推測はどこまで正しいのか?

サツキは海水温が高いから、サクラより早く遡上するの謎
冒頭に書いた部分についてなのですが、冒頭ってどこの部分かといいますと、
「水温が原因で海では夏を乗り切れないと推測」です。

サクラは1年半の期間を海で過ごし、サツキは暖かい伊勢湾などで半年を海で過ごします。
このため、産卵後は死亡する宿命のサケ属ですから、当然寿命の差になってきます。
差がつく理由は海水温が暖かい関東以南に棲み分けしているサツキは夏が乗り切れないから、
水温の低い晩秋〜初春の半年間だけ過ごして遡上するという説。

これなんですが疑問に思われないでしょうか。実は海水温の差というのは正確ではないと思います。
海は深いので(海表面88%が水深1,000m以上)少し潜れば充分冷たいですからね。
それにサツキマスにも80cmクラスがよく見れます(釣るのは難しいが泳いでいるのは観察できる)。

サクラマスと同様に、サツキマスも同じ期間、海に降りているのではないだろうか?

短い期間は本当に学者が言ってたのか心配になりますが、水深10数メートルの躍層の下は冷たいので、
充分、冷水魚に適した水温10度台になります。学者が知らないとは専門分野が違うのかしら。

海や湖の冷水塊(躍層)

これの動きによって釣果も変わります。
躍層を挟んで対流が上と下で起きてますが、
水の交流が少ない為、温度の安定度も違う。

泳いでいる時、上昇してきた冷水塊に足が触れ、
「うわっ!!!めちゃ冷たい」という時のイメージです。
足の筋肉のマヒで溺れたり、心臓マヒになって、
最悪のパターンを迎えることも。

夏は水深7-8mにあるケースも多く、
湖だと上部は貧酸素になりがち。
上層に張り出すと岸辺に魚が避難、爆釣できる。

特に海より湖の方が温度差がキツイようですから、
遊泳は気をつけるようにしてくださいね。

夏を乗り切れないって釣り人からの伝聞で、経験則や感覚で説にした噂だったのかもしれません。
科学的に同意するなら、サツキマスは浮き袋の性能から海水面下の躍層まで深く潜れず、
従って春から夏にかけての温度上昇が耐えられないので、たった半年で渓流に遡上する…ならOK。

一方、潜れないのを証明するのだったらマッコウクジラやゾウアザラシ、イルカ、ジンベイザメのように、
水深感知センサーを搭載した発信機を降海型の体に埋め込み、追跡調査するのが科学的。

遺伝子的に半年で遡上することになっているとか、何でも説明できてしまうDNA説は要注意、
妙に人々は納得してしまうので置いておきます(最終必殺技として温存するのさ)。

ということで、多少の頭を使ってみますと……。

サクラマスどころかイワナ、イトウ、ニジマスなど海と川を行き来している魚たちは、
1ヵ月半もの間、河口の汽水域(1/3海水)で体を浸透圧の変化から慣らせます。
半年しか海に居ないサツキマスなら1ヵ月半(1/4)の期間を河口で慣らすわけですから、
行き来の2回を足せば半分の期間を汽水域で生活するのですよね。効率の悪い生活ですね。

兎にも角にも、証明されているかどうか不明な説=噂を鵜呑みにせずに、
自分で調べてみることが重要、お金があれば自分でセンサーをつけて放流、研究するべきでしょうね。

常識レベルになっている説でも疑問が湧くものもある…と、そんなことが言いたかったのですけど。

こうやって展開すると、海の温度差で遡上が早まるとは”変な説”にみえませんか?
我々は既存の説に納得してしまい、何か重大なことを見逃し気がついていないのかもしれません。

エサを工夫してみよう

話は変わりまして。作者の手とマス飼育の際に利用している餌。

鑑賞魚用(大型肉食魚用) オキアミ

サケマス類は、とにかく行動派なためエネルギー補給のために大食漢ですから、
他の魚類と比較しても、エサが直ぐに無くなってしまいます。出費やばし。

上の餌をご覧になられて何か感じられませんでしょうか?ミミズでもなくイクラ、川虫でもない。
それでもガバガバ食うのは、普段使わない餌でも試してみる価値があること。

私が過去試したのは湖産エビ、モエビ、イソメ、ゴカイ、オキアミです。実績が出ました。
しかし、他の雑魚が来ないので遡上魚にターゲットを絞れますが、出会うまでピクリともしない寂しさと、
一匹を釣るまでは「この餌でいけるのだろうか?」という不安が強く襲い、ソレと戦うことです。
ミミズで他の小魚を釣りながら出会うのが一番一般的だなと思いますが、ご紹介まで。

いつもお世話になるメジナ釣りをする渓流店主さんもイソメを試したり、
どうやら、多くの釣り人にとっては、新たなエサを探して有効かどうかってのも趣味なんですよね。

そして、賢い魚は小さい餌を選んで食う傾向があります。
大きな口を持つサクラ・サツキマスですら、でかいオキアミ餌より、
割れた5mm程度のカケラを好んで食べてます。
水槽内を安全と学習し慣れて来ればガバガバ食い始めますが。

まさに賢さイシダイ級です。そんな大物たちの食性傾向も興味深いです。
後半で違うエサに関するネタを使います。最後まで読まれ、貴兄・貴女の釣りに役立たせてください。



表紙     次へ