エサを食わないと言われる理屈を考えてみる

エサを食わず、攻撃性で釣り針・エサ・ルアーに食いつく説が広く流布されました。
しかし、これはサケ類だけでなく、魚類を超え爬虫類など全ての動物にありますから、
9月〜絶食している遡上マスが食いつくのは全く普通の魚と同じで特別ではありません。

いつも釣れるのだったらエサを食う普通のことなので、食わない説が出ることもありません。

サクラマス・サツキマスは秋に行う産卵に向けて、徐々に産卵群泳に性格が変化し、
その頃には、たとえ目の前にエサを持っていっても食わないです。
上から覗き込んで釣り糸を垂らす見釣りの人にとっては、「エサ食わない」となるのは自然。

また、魚病になりますと餌食いは基本的になくなります。
ヤマメ・アマゴは海と渓流の生活のためか元々魚病に弱く、特に汽水域で浸透圧を慣らす際、
酷使するエラ(腎臓フル回転みたいな)が弱いです。

=白点病。マスは病気に弱い。(釣った魚)

▲緑色に着色しているのは消毒効果のあるメチレンブルーなどで治療中だから。

サケマスがかかる魚病は「白点病」を筆頭に「水綿病」、「尾腐れ病」であり、容易に観察する事ができ、
TVのサケの産卵シーン、渓流で釣りをしていても水綿などが体についているマスも見れます。
合併症含めボロボロです。そう、それです。他では「冷水病」で養殖魚が全滅したりします。

コイヘルペス(KHV)のような疾病まで幅広く魚たちを襲いますが、
自然界では抗原抗体反応の弱い魚ゆえ、自然治癒せずに最後は死亡します。
餌を食っている場合じゃないのが正直な所。

河口から上がってきたばかりの遡上魚でも、腹をさばくと何も入っていない場合があります。
こういうケースの魚を診断すると、白点病と尾ぐされ病を発症していました。

また、余談ですが、30cmを超える魚には”ちょう”という円盤状の寄生虫も多く魚体についています。
汽水域に特に多く存在しているソレは、サケマスだけでなく、クロダイなどにも同様に巣くってます。
体液を吸う寄生虫ですが、その荒れた体表から白点虫も”より”つきやすくなる理由です。

↓は浮き袋の病気で作者が外科手術を施し復活した魚。自然界で治る事はない。

 ←普通は祈るだけです。
     ↓
不治の病=転覆病の治療法を確立(手術方法を解説した古い記事です)
     ↓
 ←自然界では決して治癒しない

サクラマスがオスメス群泳し、釣り人にも容易に確認できるほど集まる時期は9月。
ほとんどの遡上マスたちは疾病にかかっています。

海と川を行き来する浸透圧の違いに耐えて弱った体には疾病は一発です。
そして食欲は消え、たくさんいるのに一匹すらエサを目の前に垂らしてるのに釣れないです。

ヤマメ・アマゴは人間でいうところの白内障が非常に起きやすいようです。エラ病同様。
10年前、調べてみると、人工のエサ(銘柄はあえて明かしませんけど)で起きるケースが高く、
何らかの関連がありそうですが、あくまで”頻度が多そう”の程度で証明は出来ませんでした。

研究機関でも数年前この件に注目、関連性がある(らしい)との論文は出たそうですが、
どの成分なのか、風評で”クリル”を多く与えると背骨が曲がるとかいう噂もありますが、
実際は確定ではなく、まだ関連性が見つかっていないようです。

PS:専門にしていた方が、全部読まれ、もしも反感を持たれたのなら、BBSでクレームするより、
ここよりも、もっと好い記事を書かれネットで公開してください。それを読ませて頂きます。
過去の困った例=サイト内にある
転覆病治療法にて魚類研究者やアクアリウム専門家、ショップ店長さんなど、
多くの”専門の方々”から「水温を(30度に)上げればいい」とクレームがBBSにきました。マジ勘弁して下さい。
ヤマメの治療をソレで行ってください。100%全滅です。


捕獲後、一匹だけ水槽に入れ「フン」を観察してみた。

元々サツキマスたちに接したキッカケは致死遺伝子研究で遡上サツキマスや
サクラマスを集めた事から始まりました。釣ったものに加え多くの捕獲協力はヤナでした。

ある日、釣ったばかりのサツキマスを2匹別々の水槽に入れ観察してみると妙にフンが気になりました。
何故か?エサをやっていない絶食グループとは違う”濃いフン”をしていたのです。
変だなと思って考え始めたら「食ってるかもしれない」という結論になるのに時間はかかりませんでした。

数匹〜10数匹程度のデータや観察では話になりませんから、更に魚を集め、長期展望で調べました。
ほとんどの魚は、水槽へ入れ暫くすると白点病になり、餌付けも出来ずに死なせてしまったことが多々。
天然の遡上魚を河口の漁師さんから、海でのもの(常滑港沖)、上流での魚……。やっぱり濃いフン。

数週間後、エサを与えても食わないので、フンは「半透明な緑系」になって死んでいきました。
死なせたのは、後に捕獲から移動、水槽内での飼育技術も下手で病気にさせたという理由でしたが、
その頃は気付きもしませんで、なんとか死なせないよう、工夫を始めました(目的変更)。

単独飼育でなければフンに気付かない。複数を水槽に入れる水族館、大学や水産試験場などでは、
餌付けも出来ず、フンの違いも分からなかったはずです。
研究の出発点が違うと結果も違う。素人ではない科学者は、こういう点を注意すべきと思う。

←単独飼育でなければフンに気付かない。
複数を水槽に入れる水族館、
大学や水産試験場などでは、
餌付けも出来ず、
フンの違いも分からなかったはずです。

研究の出発点が違うと結果も違う。
素人ではない科学者は、
こういう点を注意すべきと思う。

その後、工夫したのが、汽水域(1/3海水)に戻った錯覚を与えてみよう、というもの。
すると、すぐに食い始めました。これだったのか!!!と思った私は自然に基調することに慎重になり、
汽水じゃなくとも食わなければ意味がないし、食欲を無くす白点病の発生に
思いっきり神経を尖らせるようになりました。

結果、ヤナなどに乗ったサツキ・サクラマスを餌付け95%という高確率で成し遂げました。
しかし、そうなると何故に水族館や大学、水産試験場が飼育に失敗し、
どうして消化酵素なしという説に移行していったのか分かりませんでした。

調査しましたら、ただ単に、全て失敗したのは複数飼育だったことと、
移動手段に消毒せず疾病にかけてしまった理由から。ダメだったと推測しました。

で、私が至った結論は、食わないとされたのは間違いじゃないか?ということ。
結論は食うということでサンプル集めとデータ化を進めました。
100例以上を個人出費で実験したのは、今思えばバカでしたが。

学術において自然界で実験する事はほぼ不可なのですが、水槽でも誰もが対象実験を出来て、
研究結果を共通に出せるのが学説となります。食う・食わない説は噂レベルであって科学じゃない。
私の述べているのは、ある程度のスキルがあれば誰もが確認できる事実です。

また、9月になると激痩せのアマゴ・ヤマメが釣れることが増えてきます。
そのことから、30cm前後のアマゴ・ヤマメも食わなくなると推測し、日照時間の差を実験し始めました。
結果、陸封の連中も日照時間を短くすると食わない現象が起き、つまり遡上魚と同様です。

釣り人が頻繁に遡上型を見るのは、ほとんど群泳して集まってからの時じゃないでしょうか。
特に9月後半の渓では産卵行動のためマスが群泳しますからね。
ところが、時期が違う、理由の分からないV型魚群というものもあるので、まだ正確に説明できません。

おおよそ、狙う釣り人が「全然食いつかないよ」と思うときは、イコール「食わない結論(経験則)」。

しかし、遡上も陸封も時期によって絶食となることが分かり、それは大きな卵巣の発達により、
胃を始めとする消化器官を圧迫し、食べたくても食べられなかったり理由が存在します。

実際、遡上型・陸封型の両者とも餌付けの期間は8月までは1〜2週間、
9月漁獲のものは1ヶ月ぐらいかかるケース割合が増えてまいります。

釣り人の噂はあくまでも経験則ですから、以前は絶食説に傾いたり、
食ってる写真を出せば、一部だけが食うと釣り人説も変わりますので、
研究側は、そのような反響や意見には左右されることなく、あまり押し付ける形にならないように、
解り易く多くの方へ説明するべきですね、としみじみ思う。

エサを食うのだったら、釣る方法もルアーや100回流しの攻撃性を狙ったワザではなく、
ポケターンとする(ブッコミみたいな)方法もいけるはずです。



表紙     次へ