警戒心が強いと言われる理屈:ウェーバー器官・上生体

進化的に進んでいる魚の浮き袋は振動などの感知をする「ウェーバー器官」というものに連動、
その為に、淡水魚たちは海水魚達よりも異常に高い警戒心を誇っています。ほんと、進化の差ですね。
只、コイはその警戒心を飼い主の判断に使うため、飼育池に近づく足音だけで飼い主を判別します。

ウェーバー器官(Weberian apparatus):
真骨魚類ネズミギス目と骨ぴょう上目の浮き袋と内耳を関連させる受容増幅器官。
この器官を持つ魚類は聴機能に優れていると推測されるが、扱い説明が難しいので省略。
ウキ袋の横にある脊椎骨の最前部の4個が変形。ウェーバーの小骨とも言ったりする。

←この浮き袋を持つ魚は進化的に上位。

▲進化の差=海水魚より淡水魚は進化しています。海から淡水に入った為に腎臓が発達しているのだ。

←有気管ウキ袋

サケマス、淡水魚です。
酸素が少なくなるとアップアップで
酸素補給をします。
←無気管ウキ袋

取り囲む毛細血管から
気体を滲ませる。
海では酸素が無くなる事は
ありませんからアップアップしない。

側線や耳石の聴覚、嗅覚、視覚を超える未知の器官「上生体」というものもあります。
雨や増水、電磁波、赤外線を感じたり、食い始め、食い渋り、魚群形成などを司るとも考えられます。

電線の下では何故か釣れるという経験をした人も多いと思いますが、
理屈では水中では感知できない周波数を魚はこれで感じ取ってるのではないかと推測できますが、
研究も各専門機関で進められていますが、まだ結論は出ていません。

更に上生体は「餌を食い始める何らかのキッカケ」を感じる器官だとも想像されています。
ライズのようにカゲロウなどを捕獲するためバシャバシャ跳ねますが、何故か一斉に終わったりします。
何となく分かっているようで分からない生理現象のキッカケとなっているのかもしれません。
キッカケが何かが分かって人工的に発生させることが出来ればラクチンなんですけどねえ。

渇水から増水した雨の降った後、雨の降り始め、水温が少し上がる時、曇り…などなど。
キッカケの幾つかは判明していますが、全て人工的に発生させられません。残念。

そうそう、専門用語は覚える必要はありません。こんなものがあるんだ程度で。
理屈を知り、ご自身で考えるヒントを提供することを重視していますから。



表紙     次へ