ヤマメ・アマゴは「エサが傷ついたら見破られる」への疑問

エサを交換しなさいとは言われるが、その理屈を考察します。

「エサの傷で食いつかない」というのは、すでに常識として渓流師(たにし)に根付いています。
一般的に考えれば、彼らはそれほど目が良い…というのが解釈ですよね。
目が良い他の動物で例えれば、猛禽類(ワシ・タカ)に匹敵すると感じます。

しかし、そんなに目がいいのでしょうか。クロダイらと違って色彩感覚はあるそうですが。

ところが、それぞれを司る細胞数を調べますと、魚は一般的に目が良いわけではないです。
それじゃ、どうして傷ついたエサは避けるのだろうね?不思議じゃないでしょうか。
一応、解説する前に基本を押さえておきましょう。長くなりますが我慢ください。

まずはスーパー基本の「魚の視覚」は以下。知らずに語ることなかれ。

=見える範囲のイラスト

魚の頭上は約100度の範囲(サケは97度)。

光が水面から空気中へ出ると屈折のおかげで広がって、ほぼ水平になります(=視野)。
正直、釣り人が姿勢を低くしても存在を感じ取る事が出来ます。
当然お気づきの「雨日は結構イケル」というのは「水面が波立って見えない」に近いです。

上から魚を見るのと水中に潜って横から見るのとでは魚の警戒心が全然違うように感じます。

 

上からは要注意なのに、渓流魚だけではなく、海水魚、淡水魚とも横からの接近は警戒心が弱い。
学習能力なのか習性なのか、自然界では横からの攻撃があまりないのでしょうか。
又は敵を発見するのが遅くても避け易いので警戒心が低いのかもしれません。

 =魚は330度も視野があります。

距離感が掴めるエリア(複視)は30度、片目エリア(単視)で150度です。
人間は前方のみ複視・約80度。関係ないけど上方50度、下方70度、
内方60度、外方100度というデータ。人間の目は視野は狭いですが、性能はかなり好いです。

=目の解剖イラスト(魚は右)

人の目は丸いです。人間はピント合わせをする際、筋肉で容易くレンズを変形させる。
魚の目は全体として楕円形。魚はレンズが丸いので、ピント筋肉調節が難しいです。
ということで、サケ類は色彩感覚があり近視です

また、マスはよくライズしていますが、跳ねている時に人間を見ているでしょうか。
魚が見ている世界と、人が見ている世界は違いまして、理由は光の屈折率。
我々はプールなどの水中で目を開けると、ぼやけますが、それは空気中に適したピント合わせ、
上の図の通りの筋肉だからです。

目の構造イラストでもお分かりの通り、魚のピント合わせは水中に適したもの。
人間は水中メガネというアイテムを発明し空気の層を間に挟んで水世界を観察できますが、
魚は空気中ではボヤボヤでしょう。ジャンプしても残念ながら余り見ていないようですし。
ただ水中から見るぶんには岩に乗って釣り糸を垂らす人を明瞭に見ているかもです。

そして話はまたまた飛んで、目よりもメインの感覚器官はあまりにも知られている側線です。

=側線の図解。

上から、側線管、クプラ、側線神経。水の出入が非常にスムーズ(構造)。

目(視覚)は意外なことに殆ど使われていません。使うのは以下のような時に限定されるほどです。
そして、素早く岩の間を泳ぐ時や夜は、目を使わず振動感覚と嗅覚だけで行っているようです。

釣り糸を認識してはいない

…とすると、もう一つの疑問、魚は釣り糸をどこまで認識しているのか、認識できるのか、
大学や漁協、試験場、水族館などと協力、釣り好きの学者が趣味でも研究し、
その結果、魚達はどうやら釣り糸とは認識していないようです。

いわゆるエサにくっついている紐みたいなものなのでしょう。
エサを食ったら、その紐が急に引っ張るものだからビックリし、本能で暴れまくる…。
といいますか、釣られた経験の無い魚なら当然だけどね。

どちらにせよ糸の太さは水・風の影響、自然な状態にエサを持って行く事に大きく関係しています。
これは事実ですよね、細い糸を使いましょう。

=体の横を”素早く動く”エサには脊髄反射で飛びつく。

これには理由がありまして、目の構造からです。
池のブラックバスは岸の狭いエリアへ小魚を追い込み、
狙って食いつくことが出来ますが、広大な海ではやれません。

距離感がない単視で見る事が多いのに、
エサの小魚は上下左右前後へ逃げまくります。
スズキやマグロなどは、反転食らいつき…をします。

サクラ・サツキマスなども海で育つからでしょうね。同じです。
こういう反応を示す魚は大変多いです。

泳いでいた魚たちがエサを採る時は、多くがスピードを落とし目でシッカリ追います。
先に書きましたが、定位したものは横か後方で素早く動くものに瞬間的に脊髄反射します。

長かったですが、やっと「エサを交換する理屈」の結論へ近づきました。
では、目がそんなに良くないのだから、傷ついたエサを食うのを避ける理由は……



表紙     次へ