再発を繰り返す、手遅れ気味どうしても治療したい、等の深刻なアクアリストへ捧ぐ

魚病の対処法(飼育している魚の病気の治療方法)

<馴れた魚は可愛い>

魚類の中には特に頭がいい魚が存在します。イシダイのように芸を仕込めるタイプは有名ですが、数ある雑多な魚、食用魚の中にも人馴れしているニュースがあったりします。マダイやハマチ、アンコウ。刺身にならずにペットになってしまったかのような報道もありました。金魚では話す(咽頭歯を使って音を出す)ものが出てきたり、どうやら感情すら持ち合わせているのでは?と思わずにいられません。実は私も医学研究で魚を使用したり、魚病研究で実験したり、自宅での熱帯魚飼育など数多くの魚を観てきました。最近ではイワナ(名前:王様)、複数の疾病を抱え5か月の闘病生活で亡くなってしまいましたが、泳ぐ哲学者…と思えるほど賢かったです。過去を振り返ると18歳のアジアアロワナ、渓流初心者の頃に釣った30pのアマゴ、たった数匹ですが稀有な存在として賢かったと思い出します。その賢さぶりを例え自分の大学講座にて熱く語れば、自分の立場を危うくするほど。特に王様(イワナ)は魚界のアインシュタインかホーキング博士かと思ったのは秘密です。みなさんのペットである魚たちも、飼い主をエサをくれるマシーンと見ているのではなく個人を区別してそうだとか、変わったしぐさをするとか、感情があるのではと思うほど可愛いはず。そんな魚が病気にかかったら焦りますよね。今にも死にそうになっているなら何としてでも助けたい。たとえ安いお魚であっても、金魚すくいの小赤であっても、お金を使ってでも救いたいはずです。飼い主バカとはいえません。

<作者の魚病治療実績>

生物に対して死および病気にさせる原因には、原生動物や寄生虫・真菌、細菌各種、ウイルス各種、化学物質(薬害・汚濁ヘドロ等による)があります。病気を治療しようとするときは正確な診断、原因の分析・特定が必要で、そこを怠ると悪い方向へ進んでしまい、より治癒させることが困難となります。しかし、会話が出来ない飼育動物の症状は、行動の変化や外見の異常などの様態でしかなく、観察によってのみ診断するしかなく、治療方針を立てることは飼育者のスキルの差が大きく、平均して「こうだ」といえない大変難しいことです。養殖場での魚の場合、数匹が死んだ後で解剖や患部からの資料を得て細菌類分離・同定ができ、生存魚への疾病対処が可能ですが、ことペットとして飼育されている魚では「その魚を助ける」ことで死んだり悪化したりする前に治療しなければならないため真剣度がアップします。ここでは熱帯魚、金魚・コイ、日本産淡水魚、冷水魚、海水魚をメインに、可愛いペット魚をどうしても救いたい、しかし天を仰ぐしかない…という飼育者に役立つであろう専門的基本を述べたいと思います。

→治療→ 黒っぽい
皮下組織が
出来つつ
完治!!! 黒点が多くなってるのにも注目です。
(作者自宅・2007年、治療魚)

通常、ここまでの大きな穴が開きますと、
浸透圧調整が出来ずに、病魚は凡そ斃死します。

▲このように的確な治療(冷水病)をすれば多くの疾病を完治させることが出来る。

=酷い状態だったが…

=完治(リンク先参照)

▲アジアアロワナ転覆病。(ひょう)=浮袋の手術で治療(1996年の研究時
エロモナス系疾病、ミズカビ、スレ傷などの同時進行も苦労した記憶がある。

=尾ぐされ症状もあるが最大の原因特定に注視。

▲海からの産卵で遡上してきたサツキマス(アマゴの降海型)の転覆病
せっそう病(エロモナス系感染症)や尾ぐされ病、ミズカビ病、細菌性鰓病などが複合しているのが普通である。

<主だった魚病の分類>

まず魚病は、我が国日本において、水産系とペット界隈系で同じ病原菌でも呼び方が違う点に気をつけたい。金魚で有名なマツカサ病や転覆病、ポップアイ…などは単独の病気ではなく、様々な疾病の結果、同じような末期症状となる。一方、尾ぐされ病、穴あきなどは原因菌が同じなのに場所によって呼び方が変わることがある。鰓病とか。従って、AだからBと「こうだ」と決めつけることは危険であり、治療が後戻りできないほど多くの失敗談が散見できる。以下は主な魚病を取り上げた。時間をかけて語句検索で詳細に調べ、魚の様態と比較し、病気の特定に役立ててください。尚、簡単に教えてもらおうというよりご本人さんが知恵や知識を得るのが長い目で見ればいい。本当の意味での「急がば回れ」です。

 セッソウ病(細菌性疾病) エロモナス感染症。体表隆部・出血・潰瘍。肛門付近からの出血。サルファ剤で完治。  
 カラムナリス病(細菌性疾病) ヒレ腐れ、鰓腐れなど。PH6.5以下だと増殖なし。メチレンブルーで容易に完治可。  
 細菌性鰓病 Fravobacterium branchiophilum 摂餌低下、鰓から粘液が多量、鰓蓋が開き膨らむ。  
 細菌性腎臓病 腎臓腫大、貧血、眼球突出や腹部膨張(腹水っぽく)。オキソリン酸の使用量は注意。  
 ビブリオ病(グラム陰性短桿菌) 遊泳不活発、体表黒化、眼球突出、鰭基部発赤、脾臓腫大、肝臓出血。  
 レンサ球菌症 腹部膨張、鰭基部発赤、肛門の拡張、出血、眼球突出など。水産用OTCが効果あり。  
 卵膜軟化症、口赤病、結核症、潰瘍病 特に金魚での潰瘍病にはボックス病がある。毛細血管が走っているが切除は容易。  
 細菌性冷水病 あっという間に養殖池が全滅する。特にアユへ猛威。放流前に塩水浴の対策。  
 ・    
 IPN (伝染性膵臓壊死症) 低温10℃未満では病状が進行しない。白いフン・腹水・眼球突出など  
 IHN (伝染性造血器壊死症) ビブリオ症と表面上の区別がつかないが、成魚は大丈夫、幼魚稚魚が主。  
 VHS (ウイルス性出血性敗血症) 魚にはリンパ節がない。好中球(白血球の一種)を葛根湯などで活性向上させる。  
 ヘルペスウイルス病 (OMVD) 金魚・コイ・サケマスではヘルペス型が違う。人間でいうと帯状疱疹などが亜種。  
 VEN (ウイルス性赤血球壊死症) 酸欠に陥って綺麗な状態なのに突然死んだ形となる。  
 EIBIS (赤血球封入体症候群) 赤血球内に封入体ができ、貧血、鰓や腎臓が白色化。胃の膨張も特徴。  
 転覆病 弱った時、過食での転覆は別物。ウイルス(微小同定できない)で元気なまま転覆。  
 ・    
 ミズカビ病(真菌症) 体表に綿のようなふわふわしたものが付く。大量になり鰓へ行くと窒息死。  
 ・  
 ・    
 原虫性鰓病 別名イクチオフォヌス症、コスティア症。鞭毛虫イクチオボドがエラに寄生。  
 白点病 イクチオフィチリウスが寄生。27℃以上では繁殖力がない。基本中の基本。  
 ヘキサミタ症、微胞子虫症、条虫寄生症 複数存在。腸管等に寄生。痩せていき腸など機能障害を起こす。断食と薬浴。  
 旋回病 平衡感覚の消失による。同じように旋回するのは目が悪くなった場合もある。  
 デルモシスチヂウム病 鱗の小さい(またはない)魚類に寄生。各ひれや真皮に炎症を起こす。  
 チョウ(ウオジラミ)、イカリムシ 寄生されたらピンセットで剥がす。デミリンが有効。感染症に警戒必須。  
 ・    
 栄養性鰓病、栄養性脊椎湾曲症 コアラのように単食で育てるとなりやすいが、もっぱら神経薬害が原因。  
 胃鼓張症 異様に肥大化した腹部が特徴。まつかさ、腹水に準じた治療を行う。  
 ガス病(理化学的要因による疾病) 水中ガスが過剰でヒレ皮下に泡がついたり眼球突出。徐々にガス抜きする。  
 酸素欠乏症(理化学的要因による疾病) メチレンブルーなど酸素を消費する薬剤で治療中に起きる。よく死なせる人はこれ。  
 ・    
 ・  
 ・    

上記をご覧のように、ネットでよく見かける魚病名は殆ど見かけませんよね。魚病名というより症状名だからでしょう。お魚には浮腫や水腫、様々な病気があります。私が過去、魚病の診断に使ったのは患部を採取し潰し、シャーレにて培養、細菌類ならグラム染色で陽性か陰性を見極め、球菌か桿菌か、ウイルスならそれなり、この特定作業で抗生物質の何に感受性が高いかを絞り込めるので正確な治療を施せました。かつて新治療法を編み出したのも同じような展開、病理の基本です。ワクチン化するか試すために病死魚の身肉をエサに混ぜて与え、感染しにくくなるかどうかの判断も必要でした。このようなことはネットには書かれてないし、否、書いてあったとしても殆どの人が読まない論文だし、如何に普通に読んでもらえるかの苦労を工夫したものでした。ちなみに私の専門は”人間”の方なのでよろしくお願いいたします。

=魚類は重症化へのスピードが速いので即判断の知識が必須だ。

<魚の様子がおかしい>

まず最初に飼育者が気づくのは、エサ食いが悪い(内臓)、エサを食って吐き出す(鰓病、内臓)、底や壁や石に体をこすりつける(白点・寄生虫)、その後、表面が白く混濁、白い点が散開、充血し穴が開く等であろう。そしてお腹が出てきた(浮腫・腹水)、ポップアイ(内臓、ガス)、細くて白い又は異様なフン(内臓、消火器官)、着底して活性がない(重症全般)、呼吸が早い(鰓全般)、ひっくり返る(浮袋、内臓破壊、重症全般)、ヒレや口が溶けるなど外部から見てもハッキリと判断できる行動や症状である。病気の一部が見えてきたとき、白点やイカリムシという一種類のものであれば診断も簡単であるが、それら以外の病気では通常、合併症を発生させている。

<考える前に…水替えをする>

まず最初にアレコレと考えるより水替えを実施します。3分の1とかいわずに2分の1〜3分の2ぐらいはやってみる。魚が元気であれば中和剤は入れずに水道水をそのまま入れる(塩素殺菌)。まず魚が死ぬようなことはないので様子を見ると、症状が消えるもの、進行するものに分かれる。悪化したものを中心に治療方針を検討していく。治癒した魚ばかりであればそのままでいいが、悪化する魚がいた時点で、水槽の砂や濾過のリセットをすると良い。大概、砂や濾過に病原菌が溢れており、一回や二回の水替えでは病気が再開・悪化する。面倒くさがらずに大掃除を行う=治癒の可能性が高まる。

<塩水浴濃度は重症性によって変える>

淡水魚での塩水浴は0.5%の濃度で行われている。細菌性鰓病の場合は塩に弱い細菌が多いので高濃度塩水浴が有効。濃度では5%で5分、3%で1時間、1%で4時間など水産試験場の指導で養殖場などが実施している。アクアリウムの魚でも同様で効果はある。飼育水槽で実施するのは0.5%〜0.7%(耐塩性のある魚)の塩水浴(永久浴)の期間は軽症魚で7日間、重症魚で14日間。期間が過ぎれば長くやっても効果は同じなので、徐々に水替えで塩分を下げていく。1日半分水替えで自然に減らせば問題はない。大量死亡を起こす可能性のある原虫性鰓病イクチオボドの寄生について、さけ・ます資源管理センターで行った駆除実験(塩水浴)のデータがある。塩化ナトリウムでは濃度5%、5分浴により駆除できたが、健康な稚魚はこの濃度で30分以上生残可能だったところ、イクチオボドの大量寄生を受けていた稚魚では10分以上の処理を行うと死亡する魚も多くいた。また、5%の食塩あるいは並塩での10分浴では十分な駆虫効果があったが、塩水浴後サケ稚魚に若干の死亡が観察されている。このことから塩水浴による魚への有害性は寄生レベルにより大きく異なることが予想されることがいえる。また、食塩や並塩が同濃度の塩化ナトリウムよりやや効果が低くなるのは塩類組成が異なるためと思われる。いずれも寄生虫駆除に効果のある濃度と稚魚が死んでしまう濃度が近いことと、稚魚の状態によっては塩水浴の安全性が異なることから、注意が必要。また、同じ個体を何回も塩水浴することは魚を傷めてしまい死亡に繋がることもある。

 

アクアリウムの塩水浴では粗塩がいいとされるが、ミネラルはさておき、そもそも病魚は原子吸光光度計で血中ナトリウムイオンが下がっていることが多く測定され、塩を入れることによりナトリウムが補給できるのが一番いいからと考えられる。また、病原菌は浸透圧0.35%近辺、淡水魚の体内は0.9%近辺、塩水で作られた浸透圧の差が0.5%あたりであれば病原菌の方が脱水症状で死ぬという理屈となる。海水魚の淡水浴は逆の意味で有効。淡水魚も海水魚も症状によって塩水浴での斃死率が変わるので、様子を見ながら行うこと。中止する判断は後にも述べます。尚、塩水浴を終えた際、魚の粘膜が剥がれているケースがあるので病原菌が付きやすい。アクアセイフなどの粘膜保護材を入れるのも予防への一手。但し、コイ金魚は丈夫だから規定量でいいが、水の綺麗な所に棲むイワナやヤマメ、アマゴ、海から遡上してきたサケ科魚類の場合、規定量では鰓がコーティングされ窒息を起こすことがあるので3分の1以下の少量を入れるにとどめること。

<原因=原生動物たちを第一歩にする>

魚を導入し、1週間から2週間たつと飼育水の換水を放置していた場合、かゆいかゆいと体をこすりつける動作をするようになる。ヒレを観察してみれば白い模様が出来、また白い点がポツポツとついているのを発見できる。白点虫かイカリムシなどの甲殻類の寄生虫の幼生か。どちらか分からなくてもメチレンブルー系を投入。飼育水や濾過槽が綺麗であれば塩水浴よりも早く効き、苦労は全くない。規定量の5分の1ぐらいから効果が確認できるでしょう。酸素を消費するのでブクブクを強化し、ちゃんと薬剤を溶かして入れること。よく「グリーンF系で死んでしまった」というのは酸欠かドバっと入れて溶けるのを水槽内で「綺麗だな」と鑑賞してしまう人に多い。熱湯で良いのでしっかり溶かして入れないと鰓に張り付いて次の日には死亡。薬が悪いという意見は溶かさずに入れてしまったせいでしょう。海水魚であれば硫酸銅系を投入する。60p水槽で十円玉一個でもよい。白点が消え体をこすらなくなれば10円玉を取り出すだけ。意外と効果があります。淡水魚の場合、グリーンFとニューグリーンFは成分が少し違うがどちらでも構わない。塩水や水温でゆっくり治療するよりもあっという間に治るので薬剤を使いましょう。1週間たっても白点が変な感じに成長したり治らない場合はデミリンやリフィッシュで寄生虫退治へシフトします。観察は最初に投薬してから30分は気を付け、48時間〜72時間で結果を吟味して次の判断につなげます。

<まずは細菌を手当たり次第に殺菌>

初期の対応を間違えたり、不在していて発見したら数日経ってお腹が膨れていたり、目が飛び出していたり、コショウを振りかけたような体表、白い膜に覆われた体色が異常な感じ、呼吸が早い、フンが異常に長い等々、白点病のような簡単じゃ無さげ、なんだか調子の悪いのが治らない…こんな雰囲気を感じ取ってください。そういう場合は細菌類を手当たり次第に滅菌します。まずは飼育水の中にいる雑菌や濾過槽のフィルター、低砂にいる雑菌をサルファ剤、フラン剤系で。グリーンFゴールド顆粒で行います。せっかく繁殖させた濾過細菌が全滅しちゃう…など躊躇する傾向があるのは残念なこと。啓発の仕方が間違っているのか、自然のバランスは病気を出したりの問題発生時点で崩れている。さっさとリセットしてやり直すという姿勢が治療にとっては大事です。清潔な水槽を実現する為、ぬめりまで落としてまっさらに、水道水を入れて少しだけ中和剤でも(既定の3分の1ぐらいで充分)。その中に薬剤を投入します。低砂も濾過も水槽も綺麗な状況で薬剤が本来の力を発揮、内臓が破壊されているほど重症でなければ結構治癒していきます。

<グラム陰性菌をターゲットにする>

上で行ったのはグラム陽性菌(良い細菌が多い)、グラム陰性菌(悪いのが多い)を両方手当たり次第に叩くという治療法ですが、オキソリン酸というキノロン系抗菌剤はグラム陰性菌だけを叩くという傾向があるので、陽性菌(濾過細菌はこちらに入る)を大切にしたい人向けである。オキソリン酸の含有されたのはグリーンFゴールドリキッドやパラザンD・観パラD系。グリーンFシリーズは名前が似ていても成分がガラっと違うので注意が必要。オキソリン酸に弱い魚種がいるので、同じようなものと考えて投入したら一発でアウトという薬害を私も経験している。ちなみにイワナは14分の1から投入していき、7分の1の濃度でフラついて痙攣し始める前兆であった。半分の濃度ではひっくり返り死ぬ寸前であった。古代魚と言われるアロワナ類よりイワナはオキソリン酸に対して遥かに弱かった。ただグリーンFゴールド顆粒は規定量入れても大丈夫だったので、無理にオキソリン酸を使わない方法を模索した。この辺は研究していきたいと思う。

<寄生虫を考える>

釣ってきた魚、小赤、エビなどの生餌についてきたり、導入した水草に不運にもついて来たりして、結構たいへんな気持ちになるのがイカリムシやチョウである。見てくれが悪くなるのもあるが、なにより魚たちが気持ち悪そうにしているのが伝わってきて何とかせねばと焦ることとなる。私はチョウならニューグリーンFを投与して酸欠になりやすいのか体から剥がれて水槽内を泳いでいるのを網ですくう形を最初に選択する。またチョウは魚を取り出してピンセットでいけるが、魚が大きいと鰓の中に入っていたりして見逃すきらいがある。イカリムシも同様でピンセットで引き抜くのだが、幼生が水槽内にいるのでまたくっついてくる。そこでデミリン、リフィッシュ系の登場である。特にデミリンは脱皮阻害剤という農薬で意外と魚には無害っぽく感じた。規定量の半分でも効果がありOK。とにかく退治できるのだが、死骸がしばらくついたまま。ここにミズカビやエロモナスがつき、不在していた4−5日間の内で腹水または水腫が発生、ポップアイにもなりかけており、エサも喰わなくなって2週間の闘病生活の末に愛魚を落としてしまったことがある。これは悔しかった。イカリムシ・チョウの治療後は抗菌剤を適切に入れておきたいとお勧めする。

<薬剤治療を中止するタイミング>

薬害で死亡する前兆、即座に水を無薬にして回復を祈ること。フラつき、エサの喰い損ね(場所を間違えている感じ)、目の異常(かすれ、突出気味発生)、痙攣の前兆、呼吸がかなり早い、活性低下、急に元気になったかのような異常さ。大概、末期状態では規定量の投薬にも耐えきれず、体力も生命維持で限界になっており、少しの加減で生死が分かれる。治療の名のもとに最後の背中を押してしまうことが王道である。これを避けるには投薬後30分間は必ず観察し、少しでも異常が発生したら半分の水替えで様子を見るという姿勢が必要。これで死にかけても助けれる確率が高まる。重症化した場合、悪化はすこぶる早い。限界の投薬量は徐々に下がってくるので、1週間前に大丈夫だったからと言って同じ分量を投薬するのは慎重になっていただきたい。これが意外と救うコツである。中止を強いられる段階で何とか生存できている場合、まずは餌を中止し、フンが完全に出るのを待つ(絶食療法)。通常の投薬ではエサは特に制限しなくてもいい。水が汚くなり水替えが頻繁なほど大食漢であればエサを普段の半分ないし3分の1ぐらいに制限すればいいでしょう。絶食療法の場合はかなりの重体(内臓機能障害)になっているケース。一旦、消化器官や内臓を休ませる。少し普通になってきたかなというぐらい回復したら徐々に与え始めます。2週間ぐらいで回復しない場合は生存可能性は残念ながら低い。フンはゼリー&ゲイル状で腸内に収まっており肛門から排出される際に水を吸って太く大きくなります。

<ウイルス疾患と民間療法>

私のようにサケマスを飼育し釣った遡上魚を治療したりとしていなければ、まずウイルスは持ち込まない。コイの品評会など出品時にコイヘルペスに感染した、金魚の品評会で…などと報告は上がるが、感染頻度は一般アクアリストが心配するほど高くない。ウイルスを退治してくれると言えばイソジン。イソジン消毒液とイソジンうがい薬とあるが、この使用法で弱らせて病気を悪化させ死なすケースの方が多いようだ。純ココア浴やトウガラシと同様に民間療法を使わなくても上記までの治療でほぼ完治できる。というより民間療法を使用している場合、低砂がそのままだったりして、普通の薬剤をまっさらな綺麗な水槽で使用し治療する方が確実である。その為の薬剤であり、水産試験場などでも使用法が正しければ確実に直すことが可能である。治らない場合は民間療法の前に治療環境を見直すことが最優先だと私は思う。

<繰り返される疾病の対処・注意点>

よく聞く「腸まん」のように消化不良、腸閉塞、細菌性内臓疾患から来ている症状、ないし腎臓肥大と見えるお腹がやたら大きくなる症状、幾ら治療薬を投入してもぶり返す肌の剥離、眼球の濁り、粘液の多分泌、白点やミズカビ。まず間違いなく低砂がひかれ、汚濁した濾過が稼働し、水替えすら3日で元通りになってしまうほどの水質悪化が原因と思われる。薬剤を投入しても無駄なほど。ミズミミズが出現し水質浄化に役立つという生態系があるのを喜んでしまう方までいる。そこそこの加減が必要で、疾病の場合は兎にも角にも綺麗で清潔にすること。見た目で透明な飼育水でも信用せずに真っ新にしてやりなおすこと。これを面倒くさがらずに行えば、きっと愛魚は助かる率が格段に跳ね上がる事でしょう。人間での病院で院内感染が問題になったことがある。徹底的に洗浄した病院と予算の関係上そうできなかった病院とでは随分と仕事量が違うと言います。人間も家畜も魚類も生物であれば共通するものがあります。

<低温不活性化で時間を稼ぐ>

生存しているだけで奇跡…な状態でも頑張っている魚に報いたい。そんな最後の手段で行う方法。薬浴は長い期間をかけて行った(例=5か月)、それでも改善せずにジリ貧。数種類の疾病にかかり、更に内臓機能も障害があってエサを食わない。死を待つばかりという魚。この場合、残された安全な方法として「限界の低水温にて放置する」があります。低水温になればなるほど溶存酸素は増え呼吸が楽になる。私は渓流釣りをしますので、変わった魚を釣った場合、生かして持ち帰ります。16リッターや26リッターのクーラーボックスにブクブクですから何匹も入れると大変。そこで仮死状態のように氷を入れ水温を低くします。冷水魚なので9℃以下。出来れば4℃以下。金魚でもコイでも冷水魚たちと同じように数℃に耐えられる。冬眠みたいなもので機能低下にして病気の進行を食い止め、生体防御機能で徐々に回復させるのを目的とします。熱帯魚ではそれぞれの種類で調べて設定します。薬害を体から抜いて何とか復活させたい一般的に行える最終方法でしょう。一方、水温を上げるのは冷水魚を多く扱った経験の為、上昇させずに治すことをモットーとしています。酸素溶存量が減るのでメリットが少ないと言いますか、水温を上げなくても殆どが治癒できています。

<転覆病の誤解について>

「転覆病」を語句検索すれば圧倒的上位に金魚がすぐに見つかるのは、ここを読まれているのなら通った道ではないでしょうか。確かに丸っこい魚体ゆえに浮袋が調整しにくいと思われるし、症状が多いのも納得です。私が見るに他の症状から来ているものが多そうです。金魚はもともとフナという頑丈な魚であり、それを弱らせるほど症状を進ませているから転覆症状=死亡率高いとなります。原因を浮袋に求めるのではなく弱らせている大元の原因や合併症を探って治療するのが近道と思えます。こと水産業界の「転覆病」では、マハタやキジハタ、シマアジなど養殖業界で深刻で全滅させます。かれらの魚体は普通のトマホーク型、転覆病の魚をPCR法、間接蛍光光体法にてウイルスを検出、発見された亜種らしきものを含めた共通するウイルス(SJNNV)はしっかりと見つかっており、それが引き起こす症状をウイルス神経壊死症(VNN)といいます。サケマスは遡上や寿命の関係で転覆病を治癒させるよりも殺処分など防疫を重視する傾向がありますが、マハタなどではかなり頭を悩ませている模様。弱っている転覆症状かウイルスによる転覆病か、区別は微妙で難しいですが”転覆病”に拘りすぎないことが重要かと思います。

<外科手術>

ヒレに訳の分からない病変が出来て切除するなら半分〜3分の1で留めること。3分の2以上切除すると再生しないので気を付けること。鰓めくれ(鰓まくれ)はカッターなどで切れ目を入れると綺麗に治る。目ダレは切除して治ることも多いが失敗すると目が当てられないので不慣れな方は避けた方が望ましい。脱腸は出ている部位を水平に綺麗な消毒済みのハサミで切り取る。卵巣ガンは産卵できずに斃死するので麻酔を使った開腹手術が行われている。難しそうだが部位が出口に近いために脱腸切除と同じ難易度扱い。難しいのは浮袋の手術。一部の切除した浮袋が回復するにつれ神経も正常化、転覆病の治療法として公開。その私が行った転覆病の手術ですが、当時、私は写真を現像してアップするというネット状況でした。すなわち手術を成功させたのも随分前のお話です。最近になって同じようにやった人がいるか調べてみますと成功せずに失敗している人達ばかりではありませんか。そして転覆病の区別すら混同しているものも多くなっており、なんだかおかしな情報が多い。専門家のサイトすらそのような感じ。本来、治療してこそ価値がある。治療に成功している人のやり方が正しいわけで、なんだか塩や薬剤、民間療法の垣根も変、材料や飼育法に対する勘違いが蔓延っているように感じました。尚、腸満を引き起こしている卵巣がんの摘出手術の様子(画像)は全日本錦鯉振興会のサイトで公開してあるものがある。解説共々、併せて参考にしていただきたい。

<魚にはリンパ節がない>

本文中に記述していましたが、例えば魚類にはリンパ節がないことを知っていた方はどれほどいらっしゃるでしょうか。人間でいうリンパ節は外部の雑菌などに対する体の防御機能をつかさどっています。リンパ液やリンパ球を運ぶためリンパ節が相互に管で結ばれ流れています。大きなものや数は外部にさらされやすい首回り、脇の下、太ももの付け根に集中しています。急に大きくなったりした場合は炎症か悪性腫瘍(ガン化)の疑いがあり、足に患部があったら首のリンパ節が腫れるとか遠い場所に位置していながら関連するケースもあります。魚ではリンパ節がないため、リンパ球に類似する作用の物が体内にあり、好中球など白血球の一種がキラー細胞として感染細胞を破壊します。すなわち外部より病原菌などが入ると魚体全体に回りやすく悪化しやすいことが言えます。反面、細菌類の侵入を防ぐために粘液や鱗のような鎧で体を強固に守っています。私が考えるに、魚はリンパ節がないため病原体の進入時の防御作用は弱くても、回復力という点では備わっており、内臓機能障害などは絶食で修復しやすいと思います。浮腫や水腫で胃腸にゼリー状の異臭のする物質がたまっていながらも、絶食中に排出され浮腫が収まってきて驚くことが多々ありました。腸閉塞などでなければ回復させることはヒトよりも容易かもしれません。コイやフナ(金魚)、ウグイのような強靭な肉体を持った魚では、病魚に余力があれば硫化マグネシウム(MgSO4)で薬浴させると排出がスムーズになる(肝機能や腎機能の向上)、更にビタミン類(特にB群)の添加により排便を促す純ココア浴のような方法も採れるでしょう。(サケマスのような鰓が高性能=弱いものだと弱らせる危険性が高いです。)ちなみに魚の腎臓は背骨に沿ってある血合いです。人のリンパ節につきましてはリンパ浮腫について(医学雑談用)をご覧ください。硫化マグネシウム(MgSO4)はエプソムソルトという名称です。

相談をして誰か先輩に聞くのは簡単、しかし身につかず、いつまでも同じ過ちを繰り返してしまう。薬剤の効果を勉強し、理屈を知り、簡単に病気が判断できないことを実感し、上級者さんへは素直に聞く姿勢を持つのが重要です。決して我流や独断はしてはいけません。失敗するのが落ちです。古今東西、王道のお約束。何か上手くいかないという場合、アドバイスを受けた内容のどこかが専門常識と乖離していると考えられるといいでしょう。実際に治せるか治せないか、という簡単な結果を伴う要件が治療に関わる事です。実際に治せる人と机上の空論で専門家っぽく語る人との間には相当な専門知識や実行スキルの差があるのが現実です。ネット上の情報は雑多です。しっかり見分けが出来ないといけないことは知っているのに、見分けが出来ないのが現実。魚病、人間の病気、それだけじゃない政治、経済まで幅広く。ネット初期は見分け方が簡単でした。今は大問題かと思います(DeNA問題を想起しながら)。

<水素での治療を研究?>新治療法発想か!!!

細胞の死を防ぐという効果がある水素。人間では脳死患者さんの治療へ寄与できると慶応大学病院をはじめ12の医療機関で研究が進められています。私は瀕死の魚が「天を仰ぐ」レベルであれば低温不活性治療を選択していますが、水素も使えるかもしれないかと感じています。思えば胡散臭いとオカルトレベルの評価を受けている「水素水」。濃度的に基準が詳しく分かりませんが「水素水」が人間には効果があるのかどうか、人間にとっては水レベルのものかと思いながら、飼育魚に使ったらどうなるのか?どなたか清水の舞台から飛び降りてみませんか?いや失敬。このことはまだネット上にて触れられていないことを確認しましたが、科学は道具であるというスタンスから一度実験してみたいと思っています。

=昔の研究メモ(手書きです笑)



淡水魚表紙     海水魚表紙     UMA表紙