テーマは残る謎のサケ科魚類たち

様々な幅広いトラウトに関する知識を紹介しましたが、本来は1冊の本を超える分量でするもの。
こんなに短くまとめるのは、そもそも無謀な試みだったかもしれません。テーマは沢山残っています。

・湖で擬似降海型が何故出来るのか?
・天然記念物のゴギを始め、無班イワナ、無班ヤマメなども詳しく紹介しないの?
・オキアミが居ない湖で赤身になるのは何故か?
・途中で戻ってきた「戻り」、「ハクシマ」などは、どんな形質の体をしているのか?
・サケ/マスの分類はワシ/タカ、クジラ/イルカのように混乱した呼称だ。
・イワナ属、イトウ属、ニジマス属、サケ属…どういう違いがあるのか?
・最適な”釣れるポイント”解説をすると釣り荒れるから書くべきじゃないかも?
・山・川・海・砂浜の密接な関係を紹介するのも大切だったのではないか?
・サケ目の他の仲間には、どんな魚がいるのか?アユやキュウリウオ、ワカサギなど。
・南米のドラドはサケそっくりだが、サケ科じゃないのか?(ピラニアの仲間でカラシン科)
・現在の養殖技術、ダムや河川の建設構造の魚道について考えるべきでは?
・氷河期の調査とサケはどんな関係で、どんな変異を調べるのか?

・・・などなど、まだまだ書くべきことは多くありましたが、まぁキリがないので。

NEW・人でいう「白内障」にかかりやすく目が見えなくなる症状が起きるが、
原因はまだ特定されてなく、人工餌が原因という説がある。どの成分が引き起こすかは不明。

NEW・もしも主張通りサケ族の遡上魚がエサを食うのなら、
他の属たちとの分類関係は?進化的にもどうなのか?

NEW・実は主張は間違いで、サケ族は餌を食わないのだったら、
他の属たちとの違い、特にメリットなどは進化的にもどうなのか?

…うーむ、難しいですね。今回の記事で謎がひとつ生まれそうです。
渓流師の皆さんも、釣り上げた魚を見るたびに、こんな謎の解明に思いを馳せてみませんか?



表紙     次へ