キャッチ&リリースの誤解

全国の「キャッチ&リリース」マニアの皆さんコンニチハ。

今あなたが吸っている空気の中には、平均して21%の酸素が含まれています。
酸素不足になる事はありません。我々の肺はだいたい酸素の20%を利用しています。
しかし、水の中では深刻です。生物が多ければ直ぐに酸素が無くなってしまいます。
どれぐらい酸素が含まれていれば生きていけるのでしょう?
また、魚のエラはどれぐらいの酸素を利用できるのでしょうか?

酸素の含有率
海水=約0.004%
淡水=約0.005-0.006%
空気=約21%

水中に溶け込んでいる酸素は上の表。ほとんど僅かな分量です。
(温度によって多少の差が出ますので20℃で計測しています)
雨や流れ込みで酸素が溶け込むのは読者さんも周知の通りですが、
平静な湖では1年間にわずか6mの拡散距離しかありません。

また、光合成の拡散で水深10mの溶存酸素量を0.4PPM(0.4ミリグラム)に引き上げる為には、
ある学者の試算では600年もかかるそうですねぇ。酸素が多くエサが豊富な場所が最高なのだ。

つまり、こんな僅かな水中の酸素を取り込むため、エラはF1エンジンみたいに性能が良いです。
「大物をかけたら空気を吸わせろ」の理由は、頭を出した魚のエラ部が、
ふわっとした状態からペッタンコになるため循環がうまく行かず尿素がたまり、
一時的アンモニア中毒っぽくなるから弱るのです。

リリース前提なら、そんな性能なのだから、さっさと掴んで針を外し水にドボンと戻すのが本来。
丁寧に時間をかけて優しくして笑顔でチーズ♪たって逆効果で魚体には優しくないので、
(人間が宇宙に放り出されたら?をイメージして)
見た目は「酷い虐待野郎」だけど実は魚には優しい鬼になってくれ給え。

但し、他人から自然破壊のマナーの悪い釣り人と指差され非難されちゃうし、
「エラの性能は大変凄く、まさにF1エンジンで」と言い訳するのも面倒なので、
今まで通り「カッチョいい優しい人」を演出するため、従来どおりでも仕方がないかな。

特に異性と一緒の時は、本当の魚の苦しみはスルーし、見た目に拘るべきでしょう。
子供出生率が悪い昨今の事情を反映し…って、リリースを優しく扱う派は、怒らずに無視下さい。



表紙     次へ