氷河期の調査は陸封型を利用

変異の多いサケマスたち。本当に、驚くほどサケ科魚類にはたくさんの変異固体が存在します。
無班イワナ、無班ヤマメ、ナガレモンイワナ、ゴギ(イワナ属・広島県太田川上流で天然記念物指定)、
イワメ(アマゴの亜種論議中)などなど。

↓ROMerさんの撮影・提供によるコバルトマス、アルビノウ(アルビノ)、ノーマルの3種。

←青さ輝く→

←無班イワナ(小牧市Hさん釣果・撮影・提供)

←ゴギに似た岩魚

←イワナとの混血はヤマメ・アマゴ共々起きる。

←上下3枚はYさん提供・釣果・撮影

←数が増えている可能性も。

←栃木Sumiさん提供

←うむ、見事!!!

 ←みっちゃん提供・撮影。

←カラクサ模様ヤマメ型Masterさん提供

←体色が黒いイワナ&↓秋田市まつやん氏提供・撮影

←見事なハイブリッドですねー。

本来、川の上流で陸封されていますから、人為的でなければ川の移動はほとんどありません。
従って変異固体や種類を細かく調べる事によって、川の移動が普通に出来た頃の
日本の氷河期時代の状態を調べる資料にもなり、食用として味もさる事ながら不思議な魅力が満載。

…すでに、人為的に他のエリアに放流しまくった為、混乱しちゃいましたが。

ただ、養殖で増やさなかったら20世紀後半の渓流危機により絶滅していたかもしれませんから、
ヤマメ域にアマゴ、アマゴ域にヤマメは、許されるべきかもしれません。
今は、純潔を守る養殖技術、他河川への放流はしないように慎重になっていますよね。

兎にも角にも「氷河期の調査研究」が、終了せざるを得なかったという事実は知られていませんので、
紹介させていただきました。色々なジャンルで利用されていたんですよね。



表紙     次へ