この記事のみ作者連載中の(株)スプリーモ内「サケマス科学」の公開版です。
当サイトでは、初心者向け、中級者向けの解説を公開していますが、
漁師&プロ釣り師&専門家向けに超上級者用の解説のみ
(株)スプリーモさん上で連載しています。↑偉そうでスミマセン!!!

スプリーモさんはサイト表紙のバナーから飛べますが、広告と勘違いされたり、
解説があるように思っていなかった方も多いとの読者投稿により、
釣り雑誌でも紹介されていない最先端科学や発見者さんとの交流など、
オンリーワン系を目指して執筆している例として、紹介するものです。

記事は完成型ではなく、校正前の雛形です。
打ち合わせの文章もあったりして、別件でも楽しめるかもしれませんよ。
変なこと書いてないかな(汗



VOL14-VOL15の間のスペシャル記事 Discovery Of Satukimasu

釣り人に知って欲しいサケマス科学VOL.Special
サツキマス発見者、以前の手記

全ての科学というのは偉大な先人が何かを発見し、それを追従していきます。
そして魚類であれば、生態学などで疑問が出現してこそ、新しい理屈が考えられます。

最新の科学を紹介する当コラムでは、私が自分で新聞発表や雑誌執筆したものから、
更に発展していますので、自分の書いた90年代の記事を見直しますと、
現在とは違うことを書いていたりします。

しかし、それは当然であって、研究生活16年となりますと、95年に成功したマヒ治療(医学用)、
脳梗塞治療に繋がる成功が、2008年には北海道大学医学部において付属病院にて臨床が進み、
NHKにて最新医学の特集が組まれるなど、私のしょぼかった初期の研究が、
名古屋大医学部付属病院元院長から広がって、大きな実を結んで至ったりします。

基礎研究ゆえ啓発や他の研究者へ使って欲しいと新聞に出した程度で特許等も取らず、
私自身には大きなメリットにはなりませんでしたが、本来なら巨額なお金が手に入ったことでしょう。
目立った話は京都大学から講師の誘いが有って断った事実がある程度でしょうか。

しかしながら、交通事故を始め脳神経関係の患者さんにとっては、長い間、麻痺が治らず、
苦しいリハビリをしていたにもかかわらず、1日2日で回復するのだから素晴らしい効果で、
世界的にもノーベル賞クラスじゃないかと自分で誉めていたりしました。

私の成功したソレはサツキマスの冷水病なども治してしまう事から、まだ別の効果も潜んでいるはずで、
副作用などは関係ないけど(自らの脊髄幹細胞を増殖して再注入するだけ)、
他の問題が発生すると困る、それゆえ、現在も臨床試験などが進められているはずです。

サツキマスでは、治療によって冷水病などの免疫機能みたいなものが回復するのですが、
この件は応用研究している医学部、北海道大学や名古屋大学の医学者らは未だ知らないはずです

ゆえに、基礎研究をした研究者(これですと私)に学ぶべきものが多いのは明らか。

そこで、サツキ・サクラマス、イワナ、ニジマスなどを狙う”もう知ってるよ”というプロを自認する人にも、
ちゃんと基礎の勉強をしていただこうと、初心に立ち返る為にも、偉大な先輩研究者の手記を紹介したい。

●この手記は私と(知り合う前ですから)知識の擦り合わせをする以前に書かれたものです。


(開始)

自己紹介(HN:XXXXXX)

<例>
サツキマスの発見は感動しましたね。私だけが知ってるとドキドキでした。
地球温暖化の問題は所詮人間が起こして、その尻拭いを子供に押し付ける。
なんだかなと思いながら、過酷だった人生の軌跡を振り返る毎日です。
知恵をつけた人類、その知恵はお金儲けに使うばかりではいけないはずだ。
人とは何か、人類に大切なのは何かを問いたいと思う。

顔写真:顔出し不可の場合、無しで結構です。

鮭鱒、北海道など寒い地方で獲れますよね。でも温暖な伊勢湾にも鱒がいるのです。その前に尊い魚がマス、圭の魚がサケ。圭ってなんでしょう。実は角張った宝石のことなんです。中国の天子が諸侯に授けた角ばった玉のこと、つまりサケも大変価値のある大事な魚ということでしょう。私が伊勢三河湾で始めて鱒を見たのは昭和30年12月のこと、もう50年も前のことです。後年岐阜県水産試験場長本荘鉄夫博士が命名された「サツキマス」でした。

昭和30年12月のある日、知多半島東岸の河和の定置網にこんな魚が入ったと漁師さんが1尾の魚を持ってきました。当時愛知水試尾張分場には海の研究ではそうそうたる人たちがいましたが、淡水魚のことは皆わかりませんでした。たまたま私は学生時代に日光養鱒場へ実習生として行っていましたので、それが「アマゴ」であることがわかりました。姫マスが海に降って紅マスに、ヤマメが降ってサクラマスに、虹マスが海に入ってスチールヘッドになることは知っていましたが、アマゴが海に降るということは当時未だ誰もしらなかったのです。驚きとともに、学生だった私が、試験場の専門家たちに「アマゴ」について薀蓄をひけらかしたのはちょっぴり快感でした。(半分はでたらめ)ホッサマグナ、静岡ー糸魚川線以西の太平洋側はアマゴ生息域です。赤い地域です。それ以外の青い地域はヤマメ域です。伊勢三河湾は当然アマゴ域、この地域は温暖だからアマゴは海に降らないと言われていました。海にアマゴがいたことで私は興奮しました。大発見、俺だけが知っているんだ。しかし卒論の「ノリの成長」の調査に追いまくられて何時しか忘れてしまいました。

アマゴです。赤い斑点があります。赤い斑点のないのがヤマメです。

画像

昭和46年内水面分場鳳来養魚場勤務となりました。その年の全国養鱒部会で岐阜水試の本荘鉄夫場長が言われた言葉が印象的でした。「ひょうすけ君、岐阜県には海が無いんだ、海があったら私の説が実証できるんだがな」。その途端私は海で獲れたアマゴのことを思いだしました。実は岐阜県の河川にはシラメという大きなマスがいてそのシラメを小さなアマゴの雄が追いかけている、シラメはアマゴが海に降ったものだろう、というのが本荘さんの説でした。私は16年前三河湾で獲れたアマゴの話をして調査の協力を約束しました。

昭和47〜48年にかけて愛知県沿岸の定置網で獲れる降海アマゴの調査とアマゴの海水馴致試験、及び海域放流試験をしました。これはその報告書です。

画像

岐阜県はアマゴの背びれを切って長良川上流へ、愛知県は今セントレア空港のある常滑市の海岸に、海水馴致してタグを打ったアマゴを放流しました。その結果岐阜のアマゴは知多半島西岸で21尾、東岸で1尾、豊橋で1尾再捕されました。愛知のアマゴは放流した直後に近くの定置網で多数再捕されてしまいましたが、それを除くと2尾が翌年長良川上流で再捕されました。

画像

自然に採捕された降海アマゴ38尾中雌雄不明が4尾、雄が4尾、後の30尾は雌でした。実は海水馴致を行ったところ雄は黒化してバタバタ死んでしまい、銀毛して海水に順応したアマゴは殆ど雌だったのです。

画像

上表のアマゴ採捕地点(X)です。岐阜放流分は知多半島西側で10%長良川中流で25%三河湾では1パーセント以下の濃縮であることから三河湾は矢作川豊川に由来するアマゴであることがわかりました。また渥美半島関係はどうやら天竜川由来のアマゴのようでした。

画像

この調査を含めて本荘さんの説が立証され、その後このマスは「サツキマス」と命名されました。
今年定置網の漁師さんにサツキマスをお願いしたのですが、結局この1尾だけしか入手できませんでした。早速服(鱗)を脱いでもらったのですが、

画像

アマゴ特有の赤い斑点がみられません。ではサクラマス?

画像

反対側は?良く見ると側腺上にほんのわずか赤斑がありました。水試の専門家の判定は「サツキマス」。しかし私の判定は「サクラとサツキのあいの子マス」。むかしアマゴとヤマメの交雑試験をした時、このような子が出たことがあったからです。

画像

豊川です。今このあたりをサツキマスが未来の夫を求めて上っていることでしょう。

画像=サツキマス、一路夫の待つ 故郷へ

ヤマメやアマゴ、イワナなどを陸封魚と言います。本来海の魚が地球温暖化で山奥に閉じ込められた魚ということです。しかしこれはちがうのではないか、これらの魚は川がなければ絶滅してしまいます。ヤマメ、アマゴが本来の姿で、海は出稼ぎの場なんですね。この逆がウナギです。ウナギは海がなければ種が絶えてしまいます。そして海に降るマスは殆ど雌、川に上るウナギも殆ど雌(?)。女は強いんだよね。

↑終わり


以前、連載中に触れた偉大な先輩、その方の手記でした。ありがとうございました。

<作者より連載読者さんへ>

最先端の科学は細分化され、ここまでの記事でこんな風に紹介していましたが↓

生物学にはどんなカテゴリーがあるかと見渡しますと、地球に生命が出現してから現在のように
雑多でバラエティに富んだ多数の種が存在までの関連を研究する「進化生物学」、狭い範囲は恐竜学など、
その生物たちがどういった親戚状態や繋がりを持つかの「系統分類学」という2大ジャンルがあります。

発生や遺伝から免疫などまで生体の仕組みを調べ、医学等にも利用できるなど「分子生物学」は、
各種ジャンルへ応用するのが普通の研究スタンスで、非常に注目度が高く有用な結果が多く出ています。

一方、特定の環境の中で共存しているのかを研究する「生態学」は多くのTV番組が取り上げやすいし、
絶滅の危機にある動植物の保護方法を研究する「保全生物学」はクジラの保護などでも誤解があったり、
そして、動物の行動やその理由を調べる「動物行動学」は新しい分野として成長を始めています。

その行動学というのは実際にフィールドに出て、動物の行動を観察し、その仕組みを調べる、
実は素人にとって、最もとっつきやすい学術分野ですし、研究者もまだまだ少ないだけに、
知られていない未解明部分が多く、これからが期待されています。

これの通り、私はサツキマスで大阪府・岐阜県・長野県水産試験場、
サクラマスでは関東から、果ては北海道のサケ博物館などへ赴いて研究資料を発掘、
その上で自分の研究をしていましたが、おかげさまで新しい理論から、医学への成果まで、
信じられないほど好い感じの歩みをさせていただいたと、先人・各関係者さんへ感謝しています。

現在は資金枯渇の為、研究は中断となってますが、脊髄幹細胞の効果では、まだ秘密が眠ってます。
それは人類の夢であるガンの克服に繋がるのか、不老不死(ギャグで使用)も可能にするのか、
私が冷水病を不投薬で完全治療できた画像は、2008年3月発売の海悠出版「アユ釣り秘伝08」にて、
群馬県水産試験場の説明をサブとして私が最先端治療解説のメインを張ったので、
如何に大きい可能性を持つかが分かっていただけるかと思います。

⇒すさまじい反響がありました。でも、部外者の私が成功したのは、これも95年。みんな遅れてるぞ!!!

今回は、自分の売込みみたいな表現がありますが、すでに連載もVOL.14なので、
そんな低レベルの話ではなく、夢のある話がしたかっただけです。私も何時死ぬか分かりませんし。
釣り人でも、セミプロを自認したり、何らかの活動をしようとする場合、ちゃんとした先人の残した研究、
それを学んで、正確な知識をもった上で物事を判断して頂きたいです。

学者系の解説は難しいからと敬遠して、間違った判断で後輩を指導したり…を散見できます。
TV番組しかり雑誌記事にしてしまうプロ釣り人なら尚のこと、有名人の語った話を鵜呑みにしないよう、
当連載を熟知して、頑張ってくださるよう、お祈りしています!!!

(・・・と威張ってみた。たまにはOK?)

ではまた次回。



研究発表のストレートな一例を紹介したいと思います。
データはサツキマス発見者T先生の紹介で、一色町さかな村の現・村長の堀先生
(元水産試験場サクラマス研究者)の過去された魚類研究です。
情報元(ご本人・堀先生)⇒私⇒編集部⇒読者の皆様への情報伝達例です。ダイナミックです。

時期    1985年ー1995年
放流場所  中国遼寧省丹東市東溝県にある太洋河に放流
放流魚   サクラマス、外
発眼卵   根室より運ぶ 
放流時期 1986年5月
捕獲    1988年4−8月
写真参照

地図ーー東海黄海の底には低水温の水塊があり、遼東半島から放流した稚魚は
高水温時はこの低水温帯で越夏すると推定した。

魚体ーー体長50cm  体重2.55kg
うろこの判定ーー静岡にある遠洋水産研究所北洋資源部サケ。マス生態研究室に判定を依頼した。

堀先生は、このプロジェクトに10年関わり、毎年8ケ月は中国で中国人と共同生活されながら、
日本から運んだ発眼卵の孵化、飼育、放流をされました。試験は8回(つまり8年の長期出張)。
結果としては、試験は成功したものの、事業としては失敗だったそうです。

中国ではアムール河以外では鮭は全く遡上しませんから、
間違いなく堀先生研究チームが放流したサクラマスと断定でき、
有史以来の出来事と言うことで、当時の新聞にて大きく報道されました。

上級者と自負されてた貴方、知らないことがいっぱいでしょ?

研究サンプルってさ、例えば水産界でサケ研究で何匹使うと思う?
数匹〜10数匹、または数ペアーでやってるんです。大学とかの論文を見れば分かります。

例=産卵時に”心臓が止まる”シロザケの論文データは14匹で行った(北大+標津サーモン科学館)。

私が数百匹で行ってるのは出身業界が違う(医学)だからで、
水産の学術論文を紐解いていると「それがサンプル数ですか!!!」と知って驚き、
データ自体が第三者が確認して、正しいかどうか、大丈夫なのか心配なレベルでした。
たとえ北海道大や科学館などの論文でも同じで、サケは「こうである」と断定され情報が流れていく。

私は既に数百匹のサツキマス、そういえば古代魚シーラカンスでは約200匹が解剖されてますが、
それは世界的に注目されたからで、他魚なら数例解剖で終わってたでしょう。
つまり”古代魚”称号の生存個体数が少ないと思われてる魚でも、必要なら何百匹と実験します。
カブトガニのように人間に役立つ薬剤の抽出が出来るかもしれませんからね。目的によりますが。

この水産X医学のような業界間の実験レベルのギャップは、悪いことばかりじゃありません。
新しい発見が出来る余地が多くあると思いますので、私にとっても楽園のような宝探しです!!!



表紙