★グラム陽性菌に効果のある薬剤zithromacを紹介
★腸管鞭毛虫病。メトロニダゾールの注意点を強調
藍藻(水槽内の壁にできたコケ)のシアノトキシンという毒素


再発を繰り返す、手遅れ気味どうしても治療したい、等の深刻なアクアリストへ捧ぐ

魚病の対処法(飼育している魚の病気の治療方法)

<馴れた魚は可愛い>

魚類の中には特に頭がいい魚が存在します。イシダイのように芸を仕込めるタイプは有名ですが、数ある雑多な魚、食用魚の中にも人馴れしているニュースがあったりします。マダイやハマチ、アンコウ。刺身にならずにペットになってしまったかのような報道もありました。金魚では話す(咽頭歯を使って音を出す)ものが出てきたり、どうやら感情すら持ち合わせているのでは?と思わずにいられません。実は私も医学研究で魚を使用したり、魚病研究で実験したり、自宅での熱帯魚飼育など数多くの魚を観てきました。最近ではイワナ(名前:おうさま)、複数の疾病を抱え5か月の闘病生活で亡くなってしまいましたが、泳ぐ哲学者…と思えるほど賢かったです。過去を振り返ると18歳のアジアアロワナ、渓流初心者の頃に釣った30㎝のアマゴ、たった数匹ですが稀有な存在として賢かったと思い出します。その賢さぶりを例え自分の大学講座にて熱く語れば、自分の立場を危うくするほど。特に王様(イワナ)は魚界のアインシュタインかホーキング博士かと思ったのは秘密です。みなさんのペットである魚たちも、飼い主をエサをくれるマシーンと見ているのではなく個人を区別してそうだとか、変わったしぐさをするとか、感情があるのではと思うほど可愛いはず。そんな魚が病気にかかったら焦りますよね。今にも死にそうになっているなら何としてでも助けたい。たとえ安いお魚であっても、金魚すくいの小赤であっても、お金を使ってでも救いたいはずです。飼い主バカとはいえません。

<作者の魚病治療実績>

生物に対して死および病気にさせる原因には、寄生虫や原生動物・真菌、細菌各種、ウイルス各種、化学物質(薬害・汚濁ヘドロ等による)があります。微生物は単細胞、ウイルスは粒子。魚類には人間と違ってリンパ節がなく病原菌侵入に対する防御力は弱い(ページ下部にて詳細解説)。その反面、ウロコと皮膚粘液に含まれたインターフェロン等の「防御物質」が活躍するという人間とは全く違うシステムです。したがって突破された病原から引き起こされた病気を治療しようとするときは正確な診断、原因の分析・特定が必要で、そこを怠ると一気に悪い方向へ進んでしまい、より治癒させることが困難となります。しかし、会話が出来ない飼育動物の症状は、行動の変化や外見の異常などの様態でしかなく、さらに観察によってのみ診断するしかなく、治療方針を立てることは飼育者のスキルの差が大きく、平均して「こうだ」といえない大変難しいこと。養殖場での魚の場合、数匹が死んだ後で解剖や患部からの資料を得て細菌類分離・同定ができ、生存魚への疾病対処が可能ですが、ことペットとして飼育されている魚では「その魚を助ける」ことで死んだり悪化したりする前に治療しなければならないため困難度が甚だアップします。ここでは熱帯魚、金魚・コイ、日本産淡水魚、冷水魚、海水魚をメインに、可愛いペット魚をどうしても救いたい、しかし天を仰ぐしかない…という飼育者に役立つであろう専門的基本を述べたいと思います。

→治療→ 黒っぽい
皮下組織が
出来つつ
完治!!! 黒点が多くなってるのにも注目です。
(作者自宅・2007年、治療魚)

通常、ここまでの大きな穴が開きますと、
浸透圧調整が出来ずに、病魚は凡そ斃死します。
見極めるスキルが必要。

▲病巣を殺菌消毒したメスで切除し消毒する。このように的確な治療(冷水病)をすれば多くの治療困難といわれている疾病をも完治させることが出来る。

=酷い状態だった…空気を抜いた術後。

=完治(1996年の転覆病研究時

▲アジアアロワナ転覆病。(ひょう)=浮袋の手術で治療の簡易進行写真。エロモナス系疾病、ミズカビ、スレ傷などの同時進行も苦労した。病変資料からSJNNVを検出。

=尾ぐされ症状もあるが最大の原因特定に注視。

▲海からの産卵で遡上してきたサツキマスの転覆病。元気なまま1か月。病気などで弱っての転覆とは別の病気なので、本文をよく読まれ勘違いしないようにしてください。罹ってから2週間もすれば、せっそう病(エロモナス系感染症)や尾ぐされ病、ミズカビ病、細菌性鰓病などが複合してくるのが普通であり、治療開始の早さで結果が分岐する。

<主だった魚病の分類>

まず魚病は、我が国日本において、水産系とペット界隈系で同じ病原菌でも呼び方が違う点に気をつけたい。金魚で有名なマツカサ病や転覆病、ポップアイ…などは単独の病気ではなく、様々な疾病の結果、同じような末期症状となる。一方、尾ぐされ病、穴あきなどは原因菌が同じなのに場所によって呼び方が変わることがある。鰓病とか。従って、AだからBと「こうだ」と決めつけることは危険であり、治療が後戻りできないほど多くの失敗談が散見できる。例えば、飼育初心者さんが金魚や熱帯魚で白点病とアドバイスされ水温を上げたら、実際は別の病原エピスチリス症で、高温に耐える種だし活性が上がってしまって病魚を落としたとか、水温を上げたら鰓腐れ病、尾腐れ病の細菌や寄生虫の活動が活発となり逆に病状が悪化してしまったりする。温度に敏感な海水・汽水・冷水魚までも最初から白点病と決めつけて水温を上げるべきではないのをお分かりいただけたと思う。塩水浴では濃度(~0.5%)によりカラムナリスが元気いっぱいになったりする。

以下は主な魚病を取り上げた。時間をかけて語句検索で詳細に調べ、魚の様態と比較し、病気の特定に役立ててください。尚、簡単に教えてもらおうというよりご本人さんが知恵や知識を得るのが長い目で見ればいい。本当の意味での「急がば回れ」です。

細菌類 
 セッソウ病(エロモナス感染症) 主に運動性エロモナス。体表隆部・出血・潰瘍。肛門付近からの出血。フラン・サルファ剤で完治。  
 尾腐れ、皮膚病、鰓病 ↑↓主にせっそう病を部位で分けた症状名。他の様々な疾病と似ているので断定は注意。  
 非運動性エロモナス症 主に穴あき、赤斑病。20℃あたりで活性が高い。実験でない限り運動性も非運動性ともに感染している。  
 新穴あき病(新紅斑性皮膚炎) 抗菌剤が効きにくい。口赤病等。抗生物質(エフロキサシン、ジフロキサシン)の経口投与。乾燥南天  
 カラムナリス病(たんぱく分解) ヒレ腐れ、鰓腐れなど。PH6.5以下だと増殖なし。的確なサルファ剤使用で容易に完治可。高濃度塩浴  
 細菌性鰓病 Fravobacterium branchiophilum 摂餌低下、鰓から粘液が多量、鰓蓋が開き膨らむ。高濃度塩浴  
 異型細菌性鰓病 ↑上記より治りにくい。きっちりと塩浴を清潔さや温度変化に注意して徹底する。  
 細菌性腎臓病 腎臓腫大、貧血、眼球突出や腹部膨張(腹水っぽく)。オキソリン酸の使用量は注意。  
 ビブリオ病(グラム陰性短桿菌) 遊泳不活発、体表黒化、眼球突出、鰭基部発赤、脾臓腫大、肝臓出血。  
 レンサ球菌症 腹部膨張、鰭基部発赤、肛門の拡張、出血、眼球突出など。水産用OTC(テラマイシン)が効果あり。  
 潰瘍病 特に金魚での潰瘍病にはボックス病がある。毛細血管が走っているが切除は容易。  
 卵膜軟化症 100年たっても突き止めることができていない。過マンガン酸カリウムで抑制可=桿菌が主原因。  
 魚結核症 マイコバクテリア症。臓器はガンのように肉芽腫が多発し機能障害。経口投与。治療困難。  
 抗酸菌症 非結核性抗酸菌症。上はその代表一部。ポップアイ、下痢、痩せ、腹水など合併症。  
 ノカルジア症 ↑上二つと共に魚病分類で人間へも感染する三つ。症状は似ている。全滅多し。  
 細菌性冷水病 あっという間に養殖池が全滅する。特にアユへ猛威。冷水病薬(SIZ、FF)。放流前に塩水浴の対策。  
 眠り病(転覆病や浮腫に似ている) 直接原因は未解明だがコイや金魚で移動直後等々発生、エルバージュと塩浴。テラマイシンで完治。  
ウィルス系
 IPN (伝染性膵臓壊死症) ウイルス性腹水症、10℃未満では病状が進行しない。白フン・黒化・腹水・眼球突出など  
 IHN (伝染性造血器壊死症) ビブリオ症と表面上の区別がつかないが、成魚は大丈夫、幼魚稚魚が主。  
 VHS (ウイルス性出血性敗血症) 魚にはリンパ節がない。好中球(白血球の一種)を葛根湯などで活性向上させる。  
 ヘルペスウイルス病 (OMVD) 金魚・コイ・サケマスではヘルペス型が違う。人間でいうと帯状疱疹などが亜種。  
 VEN (ウイルス性赤血球壊死症) 酸欠に陥って綺麗な状態なのに突然死んだ形となる。  
 EIBIS (赤血球封入体症候群) 赤血球内に封入体ができ、貧血、鰓や腎臓が白色化。胃の膨張も特徴。  
 転覆病(ウイルス神経壊死症) ウイルス(SJNNV)で元気なまま転覆。弱った時、過食での転覆は別物。  
 リンホシスチス症 淡水、汽水、海水魚で発生。特にコイ科での発生は皮膚増殖症という、区別は電子顕微鏡で。  
真菌系
 ミズカビ病(真菌症) 体表に綿のようなふわふわしたものが付く。大量になり鰓へ行くと窒息死。  
 ブランキオマイセス真菌症 エラ。真菌用のマラカイトグリーンでは治癒しない模様。寄生虫のトリクロホルン等を試すしかない。  
 真菌性肉芽腫 アユ、金魚、フナなど多くの温帯性魚類にて発見。肉ぐされ病とも称される。  
 内臓真菌症 サケ科魚類の幼魚に発生。菌糸は体外にまで広がらない。致死率は10-20%と低い。  
 デルモシスチヂウム症 真菌⇒原生動物(球形胞子)へ分類化された↓加温で治療する。冷水系や海水魚では加温が困難。  
原生動物・寄生虫類
 デルモシスチヂウム病(真菌⇒原虫) もっぱら鱗の小さい魚類に寄生。各ひれや真皮に白円炎症を起こす。加温処理。作者イワナで発見。  
 白雲症状、粘膜や上皮細胞の破壊 トリコジナ、イクチオボド、ギロダクチルス、ダクチロギルスなどの混合寄生が普通。  
 トリコディナ症 ↑のトリコジナ(トリコディナ原虫)の名をとっただけ。同じ病気の別名。オレガノ配合飼料  
 白雲病 ↑↓同じ。キロドネラ吸虫類が鰓に寄生。何倍もの粘液を分泌し合併症。過マンガン酸カリウム  
 原虫性鰓病 別名イクチオフォヌス症、コスティア症。鞭毛虫イクチオボド等がエラに寄生。塩浴。抗菌剤  
 白点病(淡水魚) イクチオフィチリウスが寄生。27℃以上では繁殖力がない。進むと粘膜剥離。治療基本  
 白点病(海水魚) リプトカリオン・イリタンスという鞭毛虫が原因。海水鑑賞魚の80%はこれ。硫酸銅で治療。  
 リムフォシスティス病(海水魚) 海水ツリガネムシみたいないびつな白点が付着。進行が遅いが鰓に行くと危険。淡水浴で完治。  
 ウーディニウム病(コショウ病) 海水、汽水魚。鞭毛虫アミルウーディニウムが鰓や体表に寄生。淡水浴や銅イオンで完治。  
 ツリガネムシ症 エピスチリス(Epistylis)の有柄繊毛虫類。30度に耐える。白点、水カビに似ているが微小点の群生  
 条虫寄生症(扁形動物) 複数存在。腸管等に寄生、白フンで痩せていき腸など機能障害。断食と薬浴。フラジール。  
 エキノコックス(多包条虫) ↑を参照。キタキツネなど陸上は単包性条虫エキノコックスだ。(人間:包虫症など)  
 アニサキス(線形動物) ↑条虫寄生症を参照。アニサキス科の線虫の総称、人間の食中毒で有名になった代表格。  
 微胞子虫症 腸テロハネルス症。お腹が膨れて痩せているが元気で餌をモリモリ食べる。  
 ミトラスポラ症(腎腫大症) 金魚で横腹が出てくる。細菌性腎臓病に似る。食欲・フンよし、長命、早めに駆除剤投入。  
 ヘキサミタ症(ヘクサミタ) 腸内等ヘキサミタ科原虫寄生。二次エロモナス等混合感染が多いので総合的に投薬治療する。  
 チョウ(ウオジラミ) 寄生されたらピンセットで剥がす。デミリンが有効(腸まん警戒)。感染症に警戒必須。  
 イカリムシ(キクロプス目) 淡水魚、同上。細ウールマットを濾過槽に敷き詰めて幼生を濃しとる方法も。リフィッシュ・デミリン  
 メダマイカリムシ(シフォノストム目) 海水魚につく目立つメジャー寄生虫。ヒジキムシ科。同上。  
 黒点病 吸虫類が魚体に寄生、そこにメラニンが集まって黒く見える。重篤化はしない。淡水・海水  
 原虫性赤斑病 エロモナスとは別物で、プスドモナス・フロリッサンスによって起こる。過マンガン酸カリウム薬浴  
理化学・物理的
 栄養性鰓病 コアラのように単食で育てるとなりやすいが、もっぱら神経薬害が背中押しの原因。  
 栄養性脊椎湾曲症 同上  
 腰なえ病 薬濃度や薬浴時間過多などで発生。  
 脊椎湾曲症(筋肉剥離) 鰓洗いするようなマス、アロワナなどに多い。自分の力で剥離。骨折もある。治癒困難。  
 胃鼓張症 異様に肥大化した腹部が特徴。まつかさ、腹水に準じた治療を行う。  
 ガス病(理化学的要因による疾病) 水中ガスが過剰でヒレ皮下に泡がついたり眼球突出。徐々にガス抜きする。  
 理化学的要因による疾病2 バルサン、ダニアース、フマキラー、防虫シート、ダニ駆除芳香剤、蚊取り線香など。  
 理化学的要因による疾病3 ウールマットをしっかり洗ってから使用しないと白点病などに罹る傾向あり。  
 PHショック 水清浄剤などの添加物を適切に溶かして投入しないと連鎖したPH変化でショック死。  
 アンモニア中毒 水温上昇+PH上昇時にアンモニアイオン⇒アンモニア化、毒性強。神経障害⇒呼吸不全  
 酸素欠乏症(理化学的要因による疾病) メチレンブルーなど粉末系、酸素を消費する薬剤で治療中によく死なせる人はこれ。よく溶かしてない。  
 酸素欠乏症part2 アクアセイフなど上記と同様によく溶かさないと鰓に張り付き呼吸困難で死亡(塩類細胞多魚種)  
 酸素欠乏症part3 バクテリアを濾材の少ない状態で過剰投入、鰓に棲んでしまって死亡。  
 異物・釣り針・ゴムなど 吐き出すことが普通。特にコーティングされていない釣針は消化で無くなる可能性も高い。  
 飛び出し どうやら水中から上を見ると隙間の色の差が非常に魅力的に見える模様。狙ってます。  
その他
 旋回病(長期) 脳障害、平衡感覚の消失。同じように旋回するのは衝突、目が悪くなった場合もある。  
 転覆症状 ウイルス疾病とは違う、弱っただけ。弱らせた原因を正確に分析し取り除く。  
 えらめくれ 水質悪化+水替え時の刺激で内外部の急伸差により外側に開く。アロワナ類がなりやすい。  
 ポップアイ 体内の圧力上昇により起こる。原因は水質悪化、水中ガス過剰、病気の末期で浸透圧調整の不具合。  
 敗血症(末期の腹水の主因) 各種。菌・ウイルス・寄生虫などの疾病から制御不能な生体反応を生じ臓器機能障害。下痢なし。  
 血便下痢・浮腫・まつかさ(末期総合) 各種。エロモナス腸感染・重篤化、線虫増殖、腫瘍などによる内臓壊死。区別・早期発見が困難  
 老衰 飼育魚の生活史から寿命が来ている場合、ヒレなどにツヤがなくなりロウの様になる。  
 死因トップ 鰓機能障害、酸素欠乏が原因で死亡した場合、ほとんどの魚が口を開いて斃死。  

<私の”確定診断”方法>

上記の簡易「疾病一覧」をご覧のように、ネットでよく見かける魚病名は殆ど見かけませんよね。魚病名というより症状名だからです。お魚には浮腫や水腫、様々な病気があります。私が過去、魚病の診断に使ったのは患部を採取し潰し、シャーレにて培養、細菌類ならグラム染色で陽性か陰性を見極め、球菌か桿菌か、ウイルスならそれなり、この特定作業で抗生物質の何に感受性が高いかを絞り込めるので正確な治療を施せました。かつて新治療法を編み出したのも同じような展開、病理の基本です。ワクチン化するか試すために病死魚の身肉をエサに混ぜて与え、感染しにくくなるかどうかの判断も必要でした。人間用を含めてワクチン開発には攻撃試験、有効性試験など閉鎖系試験設備で行うけれど、このようなことはネット語句検索には書かれてないし、否、書いてあったとしても殆どの人が読まない論文だし、如何に普通に読んでもらえるかの苦労を工夫したものでした。ちなみに私の専門は”人間”の方です。人体用のワクチン力価はしっかりと定められているが、魚類では定められていないので、あやふやなものが跋扈するのも致しかたない現実があります。ワクチンは、人や家畜については要指示薬及び劇薬になっており、水産用についても当然ながら副作用、耐性菌の発生及び使用に当たって医学の専門知識を必要とします。

=魚類は重症化へのスピードが速いので即判断。冷水病

養殖業者ですら診断で断定できず、検査機関の手順によって特定、断定するわけなので、一般のアクアリストや店舗が病気を特定できるものは少ないのが現実。病原菌を培養し、診断する器具もない。「第三者の病状説明から推論できることはありますが、正確とまでは言えません。さらに画像や動画すらないとなると、単なる憶測になってしまいます」。この現実を直視・把握し、病名よりも全てを網羅できる治療法のアドバイスが最適であると私は過去に実践してきました。参考にしていただければ幸いです。

<1 魚の様子がおかしい>

まず最初に飼育者が気づくのは、エサ食いが悪い(内臓)、エサを食って吐き出す(鰓病、内臓)、底や壁や石に体をこすりつける(白点・寄生虫)、その後、表面が白く混濁、白い点が散開、充血し穴が開く等であろう。そしてお腹が出てきた(浮腫・腹水)、ポップアイ(内臓、ガス)、細くて白い又は異様なフン(内臓、消火器官)、着底して活性がない(重症全般)、呼吸が早い(鰓全般)、ひっくり返る(浮袋、内臓破壊、重症全般)、ヒレや口が溶けるなど外部から見てもハッキリと判断できる行動や症状である。病気の一部が見えてきたとき、白点やイカリムシという一種類のものであれば診断も簡単であるが、それら以外の病気では通常、合併症を発生させている。

病気の進行スピードの一例:
水槽に多いエロモナスに感染した渓流魚アマゴと設定すると、水温15度で何もしない場合は5日後ぐらいから斃死が始まり、11日後に全数が斃死する。特に内臓感染の場合は3日後から斃死が始まり、7日後に全数が斃死している。飼い主が気付く日数はそれぞれの観察の頻繁さや飼育スキルによります。

<2 考える前に…水替えをする>

まず最初にアレコレと考えるより水替えを実施します。3分の1とかいわずに2分の1~3分の2ぐらいはやってみる。魚が元気であれば中和剤は入れずに水道水をそのまま入れる(塩素殺菌)。まず魚が死ぬようなことはないので様子を見ると、症状が消えるもの、進行するものに分かれる。悪化したものを中心に治療方針を検討していく。治癒した魚ばかりであればそのままでいいが、悪化する魚がいた時点で、水槽の砂や濾過のリセットをすると良い。大概、砂や濾過に病原菌が溢れており、一回や二回の水替えでは病気が再開・悪化する。面倒くさがらずに大掃除を行う=治癒の可能性が高まる。ソイルなど多孔質の砂利などは魚が回復するまで撤去する。薬品を使うと多孔質内に残留し植物が植えられなくなるからね。冒頭の塩素殺菌というのは、平たく言えば塩素が細菌をはじめとする微小浮遊物にくっついて変質化する作用のことで、くっつくと塩素そのものも無害化となる。

・塩素=通称「カルキ」。次亜塩素酸カルシウム

<3 原因を考察する>

調子を崩しているように見えたり、同居魚の弱いものが星になったりした場合には、まずは直前に何か気づいていないミスをやらなかったかを考察します。餌の点検、水替えした反動でむしろ水質を崩していないか、PHを上昇させるアイテムを無造作に加えていないか、バルサンなど焚いていないか等、その後、それらが無問題であれば、蓄積されたヘドロやアンモニア、魚に適したPH度や硬度だったかをチェックしていきます。とりあえず無難さを徹底するならば、予備水槽やバケツに現在の飼育水を半分入れ、水道水の中和したものを加えてお魚を引っ越しさせます。実際のところ、かなり面倒な作業なので冬なら冷たいし温度調節も必要だし、多くが現在の水槽のまま水替えを再度し様子を見るといった形になると思う。PHは下がる方向については耐性がある。逆の上昇は致命傷を引き起こしやすいので気を付けること。アンモニアだった場合、神経を侵すので様子を見るのではなく早急に対応しないと呼吸不全で星を増やすことになりかねません。水温が高いときにPH上昇で水に溶け込んでいたアンモニアの毒性が高まる。毒性の少ないアンモニアイオンから毒性の強いアンモニアに変化が増えるからです。ベテランになればなるほど「自分の水槽で急変はない」という自負があるので意外と見落としがあっても気づきにくいので、こういう場合にだけは初心に戻って基本から考えるのが吉です。

★私の場合、淡水水槽ではPH5.5で水替えをします。牡蠣殻やサンゴ砂などを入れている場合はPHの下がりが遅いのでPH6.2-6.3ぐらいで水替えします。海水水槽の場合、増えにくい濾過細菌が充分増えていれば緩衝作用が半端ないのでPHを気にしたことすらありません。硝酸塩は溜まる一方の筈だけど海水魚たちはメガネモチノウオはじめキスやヒイラギなども元気いっぱい長命だった。ハマチの飼育まで釣り雑誌で記事を書いたことがある。いずれにしても、いろんな数値を参考にして魚種別にし、目安にし、臨機応変で対応しましょう。(対応できるようにスキルを高めましょう。)

★原因が病気とは違う人為的なうっかりミスなどなら、環境をしっかりさせ、粘膜保護アクアセイフや塩を入れる等で体を楽にさせること。直ぐに回復させることができる。もちろん「弱らせるウッカリ人為的行為=致命傷に至る」レベルなわけだから、対処が遅れれば遅れるほど死んでしまう確率が跳ね上がる。昔からのお約束として、本来の病気と混同しないように注意されたい。

<4 塩水浴濃度は重症性によって変える>

淡水魚での塩水浴は0.5%の濃度で行われている。細菌性鰓病の場合は高濃度塩水浴が有効。しかし低濃度(~0.5%)に強く活性が高まる細菌が多いので注意、濃度では5%で5分、3%で1時間、1%で4時間など水産試験場の指導で養殖場などが実施している。アクアリウムの魚でも同様で効果はある。飼育水槽で実施するのは0.6%~0.8%の塩水浴(永久浴)その期間は軽症魚で7日間、重症魚で14日間。期間が過ぎれば長くやっても効果は同じなので、徐々に水替えで塩分を下げていく。1日半分水替えで自然に減らせば問題はない。一方、細菌性ではなく原虫性、大量死亡を起こす可能性のある原虫性鰓病イクチオボドの寄生について、さけ・ます資源管理センターで行った駆除実験(塩水浴)のデータがある。塩化ナトリウムでは濃度5%、5分浴により駆除できたが、健康な稚魚はこの濃度で30分以上生残可能だったところ、イクチオボドの大量寄生を受けていた稚魚では10分以上の処理を行うと死亡する魚も多くいた。また、5%の食塩あるいは並塩での10分浴では十分な駆虫効果があったが、塩水浴後サケ稚魚に若干の死亡が観察されている。このことから塩水浴による魚への有害性は寄生レベルにより大きく異なることが予想される。また、食塩や並塩が同濃度の塩化ナトリウムよりやや効果が低くなるのは塩類組成が異なるためと思われる。いずれも寄生虫駆除に効果のある濃度と稚魚が死んでしまう濃度が近いことと、稚魚の状態によっては塩水浴の安全性が異なることから、淡水系飼育魚界隈で流布されている「一律0.5%塩水浴」には注意が必要。また、同じ個体を何回も塩水浴することは魚を傷めてしまい死亡に繋がることもある。

 

アクアリウムの塩水浴では粗塩がいいとされるが、ミネラルはさておき、そもそも病魚は原子吸光光度計で血中ナトリウムイオンが下がっていることが多く測定され、塩を入れることによりナトリウムが補給できるのが一番いいからと考えられる。また、病原菌は浸透圧0.35%近辺、淡水魚の体内は0.9%近辺(体調不良魚では0.6%ぐらいまで下がる場合も)、塩水で作られた0.6%あたりであれば浸透圧の差で病原菌の方が脱水症状で死ぬという理屈となる。海水魚の淡水浴は逆の意味で有効。海水に住んでいる細菌は耐塩性があるから希釈すると効果的なのだ。海水の2倍の6%高濃度浴も実施してもよい。いずれにしても浸透圧差を利用した治療法である。淡水魚も海水魚も症状によって塩水浴での斃死率が変わるので、様子を見ながら行うこと。中止する判断は後にも述べます。ちなみに塩水浴(淡水要求性の高い魚)・淡水浴(海水魚)、投薬ともども濾過バクテリア群も全滅してしまいそうなイメージだが、良い細菌にも塩類に強い弱いなど膨大な種類がいるので全滅しないので安心されたし。尚、塩水浴を終えた際、魚の粘膜が剥がれているケースがあるので病原菌が付きやすい。アクアセイフなどの粘膜保護材を入れるのも予防への一手。但し、コイ金魚は丈夫だから規定量でいいが、水の綺麗な所に棲むイワナやヤマメ、アマゴ、海から遡上してきたサケ科魚類の場合、規定量では鰓がコーティングされ窒息を起こすことがあるので3分の1以下の少量を入れるにとどめること。

・塩化ナトリウム~”薬効”としてみると実は純度が高いほうが効果的。

★先に触れたようにアクアリウム界隈において薄い塩0.5%での恒久浴が基本の様に行われていますが、水産試験場や養殖場では採用されていません。薬剤を使うか、塩浴させるなら濃い短時間浴のみです。これは病原菌の進行が早く、薄い塩浴の治療効果という形では不確定要素が多いためです。そして0.5%ではカラムナリスなど細菌の中には活性が高まるので、危機管理としては0.6%以上が本来と考えられます。但し、鰓病の際は塩類細胞の働きを含めて機能が低下しており、従って体内濃度も低くなっている場合があります(淡水魚。海水魚では逆に濃度が高くなってる)。その場合、0.6%以上の永久浴は死への背中押しになっていることもあり、高濃度塩水浴にて短時間浴が無難。また、病気と人為的うっかりミスが似通っていて、記述以外の方法で治ったケースはそもそも病気ではなかったということも多いでしょう。

<5 最初の一歩=原生動物たちを第一歩にする>

魚を導入し、1週間から2週間たつと飼育水の換水を放置していた場合、かゆいかゆいと体をこすりつける動作をするようになる。ヒレを観察してみれば白い模様が出来、また白い点がポツポツとついているのを発見できる。白点虫かイカリムシなどの甲殻類の寄生虫の幼生か。どちらか分からなくてもメチレンブルー系を投入。飼育水や濾過槽が綺麗であれば塩水浴よりも早く効き、苦労は全くない。規定量の5分の1ぐらいから効果が確認できるでしょう。酸素を消費するのでブクブク(エアーレーション)を強化し、ちゃんと薬剤を溶かして入れること。よく「グリーンF系で死んでしまった」というのは酸欠=ドバっと入れて溶けるのを水槽内で「綺麗だな」と鑑賞してしまう人に多い。熱湯で良いのでしっかり溶かしてから水槽へ入れないと薬が鰓に張り付いて次の日には死亡。薬が悪いという意見は溶かさずに入れてしまったせいと思われる。海水魚であれば硫酸銅系を投入する。60㎝水槽で十円玉一個でもよい。白点が消え体をこすらなくなれば10円玉を取り出すだけ。意外と効果があります。淡水魚の場合、グリーンFとニューグリーンFは成分が少し違うがどちらでも構わない。塩水や水温でゆっくり治療するよりもあっという間に治るので薬剤を使いましょう。白点虫の生活史から念のため二回繰り返しますが、一回で治ってしまうことも多い。治療練習と思って観察を繰り返しましょう。また、2週間たったら白点が変な感じに成長したり治らない場合はデミリンやリフィッシュで寄生虫退治へシフトします。観察は最初に投薬してから30分は気を付け、48時間~72時間で結果を吟味して次の判断につなげます。

=うちには金魚、アロワナ、イワナ、遡上マス、海水魚らがいる。

白いポツポツが見えるでしょ?あれが白点虫(白点病)。どんな魚でも、アクアリウム初心者さんが水槽に入れ、2週間もすれば発生するヤツで普通に観れます。フナやコイでも発生するのだから、海から遡上してきたサツキマス、イワナなんてもっと弱い。食欲が一気に無くなる様子も楽勝観察。放置しておくと粘膜も剥離し、鰓に寄生されて粘液も大量、呼吸困難で呼吸が早まり衰弱していく。各部に合併症が出現して最後を迎える。色素剤とともに清潔に洗ったウールを上部濾過槽などに敷き詰め濃しとるのもよくやる手だが、そんなに怖い病気ではない。見た目の病気らしさ、掃除・投薬対応の違いで魚病は良くも悪くもなり、初心者さん含め飼育水や溶存酸素の重要さ、生命の尊さ、健康の大切さを学ぶ絶好の機会となっています。メチレンブルー色素剤が入ってればなんでもOK。多目に入れ間違えても魚類にとって安全性が高いので初心者にもおすすめ。

・ニューグリーンF、グリーンF。奇麗だなと溶けるのに見とれていてはいけません!
・トロピカルゴールド:中級者以上で”まとめて最初に”を把握できる方向け。
・硫酸銅(海水魚):すぐに治癒させることができる。
・十円玉(海水魚):意外と使える。
・ヨウ素イオン樹脂抗菌剤(海水魚)
・グリーンFクリア:二酸化塩素(水成二酸化塩素)。淡水水草の共生する水槽全体を消毒、無色透明の効果弱の長期タイプ。
・ホルマリン~孵化場にて使用されていた。使用禁止
・オレガノ配合飼料~イクチオボドやトリコジナの予防。孵化場向け(ホルマリン禁止の代替え)。

<6 次はポピュラーな水カビ病を退治>

病気の中で分かりやすいのはミズカビ病(真菌症)である。これには先の色素剤で治癒できるが、低砂や濾過槽がそのままの場合に完全に除去できず水環境はすぐに崩れてしまう。その際に複数飼育で体当たりなどの争いがあるとケガをし、そこに水カビがついてくる。あまりにも酷い場合は低砂を取り去り濾過槽の掃除と消毒をし、ベアタンクにしてマラカイトグリーンで治療する。しっかりと環境さえ清潔にしておけばぶり返さないので白点病並みに対処しやすい病気の代表といえる。表で水カビが見えないとはいえ、鰓に張り付いていると狂泳、自分でコントロールできない泳ぎ方をするので、水カビ発生順序を考えれば推測しやすい。窒息の前兆だと考えて投薬を継続し収まるのを観察していくこと。楽観しすぎると手遅れになるので注意。尚、真菌の属する菌界(接合菌類、担子菌類、ツボカビ類、子嚢菌類、不完全菌類)からミズカビ類=鞭毛菌類はクロミスタ界の卵菌類に分類され、更に接合菌類のハエカビ類とされていた原虫性鰓病イクチオフォヌスも原生動物に分類するという学会提案があり、当サイト記事としては極力最新のカテゴリーに分類を直した。

・メチレンブルー系は初期段階で使用。
・マラカイトグリーン系(商品名例:アグテン、ヒコサンz)がトータルで良い。
・フレッシュリーフ:マラカイトグリーン以外も含有。水草に害の少ない他の病気への感染も想定した薬。

分類変更例⇒所属が微妙 デルモシスチヂウム症。

ドイツゴイからヨシノボリ、ウナギ、イワナに至るウロコが小さい(又はない)魚類に発症しやすい。皮下・筋肉内に入り込み菌糸を広げるので薬浴の効果がほとんどみられない。悪化していくと噴火のような状況となり筋肉が露出する。鰓への寄生も報告がある。コイや金魚の場合は冬に罹り夏に自然治癒するので水温をあげる処置を選択する。具体的には飼育水温を約30℃以上に上げると菌糸が崩壊するらしい。細菌に感染しやすいので予防的に抗菌剤を散布しておく。

=なぜか右のイワナだけが感染した。

= デルモシスチヂウム症

▲背びれ付近の白円が薬浴中にもかかわらず2か月間で徐々に大きくなり(直径1㎜⇒7㎜)、周辺の皮膚が広く3㎝ほど薄く黒ずんで膨隆し炎症を起こしかけている。白点病、水カビ病、穴あき病、ツリガネムシ、イカリムシ、ウーディニウム病ではなく、各種薬剤でも治癒しない。魚は元気であり、症状の進行スピードが遅いので菌糸が5㎝とか広がってきたときに焦ることとなる。しかしデルモシスチヂウム症となると水温をあげるしか手立てがないので冷水魚では治療困難。抗菌剤や駆虫剤トリクロホルンなどで他の病原を防いでもジリ貧、長期治療となりリセットし休薬期間として真水に戻すとエロモナス感染症など混合罹患して死に至るきらいがある。このように攻防のロールプレイングゲームに陥るデルモシスチヂウム症は、多数の球形胞子が観察されて真菌原因から原虫原因に扱いが変わったが、所属はいまだ微妙な疾病である。そういえば類似例として、ブランキオマイセス症も真菌に分類されているのだが、真菌の特効薬マラカイトグリーンが効かないという謎なものである。

マラカイトグリーンについて

魚類の殺菌剤、駆虫薬として古くから知られており、海水魚をはじめ観賞魚の水カビ病、白点病、尾腐れ病の治療薬つまり合成抗菌剤として用いられています。発がん性が認められたことから食用にする魚への投与は禁止されました。しかし観賞魚ではOKであるので魚病対策では使用できます。ときどき全使用禁止とうたうかたがいらっしゃいましたので、誤解を広めないように喚起しておきます。なお、マラカイトグリーンはオキソジンやイソジンと同属の消毒殺菌剤に分類されます。本章の後述”ウイルス~民間療法”の項で述べますが、金魚・錦鯉や熱帯魚のジャンルで多い魚病でイソジンを使用しています。実はこれを使わないようにとメーカー(明治製薬)から注意喚起されています。ちゃんと魚類用に販売されているアグテンやヒコサンz(主成分マラカイトグリーン)を使用するようにしましょう。なかなか効きます。メチレンブルーの10倍~20倍の毒性を示すということで慎重になっている方も多いらしいのですが、イソジンに比べれば弱い。イソジンは平気で使えるのにマラカイトグリーンは毒性が強いと尻込みする、強いというイメージならエルバージュやオキソリン酸もそうだよね、この矛盾は知識を得るしか乗り切れません。病原菌に効く理屈は、細胞を染色しその過程で活性酸素を発生、がん化させ病原菌自体を殺すというもの。水カビ以外にも効くし、海水魚の病気にも有効打を放てるけれど、ペット魚の長期飼育という観点では、水カビ以外ではなるべく使用しないようにしたい。殆どの菌に効くものの抗酸菌やサルモネラなど一部は耐性があります。

・アグテン:海水魚の場合は尿排出機能の差から淡水の半分ぐらいからでよい。
・ヒコサンz:同上
・フレッシュリーフ:同上

アクリノールは販売中止の予定。

水カビ病の原因として水質がすこぶる悪化した以外ではケガがメインとなる、そのケガの治療については極端な話、水が清潔で魚に体力があれば自然治癒していく。海水魚では小傷でも致命的で隔離しないと他の小動物に食い荒らされ傷口がどんどん広がり斃死する。兎にも角にも治癒力より病原菌の悪化が勝っている場合に投薬をする。いわゆる消毒剤=アクリノールだ。バイエル社が発明し、世界各国で外科、歯医者などで使用されてきた傷に対する消毒剤です。長い間、アクアリウム界隈でも使用されてきました。後追い実験や各国の厚生省への報告などで、感染に対しての防御機能をもつ白血球、マクロファージがアクリノールで障害を受けてしまうことが判明、また、組織の再生をになう繊維芽細胞なども機能障害を受けてしまうことが発覚。結果、アクリノールは一時的なものであり、長期的にみると副作用によるデメリットのほうが大きいと判断されました。傷の治療では抗菌剤で薬浴するほうがよいと思われます。2018年暮れから2020年、製薬会社の販売中止が順次行われる予定。観賞魚界隈では商品が変わっていくかどうか言及はなさそうでよく分かりません。

・ニューグリーンF(グリーンFには入っていない)
・グリーンFリキッド(グリーンFゴールドリキッドには入っていない)
・トロピカルゴールド
・トロピカルーN(微量含有)
・サンエース(微量含有)

<7 本格的に~細菌を手当たり次第に殺菌>

ここまでで初期の対応を間違えたり、不在していて発見したら数日経ってお腹が膨れていたり、目が飛び出していたり、コショウを振りかけたような体表、白い膜に覆われた体色が異常な感じ、呼吸が早い、フンが異常に長い等々、白点病のような簡単じゃ無さげ、なんだか調子の悪いのが治らない…こんな雰囲気を感じ取ったら重篤化、エロモナスなどの合併症となっている筈。単独の病気という考えはやめたほうが無難。弱るとどんどん重なっていくものです。そういう場合は細菌類を手当たり次第に滅菌します。まずは飼育水の中にいる雑菌や濾過槽のフィルター、低砂にいる雑菌をサルファ剤、フラン剤系で。グリーンFゴールド顆粒で行います。せっかく繁殖させた濾過細菌が全滅しちゃう…など躊躇する傾向があるのは残念なこと。啓発の仕方が間違っているのか、自然のバランスは病気を出したりの問題発生時点で崩れている。さっさとリセットしてやり直すという姿勢が治療にとっては大事です。清潔な水槽を実現する為、ぬめりまで落としてまっさらに、水道水を入れて少しだけ中和剤でも(既定の3分の1ぐらいで充分)。その中に薬剤を投入します。低砂も濾過も水槽も綺麗な状況で薬剤が本来の力を発揮、内臓が破壊されているほど重症でなければ結構治癒していきます。



細菌性疾病に罹ったと同時に環境に有毒物質が加わると病状の進行が加速する。対病原菌などへの耐久性が低下するからだが、急がなければ分析している間に死に至る。上のアロワナは18歳、出張から帰宅したら異変に気付いた。

例えば、一般の飼育水槽での出現率が高いエロモナス菌に対して適切な薬の効果としては、スポイトで強制経口投与(ナリジクス酸)や餌に混ぜた強制口径投与(スルファモノメトキシン=サルファ剤類)の場合、6-12時間後に体内の病原菌が少なくなり、24時間後には無くなっている。生体数としては2-3日後から斃死魚が少なくなっていく。この時差に注目すればいい。血中の濃度が24時間以上保たれれば確実である。これを薬浴でイメージし、生存魚を増やすにはどれぐらい薬浴が継続できるか、有効血中濃度7㎎/dlに達するまで間に合うのか…など想定していく。その想定が間違っていればダメだが「人間は考える葦である」を実践するチャンスであります。治療開始が遅くなれば魚体内で生きている悪い細菌が増え、合併症も出てきて、薬の効果が追い付かずに斃死してしまう。早期治療開始が重要なのは人間の医学と同じです。また副腎皮質ホルモンも治療では効果があるそう。ヤマメなんかだと銀毛化してしまいますが。アロワナなんかはメタリックに輝きますので珍しいとうたって高値で売られていましたね。

・フラン剤=エルバージュエース(海水魚の場合は淡水の規定量の半分でOK。浸透圧調整から排尿システムが異なるから。)
・フラン剤=パフラジンF(エルバージュの池用みたいな増量版。)
・サルファ剤=サンエース(アクリノール、メチレンブルーも入っている。)
・サルファ剤=グリーンFゴールド顆粒(フラン剤も少し入ってる)
・サルファ剤=ハイートロピカル
・水産用OTC散(テラマイシン)=オキシテトラサイクリン塩酸塩、レンサ球菌症など死亡率の低下。人間用では化膿止めやニキビの治療の軟膏。
・オキソリン酸=パラキソリンF、直接食べさせる経口投与で細菌感染治療薬の市販版。
・サルファ剤=スルファモノメトキシン。水産試験場など経口投与で完治実績、養殖場の業務向け。

経口投与は、特に重い鰓病では薬浴が困難になる場合が多いので、エラへの影響を与えない基本的選択肢である。

★抗菌剤の特徴。サルファ剤よりフラン剤のほうが魚体に吸収されやすい反面、長期薬浴には不向き。サルファ剤は長期的にいいのですが耐性菌が出現しやすい傾向があり、経口投与ができる・できないもあるし、薬浴での効果発揮は濃度に気をつけねばなりません。早期発見を見逃していた場合、治療が遅れたわけで魚体吸収の早いフラン剤を使うのが救命には必須の選択になるかと思います。

グラム陰性菌のみをターゲットにする

上で行ったのはグラム陽性菌(良い細菌が多い)、グラム陰性菌(悪いのが多い)を両方手当たり次第に叩くという治療法ですが、オキソリン酸というキノロン系抗菌剤はグラム陰性菌だけを叩くという傾向があるので、陽性菌(濾過細菌はこちらに入る)を大切にしたい人向けである。オキソリン酸の含有されたのはグリーンFゴールドリキッドやパラザンD・観パラD系。グリーンFシリーズは名前が似ていても成分がガラっと違うので注意が必要。オキソリン酸に弱い魚種がいるので、同じようなものと考えて投入したら一発でアウトという薬害を私も経験している。ちなみにイワナは14分の1から投入していき、7分の1の濃度でフラついて痙攣し始める前兆であった。半分の濃度ではひっくり返り死ぬ寸前であった。古代魚と言われるアロワナ類よりイワナはオキソリン酸に対して遥かに弱かった。ただグリーンFゴールド顆粒は規定量入れても大丈夫だったので、無理にオキソリン酸を使わない方法を模索した。この辺は研究していきたいと思う。

・グリーンFゴールドリキッド=抗生物質
・観パラD=抗生物質、パラザンDの後継薬。
・パラキソリンF、直接食べさせる経口投与で細菌感染治療薬の市販版。

グラム陽性菌のみをターゲットにするには

そんな薬剤があるの?という質問が多く寄せられていたので敢えて触れるだけですが、こと魚病の対策では決して出ることがない人間医療専用の抗生物質ジスロマック(zithromac)があります。ペニシリンなど抗生物質が数種類あります。お魚の病気では使えません。やむを得ず水産用医薬品以外の物を使用する場合には、薬剤として使用した物を吸着し、又は中和するための措置を講ずる等環境の汚染が生じないよう十分配慮すること。(56水研第797号)

=ヒト用です。人間ですら下痢になったりします。(気軽な入手は99%無理でしょう)

<8 寄生虫を考える>

釣ってきた魚、小赤、エビなどの生餌についてきたり、導入した水草に不運にもついて来たりして、結構たいへんな気持ちになるのがイカリムシやチョウである。見てくれが悪くなるのもあるが、なにより魚たちが気持ち悪そうにしているのが伝わってきて何とかせねばと焦ることとなる。私はチョウならニューグリーンFを投与して酸欠になりやすいのか体から剥がれて水槽内を泳いでいるのを網ですくう形を最初に選択する。またチョウは魚を取り出してピンセットでいけるが、魚が大きいと鰓の中に入っていたりして見逃すきらいがある。イカリムシも同様でピンセットで引き抜くのだが、幼生が水槽内にいるのでまたくっついてくる。濾過槽の物理ろ過部分(綿・ウール)を圧縮するほどガッチリ入れ込み、濃しとる方法で自然減を狙っても良い。心配ならデミリン、トリクロルホン系を登場させる。観賞魚界で駆虫の薬剤の主要成分はトリクロルホン、これは甲殻類には猛毒。変わってデミリンは甲殻類の脱皮阻害剤という農薬で間接的駆除、意外と魚には無害っぽく感じた。規定量の半分でも効果がありOK。尚、清い水を好む治療魚(イワナ)が複数100%が半年以内に腸まんに罹ったことを記しておきたい。とにかくイカリムシやチョウなどを退治できるのだが、死骸がしばらくついたまま。ここにミズカビやエロモナスなどがつき、不在していた4-5日間の内で腹水または水腫が発生、ポップアイにもなりかけており、エサも喰わなくなって2週間の闘病生活の末に愛魚を落としてしまったことがある。これは悔しかった。イカリムシ・チョウの治療後は抗菌剤を適切に入れておきたいとお勧めする。尚、えらに寄生する微小寄生虫、体表に現れる黒点病の吸血虫らは初期の塩水浴の段階で無害化・死滅していると想定するので、ここでは触れていません。

★トリクロルホンは魚類に対して中程度の毒性(96時間のLC50値は0.45~51mg/l)、エビ・カニなど水生節足動物は中程度から高度の毒性(48時間のLC50は0.75μg/l)である。軟体動物や微生物は節足動物よりも感受性が低いため影響はほとんどない。鳥類に対する毒性は中程度。水温30℃以上、pH8.5以上では毒性が強くなる。分量、用法さえ守れば問題が起きることはありません。LC50値=50%致死濃度のこと。

・デミリン:甲殻類の脱皮阻害剤。
・リフィッシュ:トリクロルホン、細菌感染症の治療成分が含まれている。
・トロピカルーN:トリクロルホン、値段やすい。
・マゾテン:トリクロルホン
・水産用ハダクリーン:スズキ目魚類(淡水のコイ目のように制覇した魚類)住血吸虫やハダムシの駆除剤。

そして線虫。腸管鞭毛虫病。本来は白点病の隣にでも掲載したいほどのメジャーなものである。ディスカスで有名だが、それだけの病気ではない。地球上の温帯から熱帯の汽水・淡水といった広大な範囲に分布している線虫。エキノコックスやアニサキスという人間へも苦痛を強いる有名どころを含め様々な種類がいる。魚の腸内に数が少ないときは普段通りだが、数が増えてきたり、魚自身が弱ったりの原因で、線虫が腸内から別組織に移動したりすると症状としてあらわれてくる。まずは普段はおっとりしていた魚が怯えを見せ始め、次に下痢、体被の退色、摂餌不良、そして痩せてくる。このころに飼育者が気づく場合が多い。その後進行するとふらつきや狂泳、急いで塩水浴やメチレンブルー系、黄色くなる薬系を投入する。こういう治療を開始している間に腹水による体の腫脹で「これは別の病気じゃないか?」と頭の隅によぎり始め、ポップアイが出現し、悪い場合は自分自身で激しい動きをして筋肉剥離を生じて背曲がりのようになってしまう。手遅れになる典型な疾病といえましょう。この寄生原虫の駆除にディスカスならトリートメントハンバーグ(ディスカスハンバーグ)があるが、食わない、食欲がない、他魚の場合、アクアリウム界隈ではヒト用のメトロニダゾール(商品名例:フラジール)が用いられている。入手はヒト用ゆえむつかしい。抗トリコモナス剤として1957年から使用され、細菌のDNAを切断する作用が知られ、病原菌には大きな毒性を示すが、魚をはじめヒトへの作用は少ない。嫌気性菌(空気を嫌う細菌)オンリーに効き、ピロリ菌やアメーバ赤痢を排除するためにも使用する。ニキビ用の軟膏もある。このメトロニダゾールは嫌気性菌ではないグラム陽性菌やグラム陰性菌に対しては効果はないと報告があるので濾過材はそのままでOK。しかし一方でこの薬は蛋白結合率が低く、血中にとどまらず組織に移行し、また尿中排泄が遅延する。つまり、組織にとどまり排泄しにくい薬剤と考えられるので特に3日を超えて長期に薬浴するのは危険であろう。さらにこの薬剤は脳の関門橋を突破し、アルコールのように脳内にも移行・残留するため、末梢神経障害、中枢神経障害等の副作用が現れることがある。こうなったら泳ぐどころではないので、せっかく治癒したと思ったら期間を置いて飼育魚そのものが死に至る。飼い主は別の病気で死んでしまったと考えることだろう。素人中心で行われる”民間療法”の危険なところである。

←進行する浮腫とポップアイ。通常の薬がまったく効果ないので魚結核、条虫寄生症も疑う。

線虫の病気が「魚の病気と治療」で取り上げられにくいのと、フラジールが魚病薬として認可されないのは、上記を読めば容易に理解してもらえたと思うが、海水魚と淡水魚の排尿するシステムが違うこと(浸透圧調整)など、対象魚による投薬注意や薬浴期間の判断をその都度しないといけないからである。人間に対して処方箋が必要なのは医師の診断で副作用を含めた判断が必要だからであり、海水魚、金魚や鯉やサケマス、シクリッド系各種による熱帯魚でも同じ方法ではいけないからと察知していただけるはず。よく読んで注意点を守っていただきたい。ちなみに人間の場合は特にアルコール分解阻害作用もあるので、お酒飲みには「酒は控える」注意を促す。分解が速攻で出来ずに悪酔いがひどくなるからね。

・トリートメントハンバーグ(ディスカスハンバーグ)=食欲があるうちに。
・アスゾール=動物病院で処方可能。成分はニトロイミダゾール系抗菌剤、つまりメトロニダゾール錠剤です。
・フラジール膣錠=発泡錠なので水槽では使いやすい。人間用。

★普段は腸にいる線虫、魚が弱ったり死んだりすると腸から筋肉など別組織へ移動する生活史がある。釣魚を〆たら直ぐにワタを出すというのは刺身で生食したい釣り師のお約束。釣りあげてから生かさず放置して帰宅後にワタを抜き三枚におろして調理した場合、こわい、こわーい腹痛が待っているかもしれない。人間の体内では、アニサキスは1週間ほどで死滅するが、サナダムシ(条虫の代表格)なんかは死なない。とりあえず人間にとっては昔からある病気なので対策も普通にある。生餌をあげている肉食魚を飼育している方は、池や川の野外で採取してきたものをペットに与えるとキャリアーとなる可能性がある。他の病気で闘病していたら、本来、治せる程度の病気が、線虫が移動して内臓を破壊、ダメ押しの腹水が発生してしまう…ということも知識として得ておいてください。

<8 ウイルス疾患と民間療法の注意報>

私のようにサケマスを飼育し釣った遡上魚を治療したりとしていなければ、まずウイルスは持ち込まない。コイの品評会など出品時にコイヘルペスに感染した、金魚の品評会で…などと報告は上がるが、感染頻度は一般アクアリストが心配するほど高くない。ヘルペスウィルスは28℃以上になると活動を停止する。しかし気付いた時には別の病気に複合感染している場合が殆どであるため、治療できるじゃないかと単純に温度を上げると他の病気が悪化する。認可された市販魚病薬は残念ながらない。人間用としてはウイルスを退治してくれるイソジン。イソジン消毒液とイソジンうがい薬、水産用イソジンとあるが、区別せずの使用法で弱らせて病気を悪化させ死なすケースの方が多いようだ。観賞魚治療で使えるのは卵の消毒の水産用のみであり一時使用オンリー、うがい薬などでは人が飲んだり、決して鑑賞魚には使用しないことが製造元である製薬会社により注意喚起されている。確かに消毒という面ではイソジン成分のポリビニルピロリドンが変質し(本来のヨウ素より)遥かに毒性を持ち一見すると治療効果を発揮するようだが、半年~1年後には鰓に巣食ったそれにより急激に死に至る場合が多い。民間療法を使わなくても上記項目までの治療で(魚類の持つ好中球など防御作用・治癒力により)なんとか完治できる。というより純ココア浴やトウガラシと同様に民間療法を使用している場合、低砂や濾過槽がそのままだったりして”治療知識”の根本がズレている。水合わせなどに神経質な反面、濾過槽掃除のサボリでは1年以上放置がざら、ウールなどの新品状態のまま徹底に洗わないで使用開始の手抜き、病気が出ているのにバクテリア温存の器具洗浄(バクテリア育成ではなくヘドロ育成になっている)、慎重さは目に見えない場所への配慮に発揮してほしい。普通の薬剤をまっさらな綺麗な水槽で使用し、出来ることから一つ一つ治療する方が確実である。その為の薬剤であり、使用法が正しければ多くの症状を安全に且つ確実に治すことが可能である。その過程でウィルス疾患まで治癒していることが多い。治らない場合は民間療法の前に治療環境を見直すことが最優先だと私は思う。上で触れたイソジンを使用するなら、医学生物学的にはオキソジンやイソジンと同属の消毒殺菌剤に分類されるマラカイトグリーン(商品名例:アグテン、ヒコサンz)を使用すればいいのであり、調べて納得いただければと思う。

・水産用イソジン:ウイルスキャリアーの連鎖を断つための卵の消毒剤。一時使用のみ可。
・イソジン消毒液とイソジンうがい薬:魚類への使用不可
・中性電解次亜塩素酸水:有効塩素濃度50ppmに60秒浸漬で大半を殺菌。イソジンと同じ。
・純ココア浴、エラ病等で鰓に障害のある魚へは一気に悪化を促す。水槽の環境破壊をも促すので注意。
・トウガラシ含有成分カプサイシンに殺菌作用があり甲殻類へは無害といわれる。
・オキシドール:30分以上の薬浴は危険。扱いが難しいので治療では使用しないこと。生体を除いて藍藻除去に。
・ホルマリン:塩とホルマリンを混ぜると毒素が発生。吸い込み、廃液に注意。環境保護の観点からも使用してはいけません。

<9 繰り返される疾病の対処・注意点~環境を振り返る~>

よく聞く「腸まん」のように消化不良、腸閉塞、細菌性内臓疾患から来ている症状、ないし腎臓肥大と見えるお腹がやたら大きくなる症状、幾ら治療薬を投入してもぶり返す肌の剥離、眼球の濁り、粘液の多分泌、白点やミズカビ。まず間違いなく低砂がひかれ、汚濁した濾過が稼働し、水替えすら3日で元通りになってしまうほどの水質悪化が原因と思われる。薬剤を投入しても無駄なほど。ミズミミズが出現し水質浄化に役立つという生態系があるのを喜んでしまう方までいる。そこそこの加減が必要で、疾病の場合は兎にも角にも綺麗で清潔にすること。見た目で透明な飼育水でも信用せずに真っ新にしてやりなおすこと。これを面倒くさがらずに行えば、きっと愛魚は助かる率が格段に跳ね上がる事でしょう。環境要因も見逃しがないだろうか?水槽部屋でバルサンを焚いてしまった、その際に煙が入らないよう水槽をビニール袋でしっかりと覆ったか、防ダニ・カビ入りの芳香剤とか、防ダニシートとか、フマキラーなどの殺虫剤を使った等、実際にはこういった見逃しケースも多いと推察できる。以前にも触れたが、投薬の粉末(特にグリーンF系)をしっかりと溶かしていたのかまで振り返ってほしい。人間での病院で院内感染が問題になったことがある。徹底的に洗浄した病院と予算の関係上そうできなかった病院とでは随分と仕事量が違うと言います。人間も家畜も魚類も生物であれば共通するものがあります。

藍藻(水槽内の壁にできたコケ)にはシアノトキシンという毒素を生成するものがある。哺乳動物の肝臓毒性や神経毒性を示す。魚類でも生体の入ったままコケを洗って2週間~1か月後に生体が水腫、下痢を起こして病気と思い、投薬を繰り返して薬害で病状加速、死亡したことも多いと思われる。飼い主は根本理由に気づかないからこそ魚を入れたまま洗ってしまい換水なし。よく調べて環境を整え対策しよう。藍藻は藍色細菌の群生・集団イメージです。流水殺菌灯、オキシドール - 過酸化水素水の使用で消え去る。そもそも細菌類なのでサルファ剤、フラン剤、オキソリン酸も効くゆえ治療中に多少減少。いずれにせよ魚の調子が悪くなった一要因として考慮を入れるのをお勧め。原因不明と思っているなら尚更、もしも…の場合があるからね。

・流水殺菌灯~ラン色細菌から原生動物まで減少させることができる。
・オキシドール(傷口消毒用2.5~3.5w/v%) - 過酸化水素水(工業用)←藍藻除去
・エクスタミン淡水用
・アンチグリーン淡水用~成分不詳~
・木酢液~製造工程により品質にバラつきがある。酸性PH3なので留意しましょう。

<10 薬剤治療を中止するタイミング>

薬害で死亡する前兆、即座に水を無薬にして回復を祈ること。フラつき、エサの喰い損ね(場所を間違えている感じ)、目の異常(かすれ、突出気味発生)、痙攣の前兆、呼吸がかなり早い、活性低下、急に元気になったかのような異常さ。大概、末期状態では規定量の投薬にも耐えきれず、体力も生命維持で限界になっており、少しの加減で生死が分かれる。治療の名のもとに最後の背中を押してしまうことが王道である。これを避けるには投薬後30分間は必ず観察し、少しでも異常が発生したら半分の水替えで様子を見るという姿勢が必要。これで死にかけても助けれる確率が高まる。重症化した場合、悪化はすこぶる早い。限界の投薬量は徐々に下がってくるので、1週間前に大丈夫だったからといって同じ分量を投薬するのは慎重になっていただきたい。これが意外と救うコツである。中止を強いられる段階で何とか生存できている場合、まずは餌を中止し、フンが完全に出るのを待つ(絶食療法)。通常の投薬ではエサは特に制限しなくてもいい。水が汚くなり水替えが頻繁なほど大食漢であればエサを普段の半分ないし3分の1ぐらいに制限すればいいでしょう。絶食療法の場合はかなりの重体(内臓機能障害)になっているケース。一旦、消化器官や内臓を休ませる。少し普通になってきたかなというぐらい回復したら徐々に与え始めます。少しずつ与えずに今までと同じぐらいあげると死亡する魚が出てくるので分量を守ってほしい。特に異型細菌性鰓病の治療報告で顕著だ。エサをあげ始めたら何故か死んでしまったというトラウマになる。2週間ぐらいで回復しない場合は生存可能性は残念ながら低い。フンはゼリー&ゲイル状で腸内に収まっており肛門から排出される際に水を吸って太く大きくなります。



病気中は怯えて錯乱し、水槽ガラスに衝突し死亡事故も起きる。必要があればタオルなどを利用してガムテープで覆うと少しは防げる。特に遊泳力のある魚には。

★投薬後、時差を置き、2日間ぐらいして危篤状態になった場合、半分の水替えを実施、アクアセイフや水道水にコントラコロラインで中和してみると多少元気が戻ったような印象になる(場合が多くある)。病気が治癒したわけではなく、投薬の薬か塩浴のいずれかに対して感受性が高まっていることなので、適時、薄めて休薬期間を設ける。休薬時に生き続けるのであれば、手ごたえを感じることができる。希望が持てる。

★鰓病の合併症を併発している場合、なんとか機能しているエラへ致命傷を与えてしまうのが投薬である。エラへの影響を与えない基本的選択肢で経口投与があるものの、ここまで来ている魚はエサを食べない。スポイトを用い強制的に胃まで飲ませることで行うが、その作業で弱らせてしまうことも多い。したがって”絶対に落としたくないペット魚”の場合、ほんのり薄く色づくレベルのメチレンブルーを入れ細菌の増殖のみやや抑え、以下の低温不活性化で時間を稼ぐが無難であろう。

<11 低温不活性化で時間を稼ぐ>

たとえば病魚の鰓を観察して上皮が著しく肥厚していれば毛細血管が圧迫されていることだ。これにより血行障害、循環障害が引き起こされ、肝心な塩類の吸収、排出機能も麻痺、すなわち生存しているだけで奇跡…な状態でも頑張っている魚に報いたい。そんな最後の手段で行う方法。薬浴は長い期間をかけて行った、それでも改善せずにジリ貧。数種類の疾病にかかり、更に内臓機能も障害があってエサを食わない。死を待つばかりという魚。この場合、残された安全な方法として「限界の低水温にて放置する」があります。低水温になればなるほど溶存酸素は増え呼吸が楽になる。鯉などの温帯性魚類は概ね8℃以下で冬眠に入る。私は渓流釣りをしますので、変わった魚を釣った場合、生かして持ち帰ります。16リッターや26リッターのクーラーボックスにブクブクですから何匹も入れると大変。そこで仮死状態のように氷を入れ水温を低くします。サケマス系は冷水魚なので出来れば4℃以下。金魚でもコイでも冷水魚たちと同じように数℃に耐えられる。短期冬眠みたいなもので機能低下にして病気の進行を食い止め、生体防御機能で徐々に回復させるのを目的とします。熱帯魚ではそれぞれの種類で調べて設定します。薬害を体から抜いて何とか復活させたい一般的に行える最終方法でしょう。一方、水温を上げるのは冷水魚を多く扱った経験の為、上昇させずに治すことをモットーとしています。酸素溶存量が減るのでメリットが少ないと言いますか、水温を上げたら鰓腐れ病、尾腐れ病の細菌や寄生虫の活動が活発となり逆に病状が悪化してしまったりするデメリットを考えるなら、上げないほうが無難と確率論的に言えます。水温をしっかり管理するためには水槽用クーラーのハイパワー機とヒーターの併用が必要です。

★例えばエロモナスで実験データを紐解くと、渓流魚のアマゴでは5度で死亡率0%、10度で95%、15度で100%、キングサーモンでは3.9度で死亡率8%、9.4度で48%、15度で58%であった。明らかに水温が低いほうがエロモナスの活性が鈍る。

★例えばエピスチリスは水温12℃以上で活性し繁殖する。そして30℃でも死滅しない。11℃以下で魚体から離れてシストを作るので、そのタイミングを目指す。治ったと思ってそのまま水温を上げると活性し始めるので再発する場合が多い。水槽や器具の洗浄が必須という一例であります。

<12 外科手術>

ヒレに訳の分からない病変が出来て切除するなら半分~3分の1で留めること。3分の2以上切除すると再生しない場合が多いので気を付けること。鰓めくれ(鰓まくれ)はカッターでは粘膜により滑って切れない、大型なら硬くて切れない場合があるのでハサミ推奨。切れ目を入れると綺麗に治る。目ダレは眼窩の脂肪上下を切除して治すが失敗すると目が当てられないので不慣れな方は避けた方が望ましい。軽症ならば放置を勧める。脱腸は出ている部位を水平に綺麗な消毒済みのハサミで切り取る。卵巣ガンは産卵できずに斃死するので麻酔を使った開腹手術が行われている。難しそうだが部位が出口に近いために脱腸切除と同じ難易度扱い。難しいのは浮袋の手術。一部の切除した浮袋が回復するにつれ神経も正常化、転覆病の治療法として公開。その私が行った転覆病の手術ですが、当時、私は写真を現像してアップするというネット状況でした。すなわち手術を成功させたのも随分前のお話です。最近になって同じようにやった人がいるか調べてみますと成功せずに失敗している人達ばかりではありませんか。そして転覆病の区別すら混同しているものも多くなっており、なんだかおかしな情報が多い。専門家のサイトすらそのような感じ。本来、治療してこそ価値がある。治療に成功している人のやり方が正しいわけで、なんだか塩や薬剤、民間療法の垣根も変、材料や飼育法に対する勘違いが蔓延っているように感じました。尚、腸満を引き起こしている卵巣がんの摘出手術の様子(画像)は全日本錦鯉振興会のサイトで公開してあるものがある。解説共々、併せて参考にしていただきたい。

・麻酔剤 FA100

<13 戦い終わって器具洗浄>

病との長い戦いが終わって最後の処理。石鹸でパイプの中まで洗えれば細菌類は死滅している。ウイルスまで死滅させようとするなら、さらし粉、逆性石鹸を用いるのがいいでしょう。ウールマットなど交換消耗品は積極的に廃棄すること。廃液は溶け込んでいる薬剤の種類によって中和や吸着などの手段で極力無害化して流すのが望ましい。

治療法の最後として、合成抗菌剤として含まれている有名どころを一部ピックアップしますと…

メジャーどころ
オキソリン酸 通称OA アクアリスト向けに混合市販されている効果弱の薬剤。
スルフィソゾール 通称SIZ よく効くが、抵抗力を持つ菌が多くなっている。
フロルフェニコール 通称FF 耐性を持つものが少ないので併用するとOKだ。
他の抗菌剤
スルファモノメトキシン、リンコマイシン、アモキシシリン。
上のメジャー3つと合わせて6つが研究者などがよく使う薬剤で水産試験場でも同様。
養殖ブリなどにも使用されるので、研究界隈なら聞くことが多いビック6薬と言えます。
業務用ではない市販薬(参考として)
素人使用の安全性に配慮しながらメチレンブルー(消毒色素材)、ニトロフラゾン(抗菌)、
先のオキソリン酸(抗菌)などが、適当に混合されている。
品名としては、エルバージュ、ハイートロピカル、グリーンF、グリーンFゴールド、
グリーンFクリア-など多数有り、診断を間違えても何かが効くようになっている。
麻酔剤 FA100:バケツに水と病魚を入れ2~3滴を加え掻き混ぜる。10数秒待つ。
これを病魚が引っくり返るまで繰り返す。安全性は高いが重篤魚は避ける方が無難。

以下からは、病気治療の上で知っておきたい魚類の知識です。


転覆病の誤解について

「転覆病」を語句検索すれば圧倒的上位に金魚がすぐに見つかるのは、ここを読まれているのなら通った道ではないでしょうか。確かに丸っこい魚体ゆえに浮袋が調整しにくいと思われるし、症状が多いのも納得です。私が見るに他の症状から来ているものが多そうです。金魚はもともとフナという頑丈な魚であり、それを弱らせるほど症状を進ませているから転覆症状=死亡率高いとなります。原因を浮袋に求めるのではなく弱らせている大元の原因や合併症を探って治療するのが近道と思えます。こと水産業界の「転覆病」では、マハタやキジハタ、シマアジなど養殖業界で深刻で全滅させます。かれらの魚体は普通のトマホーク型、転覆病の魚をPCR法、間接蛍光光体法にてウイルスを検出、発見された亜種らしきものを含めた共通するウイルス(SJNNV)はしっかりと見つかっており、それが引き起こす症状をウイルス神経壊死症(VNN)といいます。サケマスは遡上や寿命の関係で転覆病を治癒させるよりも殺処分など防疫を重視する傾向がありますが、マハタなどではかなり頭を悩ませている模様。弱っている転覆症状かウイルスによる転覆病か、区別は微妙で難しいですが”転覆病”に拘りすぎないことが重要かと思います。手術まで行わず注射器のような器具で浮袋の空気を吸い出して治したケースでは転覆病のウイルス(SJNNV)は見つかりませんでした。空気を抜かなくても自然治癒する別の原因が主です。

←有気管ウキ袋

どうして違いがあるのか?
←無気管ウキ袋

取り囲む毛細血管から
気体を滲ませ溜める。

シマイサキやカサゴなどは釣ると音を出しますが、それはウキ袋を動かして出します。(⇒ウキブクロ解説

魚にはリンパ節がない

本文中に記述していましたが、例えば魚類にはリンパ節がないことを知っていた方はどれほどいらっしゃるでしょうか。人間でいうリンパ節は外部の雑菌などに対する体の防御機能をつかさどっています。リンパ液やリンパ球を運ぶためリンパ節が相互に管で結ばれ流れています。大きなものや数は外部にさらされやすい首回り、脇の下、太ももの付け根に集中しています。急に大きくなったりした場合は炎症か悪性腫瘍(ガン化)の疑いがあり、足に患部があったら首のリンパ節が腫れるとか遠い場所に位置していながら関連するケースもあります。魚ではリンパ節がないため、リンパ球に類似する作用の物が体内にあり、好中球など白血球の一種がキラー細胞として感染細胞を破壊します。すなわち外部より病原菌などが入ると魚体全体に回りやすく悪化しやすいことが言えます。反面、細菌類の侵入を防ぐために粘液や鱗のような鎧で体を強固に守っています。私が考えるに、魚はリンパ節がないため病原体の進入時の防御作用は弱くても、回復力という点では備わっており、内臓機能障害などは絶食で修復しやすいと思います。浮腫や水腫で胃腸にゼリー状の異臭のする物質がたまっていながらも、絶食中に排出され浮腫が収まってきて驚くことが多々ありました。腸閉塞などでなければ回復させることはヒトよりも容易かもしれません。コイやフナ(金魚)、ウグイのような強靭な肉体を持った魚では、病魚に余力があれば硫化マグネシウム(MgSO4)で薬浴させると排出がスムーズになる(肝機能や腎機能の向上)、更にビタミン類(特にB群)の添加により排便を促す純ココア浴のような方法も採れるでしょう。(サケマスのような鰓が高性能=弱いものだと弱らせる危険性が高いです。)ちなみに魚の腎臓は背骨に沿ってある血合いです。人のリンパ節につきましてはリンパ浮腫について(医学雑談用)をご覧ください。硫化マグネシウム(MgSO4)はエプソムソルトという名称です。

同じ病原菌でも魚種によって感受性が違う

我が国のサケマス養殖の中で問題となる「せっそう病」を例にして取り上げたい。まずせっそう病とは常態菌であるエロモナス・サルモニシダが引き起こす。名前や場所を変え金魚から幅広くみられる。ニジマス養殖のころ、めったにこの病気はなかったが、アマゴ・ヤマメ・イワナの養殖が確立されてから問題になってきた。治療法確立と出現の差を調べた文献によると、ニジマスとイワナはこの病気に対して強く、アマゴとヤマメは弱かった。興味深いことにDNAでは差がみられない同種内の変異、サクラマスとヤマメでも強さの差がみられたことである。降海型サクラマスのほうが陸封型ヤマメよりエロモナスやIHN(伝染性造血器壊死症)に対して弱かったのである。スモルト化が強く出現するヤマメとアマゴでは、そのスモルト化を境界線にして病気の強さの差が出現する。スモルト化が目立って出現しにくいニジマスとイワナは感受性が弱い(病気にかかりにくい)。また、自然界におけるイワナでは殆ど出現しない病気がせっそう病である。このことから、問題となる病気の出現が環境要因によることが大きいと判断でき、飼育水槽や池の清潔さなどを徹底すれば患う確率を減らせると推測できる。各種薬剤の効果のほどもデータではっきり示されているので当記事を参照して各々の読者は治療への応用に努めてほしい。日本の人里離れた最上流に棲むイワナから海の海水魚まで、この病気はこの治療法…といった一律の病名、治療法ではなく、それぞれの魚種に合う治療を施すよう調べて実施するほうが早道だし効果を肌で感じるから身につきやすいと思う。

エサ取りのみなさん、勢ぞろい水槽写真
イシダイX2

メジナX1

カワハギX2

ベラX1

フグX1

海水魚は排尿の違いから淡水魚より”尿の毒”が強いので濾過細菌が定着するまでも長い。立ち上がってしまえば、なんて簡単なんだろうと飼育しやすさと可愛らしさでエサ取りといえども油断できない。特にイシダイは頭がいい。スケールイーターのコトヒキ(シマイサキに似ている)なんてのもいて、観賞魚っぽいから生かして持って帰り水槽に入れると大変なことに。釣れると「え~ガッカリ」というヒイラギなんて、大変美しくてびっくりした程。

水素での治療を研究?新治療法発想か!!!

細胞の死を防ぐという効果がある水素。人間では脳死患者さんの治療へ寄与できると慶応大学病院をはじめ12の医療機関で研究が進められています。私は瀕死の魚が「天を仰ぐ」レベルであれば低温不活性治療を選択していますが、水素も使えるかもしれないかと感じています。思えば胡散臭いとオカルトレベルの評価を受けている「水素水」。濃度的に基準がなさそうで公表もされていないので詳しく分かりませんが「水素水」が人間には効果があるのかどうか、人間にとっては水レベルのものだろうけど…と思いながら、飼育魚に使ったらどうなるのか?どなたか清水の舞台から飛び降りてみませんか?いや失敬。このことはまだネット上にて触れられていないことを確認しましたが、科学は道具であるというスタンスから一度実験してみたいと思っています。

=昔の研究メモ(手書きです笑)

流水ポンプや人工波発生装置、ディフューザーなど必要か検討

私も初心者のころ、特に大型ゴミバケツ水槽やタライなどを卒業したある程度お金が使える社会人になった際に、便利グッズをしこたま採用していました。低砂もばっちり、海水水槽では分厚いサンゴ砂、プロテインスキマーからイソギンチャクやホヤなど、特に凝ったのは水流ポンプ、人工波発生装置、マイクロバブルを応用するディフューザーでした。これで60㎝から180㎝の水槽での流水発生や溶存酸素の補填は充分。しかし実際に使用してみると、お魚にとって本当に必要かどうか疑問に至り、最近は使用していません。海水魚では月の引力による潮の満ち引きがあり、食いに影響しますので釣り人は潮見表は必須ですよね。しかし水槽内ではそんなの関係なくエサを食う。自然の海でも温排水があればそこの排出のあるなしで行動が支配されるようになる。潮見表も関係なくなります。リンク先は中部電力温排水口。母方が中電の幹部だった。敷地内の岸壁は釣り人に開放されており、磯投げ情報誌の連載中にネタにしたもの。懐かしいな。

=60㎝から180㎝まで人工波発生、流水ポンプなど

本当に自分の水槽で必要なのかは、人に聞いたりするのではなく結局自分で使用して肌で効果を感じて採用するのがいい。不要になると勿体ないと思うでしょうが、これもまた趣味の通過儀礼みたいなもの。Rioシリーズのコレクションはあと1-2種類買えばコンプリート!!!実際に使っているのはRio400を90㎝水槽のみですが。NIWA-WaveSは強力な波を発生させれましたね。120㎝水槽でも楽勝。水流が合っていない場合の判断としては、魚の体力を奪って白点病に罹るかどうか、で観察してください。特に放置していた水槽で使用すると、水槽内の汚濁を巻き上げ、速攻で病気になってしまうことすらあります。清潔にしているつもりでも上部濾過槽の下部の汚れや壁についていた有毒性のコケとか想定外の悪影響が出る場合があります。(コケの正体は細菌類ですからね)。

<飼育コツ>

過剰な濾過槽を設置するのもいい。しかし、最初の設置までは汗だくでも頑張れるが、時を経るにしたがってメンテに手抜きが加わって、ある日限界を迎えて病気が出始める。慌てて塩や魚病薬を水槽内にそのまま投薬、治らない、死んでしまいそう、なぜ?、と右往左往してしまう。複雑な濾過システム、分厚い底砂・飾り、ディフューザーなどの流量を低下させるグッズの数々、そういう運命が来ることを決して忘れずメンテに万進できる人にしかお勧めできない。上手く飼育するコツというなら、フンを濾過に吸い込ませないように水槽内の流れを工夫し、小網で毎日一回ほどこまめにフンや残餌を回収すること。病気は持ち込まない限り出ないし、愛魚が病気になっても治療開始が容易い。濾過槽の掃除や水替えのスパンが異様に長くできるのもOK。4か月に一回の水替え、普段は足し水で賄うのみでOK。水質に厳しいイワナやヤマメですら。アロワナやプレコや金魚なら10か月ぐらい水替えしない時もある。濾材は水替え時または後に数日置いてウールマット部を半分交換したり、リング濾材は洗ったりする程度(…すらしないことも多い)。毎日のフン取り作業が面倒でしょうが、それだけ愛魚と触れ合えます。愛魚本来の寿命に近い年月を全うさせれますよ。これが私の工夫を繰り返して辿り着いたシンプルイズベスト。

この水槽であれば新魚の導入時、海水魚でも熱帯魚、金魚でも、水質に最もうるさいイワナに至るまでドボンです。水合わせはしません。プラス・マイナス3度以内で片方の水質が極端に違わなければOK。体調を崩したら寧ろ「早期発見できた」と喜びます。病気を持っていない元気な個体なら問題ない筈です。通常「水合わせが必要」といわれる理由は、飼育者の水槽の水質がかなり悪く差があるという前提です。極端な話、アユやヤマメの放流時に河川と養殖池の水合わせはしません。ブリ・イシダイ等の釣り堀ですら。

=水質安定を徹底。我が家

人間の大規模病院のVIPルームよろしく病魚のVIPルーム。ハイパワーの水槽用クーラーを装備。水温管理が重点なのは溶存酸素量(DO)管理でもあります。

=モンハナシャコの飼育。二匹、我が家の海水水槽。

海水魚では病気の兆候が見つけにくく、体表の変化以外では気づいたら死亡という事が多く見られる。これは海水が立ち上がれば相当な変化にも緩衝力が強く働き、その甘えにつながって管理の手抜きが加わり汚濁水槽となっているからである。硫化水素のヘドロが発生しているのに低砂やフィルター掃除で海水内に広げてしまい数日後には死亡、飼育者は掃除をしたのになぜ?と原因に行き当たらない。通常、魚の体力・健康が限界に達して初めて表に病状が出てくる。それでは遅い。大型魚ですら救うことは基本、白点やウーディウムなどの(簡単に判別できる)原生動物寄生虫ぐらいしか対応できていないのが現実。海水水槽は、立ち上げまでは長期間必要でむつかしいイメージがあるが、立ち上がってしまえば淡水水槽より簡単。これを利用して病気専用水槽を用意しておき、病魚を引っ越しさせると投薬できる体力まで回復させることが可能。イソギンチャクが死んで毒素をまき散らし魚ともども全滅というような飼育者は病気についての知識を普段から得ておきましょう。何を重視したらいいか、何を軽視したらダメなのか。飼育とは産卵増殖するまで可能なことを言います。”生かしているだけ”のテクニックを飼育初心者がまねしても同じ失敗の道を歩むだけ、長期飼育を実際にしている人の水槽や病気についての科学的な思考を「まずは徹底的にマネする」ことによって初めて応用が可能です。上の写真のモンハナシャコの飼育では水質管理を徹底し病気を持ち込まず、軽い病気なら本人の治癒力でなんとかする、という方法しか採れないが…甲殻類の病気は薬剤が使用できても濃度が難しいし困難なので、治療を専門とする私が直面している研究対象であります。そもそも病気分類からして再現実験すらできないし未研究ばかり。

=サツキマスとクロダイでの慣汽水実験

淡水魚と海水魚の境界域である「汽水」。サケ科は1か月半の間を汽水域で体を馴染ませる。浸透圧差を克服するため排尿システムを適切に機能させるためだが、この塩類濃度について魚病や飼育での間違った使い方が多く見られる(後述:治療目的の塩の使い方)。ちなみにこの実験は1992年ごろのものです。長良川河口堰ができたらサツキマスは全滅するかもしれない…の知見目的。サツキマスは長良川最上流のイワナエリアで釣った海からの遡上もの。クロダイは河口より離れた防波堤にて釣ったもの。水槽内で2年目で仲良くしていた。

★初心者向け注意:イソギンチャクやナマコの仲間は死ぬと毒素を出すものが多いので死なせないように最も重視、他にイカ・タコ・オウムガイなど生息の温度などが違うもの等、飼育しにくいものを中心に水槽内を設定していく。飼育困難なものを中心にして他の強い魚はその環境に慣れてもらう工夫が必要なので、基本をマスターしない限り手を出さないようにしてほしいところ。昼行性・夜行性、水質・水温・相性・食性・毒性などの個別知識は必須。短期間しか飼育していないのを、さも長期間の飼育をしているかのようにPRする飼育論はネットでも散見できるが、そういうのをマネしないよう見抜けるぐらいの知識を得ていないとダメ。

獣医師や魚類防疫士などを頼ろう

私自身も魚の病気の相談をかなり受けてきました。しかし質疑応答に対する説明が大変労力がかかりました。病気の発生メカニズムの根本や治療の水温の設定から薬剤のグラム数、果ては申告されている病気が正しいかどうか画像から検討したり。本業からメールを見るのが遅れることも普通。ネットの無料相談の限界です。このページで書いていることでも魚病の基本でしかありません。どんなジャンルにでも専門家というのは想像以上に知識があるものです。プロはプロに任せる、是非とも動物病院を頼ってほしいです。人間と違って保険がきかないから高額と思われてる方も多いですが、そんなことはありません。お住いのそばで探してみてください。あなたの大切なペット魚は、きっと助かりますよ。特に医学もさることながらアクアリウムでも民間療法から間違った知識のままベテランやセミプロになられてしまった方、獣医師のアドバイスも的確で目からウロコ、貴方の飼育スキルの向上に更に役立つはずです(きっと)。また資格保持数は少ないものの魚病に関する専門的知識及び技術を有する魚類防疫士は、各養殖場、孵化場、水族館などへ巡回し、薬剤の使用方法が適切であるかどうか、病気の発生具合や器具を用いた簡易診断を行っている実務に強い専門家です。ネットで発見したら(今は不要であっても)いざという時のためにブックマークしておきましょう。飼育テクニックについての専門家も存在し観賞魚飼育管理士といいます。

★私が勤めていた病院でも…医学では、若き医師の一つの訓練で「正常な人のレントゲン写真」を繰り返し見て把握させます。そうしてようやく些細な異常が判断つくようになります。見慣れていなければどんなレントゲン写真でもみんな一緒に見えてしまいますよね。ブレることがないように徹底的です。これは全ての物事において右往左往しない大変重要な”真理”でもあります。

・獣医師:大学にて専門教育を受け国家試験に合格した者。魚病学関連も増えてきている。
・魚類防疫士:日本水産資源保護協会による技能試験に合格した者。当初、農林水産省が行っていた。
・観賞魚飼育管理士:日本観賞魚振興事業協同組合による技能試験に合格した者。2級や3級とランクがある。

終わりに

私は小さい頃からペットをよく飼っていました。まさかお魚でペットロスにかかるとは思わなかった。そのお魚はイワナ(名前:おうさま)。あまりにも可愛く、フレンドリー、賢さと健気さに魚を見る目が変わり、もう一度会いたい、もう一度触れ合いたいと願ってやみません。

=私は釣ったサクラマスやサツキマスがメインだったが…

一般家庭におけるアクアリウムの最も難しい魚種は?と問われた際に、私は迷わず「海から遡上してきたサツキマス」と答える。一般の方が考える渓流最上流に棲む水質にうるさいイワナではない。イワナは産卵後も生存し長寿で餌付けも容易な部類だ。鳥などと違い、成魚からでも慣れる。一方サツキマスは、多くのサケマス専門書で「海からの遡上サケ科サケ属はエサも食わない、産卵後は100%死ぬ」と語られるだけあって、工夫をしないと餌を食ってくれない。釣った直後に黒いフンをしているので野生でエサを食うことは確信していた。しかし餌付けからして困難なのだ。私はその困難さを克服するために色々と工夫した。そして餌付けを成功させて雑誌や新聞で取り上げられた。最高の飼育年齢は5年半(通常長くても3年)。海からの遡上は大きさやパーマークのあるなし等ではなく、耳石と鰓の塩類細胞の量で判別した。1998年ごろの話。サクラマスのことも聞かれるが、サクラマスは大きいといっても”戻り”や湖沼型の場合が多いようで、ほぼ無難に通常の餌付けができたので正しかろう。あくまで関東や北陸で釣ったサクラマスまでだが(北に行くほど陸封型が減り降海型が多いのは常識)。それにしても飼育困難なものにチャレンジしたいというのはある程度スキルの高まったアクアリストなら通過する儀礼じゃないだろうか。ブリーディングに挑戦するとか、魚病を研究するとか、アクアテラリウムに切り替えるとか、楽しみ方はいろいろある。私はそれからも熱帯魚や海水魚や、観賞魚系からイセエビからハマチまで自宅の水槽で飼育したが、サツキマスを超える魅力のあるものには出会わなかった。しかし、出会ってしまった。それが飼育しやすいと早々に卒業したつもりだったイワナである。

=一緒に暮らせれて楽しかったよ!笑顔

多くの魚は餌付けができると目が可愛くなる。そして普通にみられる「エサくれダンス」。しかしその先があったことに初めて気づかされた。エサくれダンスとは違う人懐っこさ、愛嬌、ギャクキャラまで演じる稀有な魚イワナ。そして顔が笑顔に変化していった特別な「おうさま」。初めての驚きだった。病気の際は彼の笑顔が消えた。治療が終わると笑顔に戻った。しゃべりかけてくるような動作も頻繁。こんなことがあるなんて!まるで妖精じゃないか。頭がいいというイシダイを遥かに凌駕していた。イギリスへ2年間行くという話が持ち上がった時、おうさまの処遇で悩んだ。リリースしたら釣り人に近寄って「遊ぼうよ?」なんてしそうだし、英国まで連れていくこともできない。知人にお金を払って2年間預けるかという考えにも及んだ。#私はサツキマスなど飼育し治療し、産卵に参加できるようリリースしに行っていた。

=病気になると「しょんぼり顔」のおうさま。

=治ると笑顔が戻る。模様を見れば判断できる通り同じ個体。

今まではサツキマスやアロワナなど多々飼育してきた。イワナだって数十匹を尺以上で釣ってきて育てた。このおうさまも人里離れた奥秩父、荒川源流の小沢にて36-37㎝で釣り、初めての関東の尺がみ岩魚としてクーラーボックスでえっさえっさと山を降りて運んだものだ。歩いたり岩を登ったり下ったり、その衝撃で彼も疲れ切っていただろう。帰宅にも長時間かかった。しかし彼は人間嫌いにならず、何年もの長い期間を共に楽しく過ごした。素晴らしい経験だった。白っぽく角度を変えるとシャンパンゴールドに輝き気品があった。周囲のサツキマスやサクラマスと喧嘩を売られても喧嘩せず、果ては自分より大きな55㎝ニジマスすら従えて縄張り争いすらさせない平和な水槽の中心に座した。そこから「おうさま」という名前になった。この魚、何かが違う…。来客がみて、他の慣れた魚とは一線を画す仕草を「イルカみたい」などと形容した。彼が寿命をかなり超え亡くなった際、私はペットロスに陥った。これも初めての経験だった。

それ以来、イワナをメインにして「もう一度、彼のようなイワナに会いたい…」と飼育し、多くの大型岩魚が愛嬌ありの懐きっぷりを見せてくれた。頭をなでなでするどころか、体までニギニギまとわりついてくるし、なでなでしてと手や腕に寄ってくる、胸鰭との握手まで普通に!(握手だけはバランスを崩すため長くはできないが)。肉食魚で縄張り意識が強いはずなのに他魚と仲良く泳ぐ、果てはエサ金と一緒でも食わずいじめなくなり人工エサのみバクバク食うようになったりと、野生の習性を学習や理性で乗り越えたかのようなイワナたちも少数だが複数飼育した。おうさまの魂が一部乗り移ったかのような。逆に飼育し続けていても慣れてはいるが基本は本能のまま普通のイワナと変わらないものも多くいた。そういえば以前飼っていた小鳥でもカゴの外ではフンをしないという常識はずれな賢い子がいた。興味深い。まことに興味深い。研究肌に…私の頭に電球がともった。古来「イワナの怪」、「岩魚坊主」などの民話というか童話・逸話があったが、時々、イワナの中に混じっている特に頭の良いイワナがその元だろう。しかし未だおうさまを超える魚には出会っていない。私は一応、大学で教鞭まで取った科学者の端くれ、こんな話は出来ないと自負していたが、お許しいただきたい。

ありがとう「おうさま」、そして現在も自宅にいる愛魚のイワナたち。



淡水魚表紙     海水魚表紙     UMA表紙