釣り方:初心者さんに贈る「工夫しないで基本タックルに徹すること」

現在、教科書に出てるタックルは長い間の試行錯誤によって出来たものです。
ころころ仕様を変えて工夫するのはプロに任せ、新しいものに飛びつく前に基本をマスターしよう。

下は四季・更には海を通じて私が変えない仕掛け図です。超簡単の基本仕様で工夫はしていません。
でも全てに通用しています。釣れないからと言って工夫しすぎると逆効果になることも。

主に海で使用していますが、サツキシーズンで渓流に入るときは糸を0.4〜0.6号通しに細くするだけ。
以前は金属ラインや短い竿も使ってましたが、仕事が忙しいためジックリ釣行へ行けません。
手軽に、ふと行く為に海川両用にしているのですが、サツキマスもあげれますし海ではクロダイも。
車のトランクに入ってます。海でのタックル変更はラインを1号にするだけです。サツキマスは0.6号。

あまり不自由しませんので、初心者さん向けに紹介します。糸の号数だけ変えてね。

=8〜9mの竿で海川両用、何の変哲もない。

糸は竿尻からバカ(=余分な長さ)として1.5mほど取ります。
理屈は大物を掛けたらやり取りで発生する竿の弾性を最大限に利用できること。
たぶん、最初に教えてもらった先輩からクドイほど教えてもらった事かもしれません。

大物を掛け、プツンと行かずに耐えれるなら、バカを長くすること、これが一番。
初心者さんのドキドキを押さえれずに無理するのを和らげてくれます。
同じ発想から、糸と糸を結びヨリモドシにゴムがついている緩衝具付きも販売されてますが、
とりあえず工夫をしないお約束で徹底ください。工夫は上級者になってから。

突拍子のない仕掛けの典型ではルアーがありますよね。
由来は知ってる方も多いでしょうが、湖畔でキャンプ中の家族連れが手が滑ってスプーンを投げ落としたら
魚が食いついたことから発想されたと聞きます。

ルアーのように、あんな突拍子もないものすら応用が利くことから発想の転換を…と思いましたが、
方法論は個人のやり方がありますから正直難しいですよね。
私のは初心者タックル考としてください。でも、全てに通用する基本です。初心者さんガンバ!!!

理由〜繊細な渓流ラインで行う釣りなので、0,4号や0.6号などの違いを身に付ける事。
号数の違いが分かるようになるのが、上達の早道と持論を持っています。その後、応用です。
0,4号なら、その号数を変えず長く使い、感覚を養ってから0.6号や金属ラインなどに変えてみる。



表紙     次へ