命は飼育したりして確認する実験がありますが、細胞分裂の限界を調べることによっても、長いか短いかが推測できます。
人間は56回、ゾウガメは約100回、ネズミは15回。寿命はゾウガメは200年、ネズミは2年程度。
このように簡単に飼育しなくてもイメージが出来るわけです。ベニクラゲは繰り返しますので永遠と存在します。
しかし、ところがどっこい、私はイワナの細胞分裂の調査をしていませんので、他魚との差がどれほどあるのか言及できず、
片手落ちで申し訳ございません。本研究は死なせない医学応用だったので、イワナではなくサツキマスがメインだったのです。
イワナ属の最大級レイクトラウトは50年の飼育実績の記録があるらしく、遺伝子異常がなくても1.5mにもなる魚だけはあるといえます。

さて、時々ではあっても、閉鎖水域での河川中でも60pあたりの大きさのイワナたちはいるようです。
情報が入ったら私は現地で調査し、CODなどの基本水質、棲んでいるイワナや山女、ニジマスたちの遺伝子、環境の植物の生育状態、
冨栄養の河川よりも大型化するのが不思議なことに貧栄養の河川だったりします。
これは河川の許容範囲を超えても放流すればするほど増えるという間違った考え方によるもので、
冨栄養河川だからと放流を繰り返しても河川の限界を超えていれば個体としては小さくなってしまいます。
お金の無駄遣いの典型的な例、苦い経験ですね。
これはクジラの捕鯨調査の必要性でも同じですが、こういう苦い経験を周囲に教えなければ「捕獲しなければいい、増やせばいい」と
単純になってしまいますので、反対運動も起きますよね。
まぁ調査捕鯨側の広報やプレゼンテーションの下手さがトラブルの元になってるみたいです。雑談失礼。

話をイワナに戻します。

貧栄養の河川では干上がったりも多いので、イワナ特有の細長い体型を生かして、小雨の際に水量の多いエリアへ移動する模様。
この生命力が突出しているのがイワナであり、いやはや、ヤマメではピタピタ跳ねるだけで陸上移動は無理ですねぇ。
実際、水たまりにイワナがいて何回か驚いたことがありましたが、厳しい最上流に棲む逞しさは並のお魚とは呼べません。

寿命の短い側のシロザケやサクラマスたちがトマホーク型の立派な魚体になって遡上してくるにもかかわらず、
寿命の長いニジマスはキングサーモンを超える1.5mにもなります。通称スチールヘッドです。しかしイワナだけは小さいイメージのまま。
かつて私はイワナだけは小魚というイメージを持っていましたが、それは食堂でのイワナの塩焼きが最大級レベル。
海へ降りたアメマスだけが大きくなるという解釈でした。なにせ餌が少ない渓流という印象が強かったのです。
実際にはイワナ属は大変大きくなっていますが、釣りをしてても大きすぎて走られてプッツン糸切れ。
太くても0.4号程度の上流渓流では50pクラスはかなり厳しいですよね。この考えに辿り着いてから思考を変えました。

棲んでいる渓流の下流に湖や海があれば、かなりの確率で大型イワナを見かけることが出来ますが、
普段から泳ぐよう回遊する生態・行動チェンジしている湖沼型イワナは渓流が寧ろ苦手で、
ストレスや怪我により病死することが多いみたいです。ストレスが大きく寿命や疾病に影響するのは人間も魚類も同じ。
渓流では大型魚の安定する水流の発生部分が少なく、岩に体をこすりつけて潜んでいる状態の陸封型と、
回遊してトマホーク型になった湖沼型大型イワナでは棲家自体の差に影響されると推測されます。
産卵して死ぬサクラマスなどと違ってイワナは遡上型でも死なずに生活していかなければなりませんからね。

しかしダムや大きな堰堤、堰で遡上が妨げられた渓流でも50pを超える超大物を時々見れます。なぜか。
殆どが細くて長いイワナです。(他所より移動してきたのか?)
丁度、私は1週間前に巨大な渓魚をかけて取り逃がしました。サツキマスかイワナですが、いやデカかった。
朝夕の短い時間で釣りをしたのですが、5日間で遡上魚(顔見て確認)をかけたのが8回、取れたのは4匹。
長良川です。一方で秩父・荒川では何回通っても尺上は3匹のみ。大型イワナと半サクラマス2匹でした。

長良川と荒川の差…この事実には検討するに値する大きな問題が含まれていますが、また機会があればご紹介しましょう。

サクラマスなどの遡上魚はダムや堰堤の設置規模など河川によって大きな個体差があるのは事実ですが、
イワナに限って言えば小規模でも大型の可能性はあります。(サクラマスは場所によって限りなく可能性はない。)


大型化の議論

釣り人の中でも多少生物学に明るい人なら、イワナの大型化の原因として遺伝子3倍体を言われるでしょう。
私もよく会話で聞かされましたが、その都度訂正しています。
DNA3倍体は体の大きさが3倍になるのではなく、降海型の大きさに普通の水槽内でも成るという技術です。
遺伝子には定められた大きさがあり、それを超えれるわけではありません。

3倍体は卵の状態の際に温度、化学物質などの刺激を、ある時点で加えると発現します。
人工的なバイオテクノロジーですが、自然状態では極めて起きにくいです。
フナや三毛猫には性別の偏りが見られますが、3倍体のことらしいです(知人研究者の談)。
自然界で存在する遺伝子異常はこのフナ・三毛猫ぐらいでしょうか。
植物では4倍体〜6倍体などがあります。すごい!

またイワナとヤマメを掛け合わせたようなヘテロシス(混血)での雑種強勢は強くて逞しいのですが一代限りで子孫を残せません。
一代限りなら大きくなりますが、それでもDNA3倍体と同じく遺伝子制御による体長を超えるのは至難の業。

大型魚のヘテロシスは滅多に見かけません。

 =ヘテロシス個体

人間にも時々発生する、DNAの欠損(ミュータント)による巨体化では2.5mを超える人がニュースになりますが、
血流の問題もあって20歳少しで亡くなられるケースが多いです。このケースはメーター級イワナにも当てはまりそう。
しかし複雑な人間と違って単純な魚類でそれが自然に起きるかというと、珍しいことではなくあります。
現実的には”確率なし”の場合が殆どですが、あるとすれば湖沼で底から温泉が湧き、
放射線がそこに棲むイワナの卵に遺伝子変異を起こさせた場合、です。

これがあるのなら、同じように超巨大になったサクラマスやニジマスなどが見つかるでしょう。何かありましたっけ?
いや、ありました。2-3mのタキタロウやナミタロウがその目撃談ではないか?というのが科学的な推測です。個人趣味です(笑)。

←タキタロウ・山形新聞(1983-9-17)

←ナミタロウの記事・東京新聞(1989-11-18)

条件が揃えば大型化してありうるという平均全長50-70pのイワナ。
しかし1メーターには20〜30pもの開きが残っています。この差は大きいです。
尺ものという30pの差ですから、相当な違いがある事でしょう。

こういう時に実際に目にしたり話を聞いたりすることができるのは”ヤナ”です。
私の研究はサンプルの不足を補うため、ヤナにもお世話になっていました。

=ヤナに乗ったサツキマス。長良川最上流・白鳥ヤナ(当時)

鮎以外にカワムツ、ウゴイ、アブラハヤ、そして遡上魚のサクラ・サツキマスがお目見えします。
時には巨大なウナギやオオサンショウウオ。
かつてヤナの台風時など増水時にお手伝いをしていた私は(サンプル提供のお礼を兼ねて)、
思い返してもイワナだけは大物は乗ってこないことが多く、いや寧ろ小さいイワナすら乗らなかった記憶があります。

台風の増水時などには岩にへばりついて流されないように頑張っているのでしょう。
「こんなに大きな遡上魚が乗ったよ」、「記録的な大きさだ」、「この魚は何ていうの?」など、
20年近くもヤナとお付き合いしていて、とうとう大型イワナの話だけはありませんでした。

一方で養殖場では逞しく育ったイワナの姿を見ることが出来ます。
管理釣り場やヤナや水族館への卸すために育てられているのですが、50p前後は普通に見られます。
しかし、そのような養殖場でも1メートルを超えるのはないそうで、50p程度の大型魚は引き取りが早いので、
それ以上に大きくする長期飼育を試みたことがないというお話でした。確かに10年以上も飼育せねばなりませんからね。


狙ってみよう

ヤナにも乗らない以上、メーター級のイワナの標本入手には限界があります。新たな手を考えねばなりません。
水中に潜ってヤスで捕まえるにしても相手が大きいと難しく目撃談のみになってしまい、
これでは釣り人の姿を見ただけの報告と同じです。職漁師ですら同じですからね。
多々、「川の主」「幻」のごとくメートル級のイワナ話があるのですから、網でも難しいのでしょう。
学術的にはサンプル、つまり本体、または頭骨を入手しなければいけません。釣り人として川へ通ったりするのも限界があります。

正直、60-70pのイワナなら現実的です。更に体長を制御する遺伝子の異常があれば1メートルを超せます。
条件としては以下があげられるでしょう。ポイント選定としてもおすすめです。

・下流に湖沼・海がある。ダム湖では設置されて3-4年たったもの。
・冨栄養の河川でも放流が盛んではない場所。(=放流量が多いと個体が小さくなるから。)
・貧栄養の河川では放流があると可能性は更に低く、放流のされてないところが最低条件。
・温泉が湧きでている。放射線のあるラドン温泉など。
・馬小屋などの大型動物のフンが流入している場所の上下流。

掛けても渓流で使用する0.4号までのラインでは太刀打ちできないので、0.6号ぐらいで突っ走る大型イワナを追いかけましょう。
釣り上げることは考えず、岩場で休んだところをラインを辿って何とか抱えたい。
私の経験では6mの竿(連山シリーズ愛用)では岩場に上がってすらクニャっと曲がってタモ入れ出来ずに悠々と泳がれてしまい駄目、
10mの竿(シマノ・スーパーゲームロングスペシャルZB)でも上がってこずに寄せることすらできずに軽いジャンプでラインブレイク。
ライン0.8号以上ですと流れに負けて浮いてしまって小魚たちの餌食になることが多いですから、大物を取るのは大変です。
(だから本流釣り、ルアー釣りというジャンルが盛況なんでしょうね。秩父ではエサすら入手が大変でした。)

   

↑釣った40pのサツキマスを入れて大変。こんなことを毎年20年以上も繰り返してきました。私のバックグラウンドとしてご参照まで。

私の場合、大型魚を釣り上げた場合、クーラーボックスでブクブクにて生かして自宅に持ち帰ります。
大型になればなるほど水量が半端でなく重く、崖の上り下りの大変さを知っているだけに、
もしもメーター級のイワナをゲットしても、どうすればいいか…(背負って何度も車と行き来するのです。想像するだけで死にそうだぁ〜)

何度かクーラーボックスの重さに耐えきれず、魚と一緒に崖を落ちてしまい、携帯もつながらない渓流だったため、
立ち上がれるようになるまで8時間もかかったりしました。私は渓流へ行く際は薬セットを持参します。
シップや痛み止め、風邪薬、胃腸薬、非常食、バンドエイド…この辺は余談ですけどね。

遡上魚ならルアーや本流釣りで対処できても、イワナの大物狙いに的を絞ると非常に難しいことが分かります。
重くて持てないほど大型魚、崖の上り下りはどうするのか?
釣れたよと現物を見せに釣具屋さんへ寄ることもできない現実、といったところでしょうか。
ゆえに幻は幻のまま、メーター級のイワナは目撃談としてしか存在できないのではないか?と理論的にも言える次第です。

圧力変化で移動は上下1m内に収まる時が多い超大物

●上下が苦手=無気管ウキ袋のせい。
1m(一気圧)幅をメインに考えておこう。

●小魚は除外して考えます。
日本記録魚を各自想定して
イメージしてください。

水と吊り合ってるので、魚の重量は0。
動いて初めて慣性の法則が発生。
体重による重量が発生していく。

●慣性の法則とは?
動き出した物体がその状態を
維持しようとする作用。

止める為にはエネルギーが必要。
それが竿の弾性・人の腕のパワー。

オマケの注意点としては、一気に引き上げようとしないこと。掛かった水深でしばらく泳がせます。
(感性でそのようにされてる釣り人さんがいらっしゃいますが、理屈は上です。)
テンションをかけ水圧差を大型魚に急に与えると、魚の方は一気に同じ水圧の場所へ戻ろうとダッシュを始めます。

テンションをかけずに、やり取りスタートの理屈

水圧変化には即反応する魚、
しかも最大馬力で反発します。
魚種による大きな差は
あまり見当たりません。

竿を立てると
(流れの強い場合のみ)
沖へ走られます。
魚種の差はあまり…なし。

流れの強い時にかぎって、
大物が食いつくのは
経験からでも多くの方が
あると思います。

テンションをかけずに
少し弱るのを待ち
潮流れ方面の
どちらかに竿を寝かす。
効率よく弱らせる方法です。

魚種による差がないので、
プロ釣り人が魚名を当てるのは
かなり凄いことだったりします。

本流釣り師には走られて切られた経験が多々おありのはずです。
キャリアを重ねれば重ねるほど、テンションの与え方とじっくり待つ姿勢が培われるようです。
ビデオなどで大物を得ている方々の動きを見ますと、科学を抜きにして自然とマスターしているのが分かりますね。


私の考える最終結論

さて、通常でも長生きすれば50pを超え、湖沼ではルアーに60pのものは掛かるという可能性の高いイワナですが、
最大級を70p〜80pとしても、メーターオーバーの場合は遺伝子の異常によらねばなりません。それはラドン温泉。
70pからあと30p、それを埋めるのが遺伝子異常です。しかし呼び方がイメージ悪いですね。
自然界では一応起きている現象なので、人間を含めましても可能性はあるとしか言えません。あとは現物個体で証明するのみ。

大物が掛かると無条件に胸が躍り、社会でのストレスは発散し(釣れなければ逆にストレスが蓄積する場合もありますが)、
生かして自宅の水槽に入れればいつでも釣った時の記憶がよみがえります。しかもイワナは飼い主に慣れます。

私の自宅の大型イワナ(湖沼型)は下流にダムがあり、険しい渓流の小場所で釣ったものです。
2回釣り逃して大物がいることは分かっていましたが、3度目の正直、なんとか上げて水槽へ入ったのは4か月前。
ジャンプや小渓を走り回って追いかけ、物凄いファイトだったのはダム湖からの遡上型だったせいですね。
6mの竿(連山シリーズ)で0.4号の通し仕掛けでした。40p近い名前は「王様」です。
(同じ仕掛けで岐阜県の庄川で50pオーバーをゲットしたことがあります。)

そして今は目があえば寄ってくる慣れっぷり。目だけで意思疎通が出来るとは驚きですよ。
手を上げれば餌の合図として待機し、フンの掃除の際には大人しく他魚と違って暴れない。
あまりの可愛さに完全ペット化しています。餌付けできると目つきが急に可愛くなります。←親ばかみたいなもの。

魚は一般的にホバーリングしたり定位したりする「じっと見つめる」行動をしている種類が知能を発達させています。
サザエをじっと見つめてから少しずつ咥えるイシダイは、何でも興味を持つようで芸を仕込めるほど知能が高い。
イワナも大変知能が発達していると思えます。

そうそう、降湖型のイワナは金色が強くなったり緑色が抜けて白くなったり(シャンパンゴールド)、体色でも区別が出来そう。
尾びれの逞しさを見れば凡そ棲んでいる水流環境が分かりますが、トマホーク型になったイワナはサクラマスたちと体型が似て
非常にマスらしい感じがして魅力的です。イワナらしくないと立派さと言いますか。
細長いものはどうしても「もっと餌食え」と言いたくなりますから、私は個人的に湖沼型が好きです。

秩父では大型のイワナを放流しているそうで、もしも釣られずに学習して生き延びれば超大型に育つものがいるかもしれません。
日本でニジマスが定着しないのは環境が輸入できなかった事に加え、すぐに釣られてしまうからと言われています。

日本唯一の幻の魚イワナ。都会ばかりになった日本に残された最上流の渓流にすむ自然派のお魚さん。
今回の記事で、メーター級がいても物理的に持ち帰れない、ヤナにも乗らないこともご理解して頂けたはず。

私は釣り人の「超巨大イワナ」の話は信じるに値すると考えています。
夢とロマンはなくさずに釣りを楽しんでいきたいものですね。
では皆様も夢ある楽しい釣りを!!!

終了


以下、短いバージョン〜簡潔に要旨のみ〜

 メーターイワナの科学的可能性

かつて私のところに「巨大なイワナを見た」、「職漁師の毎年の年会ではメーターオーバーのイワナの主の話が出る」、
「物凄い大きなイワナを掛けた」などと報告が相次ぎました。
それは私の友人(身長186p)が信じられないほど巨大なイワナを掛け、両手を広げた大きさがあり、
大きすぎて取り込めなかったので川に飛び込んで抱きかかえるところまで行ったが、跳ね飛ばされてしまったという話を
紹介したことから反響が始まりました。イトウなどではなくイワナだったと確認した冷静さもありました。

私はこれでも医学を研究する学術界隈の人間、水産関係にも足を運んでいただけに、答えを求められた人が多く、
当時、大学で教鞭もとっていたので、聞きやすかったのでしょう。

生物学という科学的理論は後付での蓄積であり、推測は机上の空論になりやすいので現物主義が徹底されています。
つまり標本絶対主義。皆さんもご存じ、シーラカンスが絶滅していると化石が取れなくなって断定されていましたが、
実際には深海にて細々どころかかなりの広さで生存が確認されました。
分かりやすく書けば、ドラゴンがいない常識があって、ドラゴンを捕まえて標本として出せば誰も文句が言えない証拠、
その後で「なぜドラゴンは空想上の動物となったのか」、「火はなぜ吹けないのか、吹くことになったのか」、「宗教上の関係は?」と
分析して理論体系をこさえるのが生物学、といっても過言ではありません。その理論から実益を取るのは水産学や医学です。
(生物学は全てを網羅している幅広い学問です。)

メーターオーバーのイワナはいるのでしょうか?実際に捕獲された公表データを調べてみますと、
1.5mのレイクトラウト、1.3mのドリーバーデン(オショロコマの降海型)というイワナの仲間の記録がありました。
ニッコウイワナやエゾイワナなどは80pを計測することも時々あるようですし、結構、大型化するのですね。

ふと思えば、海から川へ遡上して産卵して死んでしまうシロザケやサクラマス、サツキマスは3-5年の寿命にも拘らず、
50pから60-80p、シロザケは1メートルになります。彼らより寿命の長い、産卵しても死なないイワナでは、
平均寿命は6-7年、長寿の領域では15年というのがいます。
それなら、少なくともサクラマス並の大きさにはなるでしょうし、シロザケよりも大きくなるのでは?と思ってもいいでしょう。

但し、生物の大きさというのは遺伝子が決めているので、その設定を超えることがあるかどうかが重要です。
通常でも80p近くまでは記録であり、近い見聞ですら70pは超えるイワナがいる、私ですら70p超えは水槽内で見てますし、
70pを平均的最大級としますと、100pになるまであと30p、これは生物学的に遺伝子の設定を超える感じですから、
遺伝子異常(ミュータント)を起こす自然現象が必要になると考えます。例をあげれば温泉など放射線物質ですね。
放射能は最近言われ出したものではなく、昔から放射線の遺伝子影響は言われていますので、この辺は深くお考えにならぬよう。

ちなみに温度や化学刺激を卵のとある状態で受けると遺伝子3倍体が出現します。時々大型の生物の原因とされていますが、
実際は間違いで、3倍体は体が3倍になるのではなく、降海型の遺伝子設定限界の大きさまで行くという事です。
(超簡単に説明してますので、疑問がありましたら参考書へGo!)当時のTVスタッフが勘違いして、誤解として広まった情報です。

ならば、どんな渓流にメーターイワナはいるのでしょうか?
科学的な条件は、大きな湖沼が下流にある渓流であること、温泉がわき出してる部分があること、
放流が過剰に多々行われていないこと。この辺りです。
冨栄養河川(大河川、利根川、荒川みたいなところ)といえど、過剰な放流事業は各個体を小さくするからです。

意外と科学でもメーターイワナの存在は否定しないです。「可能性はアリ」ですね。
貴方の通う渓流にも棲んでいるかもしれません。期待しながら釣ってみましょう!!!

終了



Q&A(時間のある時にじっくりお読みください。意外と全ての釣魚へも応用が効きます。)

 今回の原稿で、イワナが大型化する場合、自然界ではラドン放射線の影響が必要かもしれない、
という趣旨のご指摘があり、かつそのようなケースは「いちおうある」とお書きになられていますが、
自然界の生物の突然変異に自然界の放射線が影響を与えたとされる事例には、実際にどんなものがあるでしょうか?
この部分について、可能であれば加筆をお願いできればと思っております。

東南アジアで巨大なフナが川で取れて調べたら3倍体でした。(一例)確か3メートル近くありました。
通常は1メートルのコイ科のそれは、草魚やアオウオと違って大物の記録がありませんでした。
3メーターの標本は現地の博物館に収められていましたが、私はHIV(エイズ)の調査で赴いていたため
詳細は現地医師から資料を貰ったものです。
その後で行われた放射線測定などの結果を読んだのですが、他にも探せば多々事例はあると思われます。

日本国内で事例報告がないのは放射線測定がほとんど日常でされてなかったからです(3.11以前)。
あの後で放射線ホットスポットが至る所にあることが報道されましたが、研究者らは過去から普通に調べていました。
原発事故のせいによくされますが、実際は自然界に点在する放射線を出す鉱石など地質のものからです。

3メートル近いコイ科の魚については10年以上前でしたから資料を探してみましたが見つかりません。
(資料の束が多すぎて失礼しました)。確かTVの不思議番組からアドバイスを依頼されており、
TV番組で扱われました。タレントの二人組のお笑いさんが司会者をやっていたものと記憶しています。(TV朝日系)

巨大化はDNA倍数体(3倍体)が原因と当初は指摘されていましたが、放射線によるものと修正して考えています。
3倍体では平均体長をはるかに超えて大型化しないのが通常ですから。

(原稿にこの辺りを詳しく書かなかったのは原発事故の関連を読者さんに想起させないためでした。)

「生物には遺伝子によって決められた標準的な体のサイズがある」というお話と、
サケ科の魚のサイズについて、ご質問がわいたのですが、たとえば、
「サクラマス=体長70pくらいまでは大きくなる」「ヤマメ=体調40(?)pくらいまでは大きくなる」の差は、
どこまでが「遺伝子の違い」によるのでしょうか?

サクラマスの陸封型がヤマメだと理解すると、遺伝子自体は同じで、サイズの差は単に生活環境の問題なのか、
であればヤマメもエサさえ豊富なら70pに成りえるのか(感覚的にはないと思えるのですが……)、
など疑問が湧きまして、この点はどのように理解すべきでしょうか?

アマゴとヤマメは朱点を除けばそっくりですからご意見はもっともです。
しかし遺伝子的には全くの別種ですから、種ごとの大型設定が違うだけだと思います。

そして、生物は親になると作る細胞や物質が違うことが多くあります。まずは例を出します。

人間は子供の頃CEA(大腸がん検出物質)というものを多く作ります。大人になるとCEAを作らなくなります。
がん細胞は分化途中に出来た不思議な異常細胞なので子供時代の記憶からCEAを作ります。
それを検出するのが人間ドック(腫瘍マーカー)で特に大腸がんの検査で応用しています。
正常な人でも常に少量のがん細胞を作るためCEAは僅かながらあります。ブレーキ作用で増殖しません。
なぜかGoサインが出ると、増殖して”ガン”となります。

モンシロチョウは幼虫とサナギでは体内物質が違います。見ればわかりますが(笑
サナギになる際、不要な物質を捨てるか、吸収して消す物質が出ます。
これは人間のがん細胞を狙い撃ちで消すことがわかり、副作用もない。人間を救う薬剤にできると大発見。
すでに薬剤として一部使用されていますが物質が少なく大量生産が課題。
国立がんセンターで研究が活発です。

サケマスは銀毛化した際に大人という形でのホルモン分泌があります。
体が作り変えられると表現されますが、メインはウロコ部分の変化と塩類細胞の増殖です。
(塩類細胞は鰓の付け根にできる海に対応できる細胞のことです。)

ヤマメのままでは塩類細胞がなく、子供のままという遺伝子認識のため、大きさは小さいままです。
パーマークのあるなしでは判別できません。塩類細胞の多さで判別しますが、
私は実態顕微鏡で調べて降海型・陸封型を判別します。
パーマークがあり35pを超えた大型アマゴ発見!と言われてたものの塩類細胞を見ると降海型だったりしたこともありました。
海の定置網で取れる水産試験場の結果でパーマークのある幼魚も獲れていました。

=サツキマス発見者の俵先生による提供。三河湾で獲れたパーマークありの個体でした。

スモルト化のものとヤマメでは、釣って持ち帰ると長く鮮度がもつ差を実感できると思いますが、
このようなDNAの認識といいますか、大きさ設定というのは難しいですよね。
本来は研究すべきものですが、魚病や環境変化や魚道などの他の問題も山積で水産試験場や漁協もてんてこまい。

サツキマスとサクラマスの大きさの違いは種としての要因と大人になった際の環境・栄養で決まります。

イワナも海に降るアメマスについては80クラスが釣れておるのは原稿でもご指摘いただいたとおりで、
さらにカムチャツカやロシアでは「メータークラスもいる」という話もあります。
すると、そもそも「アメマス(降海するイワナ)はここまで大きくなる」という話と、
「陸封されて暮らすイワナ(もしくはその例外事例としての湖沼イワナ)がどこまで大きくなれるか」の関係については、
上記のサクラマスとヤマメの関係に相当する、どこまでが遺伝子?の問題なのか、
という部分で、お恥ずかしながら少々混乱しております。

基本的にイワナの湖沼型とヤマメの湖沼型は同じ理屈です。それ以外の要因で栄養的なものです。
遺伝子と栄養の範囲など交わり成長しますから線引きは不可能です。
あと疾病による致死率も大型化する可能性に大きく関与し、水質の良好さが必須という難度の高さがあります。
この説明で理解できますでしょうか。

私がイワナのスモルト化を言及したのはずいぶん昔のことでした。

降湖型のイワナは生態も変わり、水槽をご覧いただければ回遊の癖が残っているのか泳ぎまくります。
私が数年前から注目しているのは体色です。
なぜスモルト化しないのか?実はスモルト化してるけど認識できるほど大きくないのか?疑問は長く持っていました。
きっかけはイワナの降湖型で明らかに色が薄くゴールドが混じってるものを2匹釣ったことです。
一匹は郡上の長良川水系吉田川。

二匹目の画像↓水槽の上側に入ってるのは秩父の上流で釣ったイワナですが、
下流に小規模のダムがあり、湖沼からの遡上狙いでした。
釣具屋の「堀口釣具店」の店主に釣った後見せたら「色が薄いですね〜」と現認していただいた個体です。
(第三者を入れないといけませんからね。)真っ白で綺麗な遡上型の雰囲気がいっぱいでした。
釣ってから飼育して数か月後の現在、0.5%の汽水にしてあります。

白っぽいシャンパンゴールドから普通の秩父イワナ色に戻るかもしれないという想定実験ですね。
さりげない水槽写真でしたが、そういう背景があったのでした。

ここまでの結果から、イワナは子供状態の遺伝子と大人状態の遺伝子の差が外見から見抜けるかどうか、
課題かと思いますが、大人の設定になれば最大の平均体長は70-80p。

ちなみにサクラマスなどの大人のDNA設定の変化は、致死経験と青色がキッカケです。
ご存知と思いますが青色は水深5m以上の青色となります。それより浅い場所での青色では発現しません
致死経験でスモルト化は、私が実験中に水槽へ薬剤を入れ過ぎて生体たちが死にかけてスモルト化(アマゴとニジマス)、
これらの新聞発表は18年ぐらい前です。

→その後、NHKで「エサを食えれずに死にかけて降海型になる」等々工夫した番組表現にしてもらいました。
→スモルトを多くするために養殖水槽の壁に青色で囲っているのは公然の秘密かもしれません。

同じ親からスモルトと陸封型の子供が出現する謎の理由にもなってます。
最後のオマケとしては、カロリーが充分取れない環境になると長寿遺伝子のスイッチが入ります。人間も含めて。
生き物というのは上手くできていますよね。

サケ科の分類について、現在、標準的な分類では、ニジマスはサケ属(太平洋サケ属)となっておりました。
その点を含めて修正しており、このあたりについてはもう一度ご確認いただけると助かります。
また、1名、実名でご登場いただいている「俵先生」ですが、現状、「元愛知県水産試験場尾張分場の俵先生」としております。

大変な作業、すごい速さですね。感動です。
私は記憶から何も見ずに書くだけですので早いですが変な意味ですが感心しております。
サルモ属はご指摘で仰る通り修正に修正が重なっていて
ニジマス属→サルモ属→タイセイヨウ→タイヘイヨウと変わってきました。しかもここ十数年の話です。

そのように表記されて構いません。以下、分類表記の研究者側のお話を紹介します。

タイヘイヨウサケ属の遡上魚サツキマスの餌食いを画像と映像で出して18年前に証明したのは私で、
そのせいで餌食いの差の境界が崩れてしまったのです。「私のせいか!」と焦ったのを覚えています。
その後、サクラマスでも成功しています。どちらかというとサクラマスの方が餌付けが早かったです。
(京都大学、水産試験場や水族館の餌付け失敗は輸送と飼育環境のミスからきていました。)

当時は餌やルアーに食いつくのは攻撃性となってました。シロザケ・サクラはエサを食わないとされてました。
胃に消化酵素がなく栄養を吸収できないと、しかし、私の調査で消化酵素はありました吸収は胃ではなく幽門錘以降にあるものです。
私は将来も分類が変わるかもしれないという事で全サケ属の祖先サルモ属をタイセイヨウサケ属にしています。
この辺の混乱ぶりは各学者らが主張をするので、私は適当に合わせるようにしています。
優柔不断で今はいいと思います。従いまして、記事の修正されたものを再修正の要望はございません。

祖先サルモ属は、日本海の閉塞によりサクラ・サツキと分化していきまして、今使っているサルモ属とは厳密には違う存在です。混乱しますよねぇ。ほんとうに。

そして、以下に俵先生が私とやり取りした際のメールの一部、私も本荘博士と同じく「ひょうすけ」先生と呼んでいますが、
俵(たわら)です。名前を書かなかったのは癖で「住所でポン」という問題のあるサイトで
ご住所がヒットしてしまうからです。癖でしたが、お許しください。

俵先生〜私(佐久間)と最初の頃やり取りした際のメール一部抜粋です。

昭和46年内水面分場鳳来養魚場勤務となりました。その年の全国養鱒部会で岐阜水試の本荘鉄夫場長が言われた言葉が印象的でした。「ひょうすけ君、岐阜県には海が無いんだ、海があったら私の説が実証できるんだがな」。その途端私は海で獲れたアマゴのことを思いだしました。実は岐阜県の河川にはシラメという大きなマスがいてそのシラメを小さなアマゴの雄が追いかけている、シラメはアマゴが海に降ったものだろう、というのが本荘さんの説でした。私は16年前三河湾で獲れたアマゴの話をして調査の協力を約束しました。

 昭和4748年にかけて愛知県沿岸の定置網で獲れる降海アマゴの調査とアマゴの海水馴致試験、及び海域放流試験をしました。これはその報告書です。岐阜県はアマゴの背びれを切って長良川上流へ、愛知県は今セントレア空港のある常滑市の海岸に、海水馴致してタグを打ったアマゴを放流しました。その結果岐阜のアマゴは知多半島西岸で21尾、東岸で1尾、豊橋で1尾再捕されました。愛知のアマゴは放流した直後に近くの定置網で多数再捕されてしまいましたが、それを除くと2尾が翌年長良川上流で再捕されました。自然に採捕された降海アマゴ38尾中雌雄不明が4尾、雄が4尾、後の30尾は雌でした。実は海水馴致を行ったところ雄は黒化してバタバタ死んでしまい、銀毛して海水に順応したアマゴは殆ど雌だったのです。岐阜放流分は知多半島西側で10%長良川中流で25%三河湾では1パーセント以下の濃縮であることから三河湾は矢作川豊川に由来するアマゴであることがわかりました。また渥美半島関係はどうやら天竜川由来のアマゴのようでした。この調査を含めて本荘さんの説が立証され、その後このマスは「サツキマス」と命名されました。

今年定置網の漁師さんにサツキマスをお願いしたのですが、結局この1尾だけしか入手できませんでした。早速服(鱗)を脱いでもらったのですが、アマゴ特有の赤い斑点がみられません。ではサクラマス?反対側は?良く見ると側腺上にほんのわずか赤斑がありました。水試の専門家の判定は「サツキマス」。しかし私の判定は「サクラとサツキのあいの子マス」。むかしアマゴとヤマメの交雑試験をした時、このような子が出たことがあったからです。〜略

ネット上にある参考資料↓俵先生の名前はP60にあります。
サケ属魚類とは - 日本水産資源保護協会
http://www.fish-jfrca.jp/02/pdf/lake/sakura/002_sakuramasu-etc.pdf


塩類細胞の件も上手く取り入れられ、よく釣り人同士で議論になる
「これって降海型?それとも陸封型(戻り)?」などのダムに囲まれた場所でも60pのサクラマスが釣れる荒川や、
坂東堰の上流は「戻り」のみといわれる利根川のサクラマスの理屈もクリアーになります。

最終原稿は3回読み直しましたが、流れもよくて分かりやすくて満足です。
科学的なことも将来分類が変わる可能性のあるニジマスの扱いのみで
なんとか分類を解決しようとニジマスの遺伝子を調べると混血も多く(あれは本当に研究者泣かせ)、厄介ですが。
ご質問には出来る限りお答えします。ご遠慮なくです。

やり取り終了



表紙へ     大イワナを追う