タキタロウやナミタロウについて

湖の怪物なら現在居る可能性が極めて高いのは巨大魚類系でしょう。
全長2〜3mの山形県朝日村大鳥池の「タキタロウ」や
3〜5mの新潟県糸魚川市高浪の池の「なみたろう」です。

←タキタロウ・山形新聞(1983-9-17)

←ナミタロウの記事・東京新聞(1989-11-18)

↓これが3.5m巨大怪魚の魚影
(糸魚川市観光課許諾により転載禁止)

▲ナミタロウです。赤線枠ね。

タキタロウやなみたろうもアマゾンの巨大魚ピラルク並みに大きいわけですが、
ピラルクーの違法放流でもあったのでしょうか?

Arapaima gigas←ピラルク

しかし、両者とも冷水なので、放流しても熱帯のピラルクは1日で死にます。
他に巨大な可能性の有るものは、”サケ科”です。
1.5mのキングサーモンよりも遥かに大きいため、世界最大のサケ科魚類の記録になるだけでなく、
重要な水産・タンパク資源として日本の食文化に貢献する事でしょう。

生物学会を震撼させるよりも、水産業界を震撼させます。
特にタキタロウは、昔食べた人が多かったらしく赤身で大変脂が乗っていて美味しかったそうです。
食卓に上る様に期待したいところです。

キングサーモン(和名:マスノスケ)ですら、北海道で時々捕れる程度の日本。
世界最大のサケ科魚類が住んでいるとなれば大変な事件です。

私は引用・転載する書籍の部分はページ数を付記したりしてそのまま抜き出しています。
ちなみにサケの肉は白身でOKその解説はここにあります。

ところでサケの肉とマグロの肉は「別の赤」。実は違いが判ったのはそんなに前じゃないんですよ。
陸封型のヤマメ(白身)と降海型のサクラマス(ピンク肉)が同種と分かったのも。
つまり、今までは肉の色が違うから別種と考えられてきました。
古い図鑑なんかをみると、別種にしている記述のものを発見できますよ。

タキタロウの正体は?

サケ科のイトウ属・イワナ属・ニジマス属だけが可能性有り

産卵しても死なないのは、サケ科イワナ属、イトウ属、ニジマス属だけです。

タキタロウやナミタロウは、アメマス(イワナ属)やエゾイワナと言われるのはこの為。
一方、ニジマス属は、ノーマルな状態でも海に下りるのは1.4mを越します。
スティールヘッドといって、アメリカカナダの重要なルアー・フィッシング対象に
なっています。

大きさから言って可能性があるのは、ニジマスが最適です。
しか〜し!ニジマス属と推測されないのは何故でしょう?

ニジマスは最も皆さんが良く知っている「マス」だからです。
水温25度まで大丈夫なことから養殖が容易で、倍数体も実際に放されていて
(公では放流はダメ)スーパーでもごく普通に並んでいます。

タキタロウやナミタロウがニジマスであると、ちょっと夢が壊れると…。

しかし、巨大なニジマスは一般的に馴染みがないですから充分バケモノです。
スーパーマーケットクラスが見慣れた大きさですからね。

ヒメマス説はダメ

他のサツキマス、サクラマス、ギンザケ、ベニザケなどのサケ科サケ属は死にます。
最高でも5年目で致死遺伝子が発動し、死亡します。大鳥池の巨大魚タキタロウでは
ヒメマス(サケ属)説がありますが、産卵のシステムから自然界での巨大化は
ヒメマスでは無理です。

←サツキマス(サケ属)作者研究モノ

ただ、残念な事に、タキタロウの特徴がサケのオスのような鼻曲がりだという事。


オスだけなの〜?とツッコミたいところですが、良しとしましょう。



また、魚の住み分けに注目してみましょう。

・湖心(湖の中央)・・・・・ワカサギやヘラブナ、ヒメマスなど。
・湖岸・・・・・ニジマスやイワナなど。

タキタロウが泳いでいたエリアには、どんな魚が該当するのだろう…。
大型になる魚が居なければ、未知の魚の可能性が出てきます。

定説となった学者の鑑定について

大鳥池のタキタロウの展示されている幼魚標本は、幼魚という風貌ではなく、
老成したイワナにしか見えません。
渓流釣りをする人なら、どなたでも直ぐに分かると思います。

また、過去に捕まえられた魚を二人以上の学者が下した鑑定結果は
以下です(TVとか本で定説となった鑑定です)。

・エゾイワナ系のアメマス

・アメマス系のニッコウイワナ

・ニッコウイワナ系のアメマス

・アメマス系のエゾイワナ

でした。

鑑定がそれぞれ違っていたから新種の可能性が有る…とのことですが、
これらは基本的に新種でもなく、鑑定が違っているわけでもなく、
サケ科イワナ属の同じ魚といっても差し支え有りません。

アメマスは海に下りたタイプのイワナの総称。

▲鑑定された当時、アメマスとイワナは別種でした。
近年では亜種とされています。

ここに書いていますが、魚類学者が論文で発表した遡上サツキマスは
”消化酵素は働いていない学説”をわたしがくつがえしています。

私が新聞や本で発表したのは1999年にもかかわらず、まだまだ「食わない」と
書いている本が多いのが現実。

学説は変わる事がありえますので”絶対正しい”ではありません。
変わっても、人々がそのことを知らなければ昔の学説のままです。
(マジメなセリフをはいてしまった…)

「ウンチクなどはもう良い、オレは実践だ。タキタロウを釣るぜ!」
という方の為に、ちょっとご案内しましょう。

大鳥池を解説するぜ!!!さぁ、実践で勝負だ。

山形県朝日連峰の奥深く、車止めから歩きで2時間半。
周囲4km。最大水深68m。陸水学では池ではなく湖になります。

大鳥池は、東大鳥川が流出河川です。その川は、ダムで遮られ、
その下流で赤川になって日本海へ注ぎ込みます。海〜ダムまでの赤川には、
サケやサクラマスが遡上しています。ダム以上はイワナになります。
ダムで海←→大鳥池の行き来は遮断されています。

夜は星空が湖面(池面)に反映し、怪しい幻想的な雰囲気が楽しめます。

<施設>

朝日村

「朝日村山村開発センター」・・・・・・・・ホルマリン漬け

大鳥集落

「タキタロウ釣堀」・・・・・・・・・・・・・・・・養殖のニジマスとイワナ
#子供が「わ〜!タキタロウだぁああああ」と叫んでいますケド…。

「タキタロウ館」・・・・・・・・・・・・・・・・・・巨大レプリカ
「タキタロウ広場」・・・・・・・・・・・・・・・・レクリエーション施設
「タキタロウオートキャンプ場」・・・・・・上に付属。立派。

大鳥池

「大鳥小屋」(タキタロウ山荘)・・・・・・立派な建物。結構人が居る。20〜30人。
何と言っても、雑記帖が有る!これで過去の事が判ります。
しかし、イワナ美味しかったとか、小さいのしか居ない〜とか、釣れなかった…とか
普通の釣り日記みたいです。

<周囲・釣り解説>

周囲4kmの内、1km程が歩いて回れるところ。残りは険しくて入れません。
一番のポイントは、東沢。最大の流入河川で、産卵遡上はここに限られます。
タキタロウ山荘から20分ぐらいで近い。

遠浅なので、酸素も豊富。魚の回遊場所としては一番です。
ただし、心無い釣り人が、ゴミを捨てて行くので、あちこちにビニールや
空き缶、ミミズの箱やら釣り糸が落ちていて少々ガッカリ。

6月頃までは、大変美味しいヒメマスが釣れるが、その他はイワナ系がメイン。
ただし、20cmを越えるイワナが殆ど釣れない事が多い。しかも、養殖放流の
ヒレが切ってあったりするイワナなので、天然狙いの上級者にはガッカリかも。

他にはアブラハヤが多い。フライ釣りの選択でハヤの入れ食いになるケースも。

放流を沢山していても、余り釣れないということは、自然環境はそんなに良くない
と思えます。タキタロウが居たとしたら、絶滅をしないで欲しいと切に思います。

近くに三角池という場所も有ります。歩道がありますので、行ってみるのも愛嬌。

ボートを持ってはいる!という体力の自信のある人以外は、釣りはフライや
ルアーがメイン。東沢ではエサ釣り。山荘のすぐ下でもイワナは釣れます。
(ボートは一応禁止。学術調査と言う面目を持って役所・漁協に交渉しよう。)

釣行される方へのアドバイスを兼ねました。頑張ってください!

PS:タキタロウがカタカナなのは、地元の人が「たきたろうXXX」という商品を
商標登録した為。ひらがなでは公では書きにくいのですって。

PS2:現在、ボート全面禁止夜釣りも禁止なので、試したことのない
夜釣り投げ電気浮きつり(海釣りバージョン)が出来なくなって残念です。

オマケ

国会議員でもある大仁田厚氏とTVクルーがタキタロウを捕まえに大鳥池まで
乗りこみました。その時、変わったイワナが獲れたそうです。
(分析の結果はハッキリしていませんので、普通のイワナだったのでしょう。
またはヤマメなどとの混血種とか)

夜は獲った小型のイワナで塩焼きなどをして山の幸を堪能したそうです。羨ましい!!!
でも実は禁漁期間内であり、特に漁協などには許可を貰っていなかったそうです。

簡単に言えば横暴(密漁)!

いや〜TV関係の皆さんは高飛車で、何をやっても許されるゾ…というような
心理があるんじゃないッスか?気持ちは解るけどさぁ〜〜〜〜〜・・・・って、

イカンじゃん!!(怒)

++ halcionさんより

毎度楽しく読ませてもらっています。今日和。

幼少の頃から生物好きで釣りやら昆虫採集やらが好きでした。
それで「釣りキチ三平」を読んだりもしていて、
タキタロウについて少し興味が あっ たんですが、

特にタキタロウは、昔食べた人が多かったらしく赤身で
大変脂が乗っていて 美味しかったそうですっていう事らしいですが、
サケ科っていうのは肉はピンク色とかだったりしますけど赤身じゃなくて
一応白 身な んじゃないでしたっけ?

まぁ昔の話なので食べた人は赤身に見えたって事かも知れませんけども……。
逆に赤身の回遊魚系だったら面白そうじゃありません?

「実はマグロの仲間でした。」とか。 画像も何も手元に無いので記憶だけですけど、
昔(3〜6年前?)「Rod and Reel」というルアーフィッシング雑誌で、
タキタロウをルアーで釣りに行くっていうコラムがありました。

それで正体不明の魚の骨格標本の写真あって、
それがタキタロウなんじゃないか って 言われてるらしいですが、
記憶だと背びれがかなり厳つかったような。

頭の骨とかもしっかりしてそうだったので
シーラカンスとかみたいに生きた化石 みた いな魚かも知れないですね。

まぁ素人考察なので考える必要も無いかも知れませんがー。

<コメント>

私は引用・転載する書籍の部分はページ数を付記したりして
そのまま抜き出しています。
ふふふ…、私が思って書いたわけではなく、
オリジナル書籍が「赤身で大変美味しかった」と報告をしてるのです。

ところでサケの肉とマグロの肉は「別の赤」と知ったのは何でしょうか?
白身と書いていたのは、本でしょうか、TVでしょうか、学校かな?

実は違いが判ったのはそんなに前じゃないんですよ。
陸封型のヤマメ(白身)と降海型のサクラマス(ピンク肉)が同種と分かったのも。

つまり、今までは肉の色が違うから別種と考えられてきました。
古い図鑑なんかをみると、別種にしている記述のものを発見できますよ。

結論

タキタロウは、かなり現実感のある巨大魚と思います。
大きさが10mといわれなかったのも信憑性の高さです(笑)

タキタロウはチョウザメという説もあるみたいですね。

オマケ:岩魚の骨酒

骨酒というのは山の男たちの大好きなおさけ。
お酒に素焼き(そのまま焼いたもの)にしたイワナを入れて味わい深いダシにし、
回し飲みをする伝統的な贅沢品です。

この骨酒は、同じ渓流のやや下流に住んでいるアマゴやヤマメではイマイチだそう。
塩焼きで大変美味なアマゴ・ヤマメでは脂分が多くて、イワナほどの味わいが出ないのが
その理由と言われています。

脂分が少ないイワナだからこそと言えますが、やっぱり日本最上流に住む魚だから
ムード(趣)が骨酒に合っているのでしょうね。

渓流釣りをする私はもちろん両方とも作って呑んだことがありますが、実はお酒が弱くて、
微妙な味の違いはサッパリ分かりません。(チョット悔しい)

機会があれば、みなさんも是非味わって頂きたい!!!

次のページで滝太郎の魚拓をご紹介致します。



戻る     表紙   ⇒衝撃魚拓ファンは閲覧注意!!!