釣り人に知って欲しいサケマス科学VOL.Specialその2
骨折しちゃった、どうしよう。

VOL.12〜13で書いた「渓流でやっちまったぜ」という危機を回避するお話の後日談と追加です。
最近はTV番組『九死に一生スペシャル』などで、怪我をした時の周囲の仲間には、
救急の知識や実際の行動を起こせる人が居ると心強いことがメインに出ていますが、
当然、好い具合に居るとは限らないし、そもそも救急なんざ、幾ら講習会などがあっても、
ほとんどの人が覚えてないのが宿命の、コスト対効果の著しく低いものであ〜ります。

そんな知識をスルーしている時に限って事故に遭遇するんだよねというのと示すかのごとく、
知られざる世間さまでは、飛行機事故よりもずっと高確率で異常な事故というのは起きています。
渓流釣り、アユ釣りは典型的で、川遊びの夏季には海よりも高確率だし、
今年ですら、日々全国でそういったニュースが流れていました。多くの方々は気づかないだけ。
(ニュース報道が偏ってるという理由もある)。

ゆえに、以前書いた2項の怪我の対処法には、渓流ならではのフィールドをイメージし、
渓流釣りがてら野草やキノコを採って帰る人が多いために毒系の話まで含めました。
そう、怪我だけじゃない、ヘビやムカデ、ハチだけが危険な毒じゃない、
そして、身近でも薬物は多々存在するので、それを付記のネタとして雑学を含めました。

昔流行った麻薬に匹敵した強烈なブツであったマジックマッシュルームは、
馬の糞に寄生する普通にあるキノコだったりで自生してます。珍しくもないです。
イワナ釣りに行って、牧場があったりするのに遭遇した人も居るでしょう。
牧場の下流では大型イワナが釣れてウハウハというメリットもありますが、別の視点を持つと…。

毒で苦しんでる人は、最初は錯乱し、川に飛び込んだり仲間も手が掛かるので毛布を被せること、
一般的には体温の低下を緩和すると表現されるが、本来、気持ちが落ち着くのが一番の効果です。
心臓マッサージなんかも書いてたけど、皆さんが多少記憶違いで方法が違っても好いから、
もしも心臓が動いてなかったり、呼吸を止めているなら、正確を喫するあまり手が出せなかったり、
怪我人には手を触れないことみたいな風評を受けて、怪我人を放置するより好い筈だ。

そして、読者である救急を専門とする医師から長いメールを頂いた。骨折がないぞと見事な指摘。
私自身の件は、少し検索すればプロフィールのホンの一部(←注:全部出ることはネットではない)が
ヒットするので、本来の専門は医学だったりと暴露してるから、ご存知の上でメールを下さったと思う。
一応、ご存じなかった場合をフォローするためにも、念のために私の背景から語ってみましょう。

ここしか読んでいない方は、私の個人サイトに”医者が自分を診断してはいけないネタ”とか、
家族が患者になったら別の医師に執刀させること等などと書いていたら、医師からメールが来て、
「いやいや、家族の場合はミスしても訴えられないから大歓迎です!!!」と力強く指摘されたことが
…まぁ、ネット上にも未だ残っているので、知ってる人も多いだろうから省略しますが、
そういった裏の会話も表に出すのが私の好いところであります。

以前、大事故を起こした企業等へ出向き、怪我の対処話という正統派講演みたいなものを多々した。

例えば、大型トラックで事故を起こし、片腕を失ったドライバーがちぎれた腕を持ってフラフラして
結局、警察と救急車が来る前に失血死した。高速道路のインターでの事故だったのに、
彼は、どうして死んだのか?周囲の誰もが助けなかったのか?こんなケースは五万とある。
こんな講演をこなしていたのも懐かしいが、これは病院で行った健康診断のサービス。
私だけじゃ大変で休みもないので、診療部の医師をローテーションでしてもらった(彼等はバイト料あり)。

当時は私の発案で早期発見の最先端であり、看護婦呼称の時代、ナース帽は被ってね。
生活習慣病検診は成人病検診と呼び、人間ドックには当然のことながら脳ドックなどはなく、
C型肝炎の項目もなかった頃です。肝炎にはA型からE型まであり、更に分類されるので、
治療できなかったD型肝炎とか、自然治癒する肝炎A型とか、健康診断項目に加わるのは、
何を隠そう、治療法が保険適用されてからになります。検診で見つけても治療法がないんだから
仕方がない。ついでに触れれば、検診機関や病院によって検診項目は大きく異なったりします。
社会保険の適応する政府管掌を基本にはしますが、当時さまざまな問題があり、
若き私は(今なら世間的に味方が多くOKだが)、大鉈を振るって改革したものです。
恨みを買いながら。どうしてこんなことを書いているかと言いますと、読者反響に応えるためです。

さて、搬送する救急車から医療機関にバイタルサインを電波で送って、怪我人の心臓が止まったのなら、
医師から救急車乗務員に指示するシステムを構築する、そんな時代にも私は関わっていた。
どういう電波で肉体情報を送るか、双方向は可能か、いちいち医者が指示を出すのは面倒じゃないか、
関係ないけど金ばかり掛かる光デスクカルテはどうするか、癒着先のメーカーへ説明をどうするのか、
指示をしたとしても医療作業をするには資格が要るが、よし救急救命士という資格を作ろうじゃないか、
しかし、結果はドクターヘリより効果大だった。今は非常に多くの優秀な救急救命士が誕生しているし、
幸い、救急車の割合が多いトヨタだったからまだしも、都道府県に差がある日産や三菱なら
マスコミに叩かれてた筈…エトセトラ。このシステムは最初、名古屋大学医学部からスタートした。
まぁ、私の正体はプロフィールだけでは分からないように書いているけど、
持つ学位は1つだけとは限らないし、読者の中には元同僚はじめ友人まで居るので大変だ。

さて、今回、医師からの指摘の中で「骨折のことが書かれてない」とあったわけだけど、
うむ、それはヤバイ。丁度、執筆してた頃、骨折した相互リンク先での釣り人が居たためか、
(これまた語句検索でヒットすればいいけど、可愛いナースが居たネタなどで残ってると思う)
骨折についてを抜かしたのはダメだった、今は、それを書いておけば良かったと思った。
しかし、指摘を受けた以上、早速、優先的に対処法を紹介してみたい。

骨折の対処は、例えば右手首の単純骨折だとしましょう。ぐにゃっと曲がっています。
まずは固定することが大切なので仲間に平たい板を2枚探してもらって、清潔な包帯、
それがなければハンカチ、それもなければ釣り糸でグルグルに巻きます。
グラグラしないように注意してください。そして、首から骨折側の腕を提げれるように、
コンビニなどのビニールで形作ってください。即、救急車を呼んで、到着するまでは、
あちこちと移動しないこと、冷やすためにペットボトルのジュース等を出来るだけ患部に宛がい、
荷物を運ぶのは後回しで、はやく医療機関で対処できるようにスタンバイしてください。
仲間の一人が谷底から上に這い上がっておいて、救急車とのすれ違いを防止すること。
場所の特定が難しい渓流ですから、救急車への合図役、患者の苦痛を和らげ要望を聞く役、
手分けして役割分担でこなします。重要で深刻なのが骨折ですから、充分協力し合うのが大切です。
なるべく早く医師にかかってくださいね。健康保険証はなくても大丈夫ですよ。
まずは窓口で実費で払っておき、後にファックスでもして差額を戻してもらうのが可能ですからね。

っと、この内容は教科書ですし、サケマス科学の趣旨では間違ってる対処アドバイスです。
救急業界や医療機関の中では無難な短文表現ですが、これは役に立たない正解解説です。
専門単語の解説が足りないのであれば幾らでも追加出来ますが、何がダメなのか分かりますか?
平たい板、仲間、救急車…まぁ、山ほどヒントを書いていますので、この後を読んでその工夫をドゾ。

そもそも、このわたくし、プロフィールには隠されてる”助ける側”に居たわけだけど
2年前に岩場の上で転び、頭を痛打させてしまったことがある。
それだけじゃなく、昨年には崖から自由落下をしてしまった。
どんな人だろうが起きる場合は起きるのだ。そして、意外とヘナチョコになってしまう。

5mほどの高さで、体がしばらく動かず、周りには渓流のお約束で当然、人は居ない孤独だ。
携帯電話を取り出したってつながるわけもなく、自分で右足OK?、左足OK、腰に痛みあり、
頭がガンガンするが出血は少ない、腕は自由に動かせにくい・・・と自己診断、
直接関係ないが、シマミミズの黄色い体液の刺激駅のせいで指先はジンジンして痛むし、
針刺して痛むのか区別が付かない自覚症状の弱りよう。破傷風なんか心配してるどころじゃない。
渓流で長い時間を過ごすと、体が弱るのが加わって加速し、まぁ、よく助かったものです。

渓流に通って17−18年、病院勤務時代に雪積もる滝つぼに1回だけ落下したことがあるけど
高さが2mぐらいで水深が1.5mぐらい、バカ長に水は入ってくるし、非常に重くなるのが難関で、
マジ目に川から容易に上がれなかった。
砂浜で寝転び、友達に砂をかけてもらう遊びをした事があるなら、思い出して欲しい。
体がうんともすんとも動かせない。それが川の中で近い状態で起きるのだから堪らないわけ。

長い経験の中で、私の事故はたった3回ですが、幸い、死ぬことがなかったのは幸運でした。
その経験から骨折に遭遇した状況を言えば、絶対に崖を登ろうとするな、が言えます。

骨折には複雑骨折と単純骨折があり、一般的には骨折箇所が複数あると複雑骨折、
1箇所ぐらいだと単純骨折だ、みたいに覚えられぎみではあるけど、本当の意味は違う。
皮膚まで突き破っているかどうかのことで、骨が出てれば複雑、内部だけなら単純骨折だ。

出血が激しければ血圧低下、アドレナリンが必要かどうか、また、糖尿病かの既往歴をチェック、
インシュリンとの相性を個人に合わせて考慮したり、通常なら多岐にわたる情報を正確にして、
それからレントゲン、超音波診断装置、まぁ、分けわからなくなるので、医療を施す側は大変だ。
複雑骨折という名称を簡単に説明すれば、救急隊などから受け継ぐ看護士や医師に
「骨が皮膚を突き破って血が出まくってるので輸血の用意もスタンバイ・ヨロシク」的をイメージして欲しい。
気の弱い患者なら、その会話を聞いて「え〜血がドロドロだって〜」というショックの気持ちが出て、
「あふぅ〜〜」などと天に召されても困るわけだ。気持ちを刺激させないことにある。毛布の時と一緒。

一方、先に例で出した右腕・手首の単純骨折では、骨が折れてるのか、ヒビだけか、打撲なのか、
はたまた妙な捻挫か、正直、外から診てグニャっとなっていなければ、誰にも即診断は無理です。
痛みが鋭く走りまくっている初期であり、まだ腫れてきてもいない、さぁどうする?レントゲンもない。

渓流でクマ注意の鈴をつけるような孤独な状態で骨折すると、多くの場合、外部との連絡は取れない。
ありがたい救急車は呼べないというか、呼べる場所ならこんな話をする必要がないので、
今あるもので対処することとなる。出血してようが、力が入らないだろうが、生きるには血を止め、
楽に助けが呼べる場所への移動は可能かの環境観察は必須です。

その為、現場の状況によってアドバイスも変わってきます。
一つ言えるのは、一般の人ですと、完全に動けないならまだしも、知識がないために無理して登る。
そして落下して死亡している。相当な人数が経験しているので”力が抜ける怪我”は要注意なのだ。

崖を降りるより登るのが得意な人、ヘタな人、それは第三者には区別が付かないので、
力が充分に発揮できない骨折や打撲、捻挫の場合は、崖の高さで避けるべき場合が多々あります。
こうやって公に書くとしたら正確さを追求しなければならないが、崖パターンは微妙であり、
道があるのか、笹などの背丈の高い植物に川辺が覆われ、平坦でも移動しにくいのか、
せっかく指摘くださった救急専門の医師の方、骨折についてメールに書いてくれてれば、
コピーペーストで楽なのになぁとフト思いつつ、登らずに落ち着くことをまずは第一の注意点にしたい。

骨折原因では、川辺を歩いていて石の隙間に足を入れ、そのまま惰性で足首ポキというもの。
テコの原理で非常に簡単に折れてしまう。転んだ時に手のつき方が悪く、指をポキっというのも多い。
往々にして、釣り竿を長く出したまま移動したり、私のようにブクブク付きのクーラー持参で歩く、
アユ釣りも似てるが、とにもかくにも片手フリーですらない釣り人は簡単にコケてしまう。

私の経験でもうひとつ。行きも帰りも簡単に出来る場所で、ロープで谷へ降りていく絶好ポイント。
サツキマスを釣り、生かして帰る際に水の入ったクーラーがやたら重くなり、バランスが取れず、
体と崖の間にボックスが入り込み、気づいた時にはどうしようもなく、荷物ごと自由落下。
位置が低かったので良かったけど、もう少し登ってからなら死んでいた級でした。
また、左側に10mぐらい下の谷底となっている崖を下る際に、草で覆われた浮石を踏み、
落ちる寸前、偶然に草を掴んでバランスが取れた時があった。冷や汗もので、浮石をどけておいた。
その場所は後年になり出入り禁止になったので、事故が発生したのだろう。
浮石は山から落ちてくるので、気づいた人が取り除かないと、次の人が危ない。
これは渓流師独特の助け合いでしょうね。

今回も、テンカラやフライ、広大な川原で自家用車を横付けできるような場所で行うアユ釣り師、
遡上マス狙い、ルアーなど、場所によって怪我しても大丈夫だろというケースは想定してないです。
携帯電話が繋がる場所は渓流の谷では滅多にないけど、つながる河川で釣っている方は、
(脳溢血や心臓疾患からきた)呼吸停止と心臓麻痺で、救急車が来るまでの”つなぎ”である
心臓マッサージと人工呼吸、気管確保を覚えるだけで充分。それが前のVOL12と13内です。

そして、詳しいことを記憶する必要性は、防災を意識してても、してなくても不要。
内科医ですら帯状疱疹と蜂窩織炎を間違えるんだから、一般的に詳しくなろうとしても限界がある。
兎にも角にも重要なのは、怪我後に追加して起きる崖落下だということ。死亡率がすこぶる高い事。
孤独な状態で、骨折・捻挫・打撲のような”力の抜ける怪我”をした場合で、
その状態で車まで戻ろうかなと自分を過信して崖から落下して水に流されたりしてしまう。
今までは簡単にすり抜けれたのに、簡単に登れる場所だったのに、という常連の考えからも
以前と同じように体力が備わってるという自分を知らず過信してしまうのが一番大きいのだ。

帯状疱疹(たいじょうほうしん)と蜂窩織炎(ほうかしきえん)は語句検索して調べて欲しい。
長竿を持った釣り人が時々筋肉痛を起こし、それがソックリな症状とだけ(意味深)。説明が長くなる。

そうそう、医療は早い処置に比例して治癒も早くなるとか聞くよね、この場合は忘れる事。
早期発見・早期治療、私も口をすっぱくして大学で教えたものだが、特にコレは悪性腫瘍の発見、
人間ドックを推進する場合のお約束台詞であり、大腸がんが95%治療成功の頃から特に流行った。
早く治療してもらおうとして、または診療所や病院の受付時間が終わってしまう、
(救急病院が多くある都会ばかりではない)
こんな気持ちで早く崖を上ろうとして落下する。落下、らっかと煩いけど、それが最重要なのです。

怪我人「早く戻りたいのは、谷川では夜になり暗くなると寂しく怖いからです!!!」
まぁ、その理由を訴えた人だけは許そう(嘘)。

そういえば、海では怖くないよね。これは淡水特有なのです。つまりだ、幽霊に注意だ。
郡上八幡の飛び込み場で何人死んでいるか知らないはずはなかろう…近所に市民病院があるのに
↑よく釣ってる人が居ます。私もよくココでやってました。初めて長良川支流吉田川にきた釣り人は、
深さもあって大淵、サツキマスが泳いでいるのも確認できるし、つまり、100%糸垂れる場所。実は……心霊ポイント

オホン。話を真面目モードに戻そう。

骨折(単純骨折の場合は曲がってなくても腫れる)は一晩ぐらい、我慢して川岸で過ごしてみよう。
助けが来なかったら死ぬけど、その場合の対処は家に帰らなかったら探すように言付しておくこと、
釣具店に閉店前に挨拶に来なかったら自宅に連絡して貰い、入川口傍らのマイカーを探してもらうこと、
釣りチームに所属して、川上がりが遅かったら探しに来てもらうというルールを作っておくこと。

とにかく手足を怪我をしたり、毒物を摂取・噛まれたら、無理して崖を上ろうとして落下する、
これを一番警戒すること、究極の対処アドバイスです。仲間が居て一緒に釣りするなら無用だけど、
否、仲間が居たって落下しちゃう人も多いし、その場合は仲間を信頼しすぎ、ガクブルで役立たずアリ。
熱中症でぶっ倒れたり、アルコール飲んで釣りしてて倒れたり、まぁ、みなさん色々やりますが、
多くはスポーツをしたりして体力に自信のある人、見事に”釣り場でぶっ倒れ”率の多くを占めてるので
サバイバル・キットを用意しましょう。この作業をすることにより、知識が自然にたまる場合があります。



表紙