終わりに:経験⇒観察⇒工夫の実践

サケ科魚類にエサをドバっと与え、腹いっぱいになるのを計測すると、
だいたい海水魚と共通で、15分足らずでお腹一杯になりました。
温度の急激な変化(3℃以上)などの刺激があったら6時間ぐらい復活にかかります。

寄せ餌を撒く釣り人の後なら何時の間にか満腹になり6時間ほどは食い始めませんし、
釣り上げれずにバラしたものも同様に、6時間は食いつきにくいです。

←サツキマス神谷堰堤・吉田川(釣った魚)

先に書きましたが、リリースならゆっくり丁寧にするのではなく、ガシっと握り針を外し早く水に戻すこと。
ヌメリは緩衝材みたいなもので直ぐに復活するし、それよりエラをペタンにさせる空気中では、
アンモニア中毒、というか大物に空気を吸わせて取り込むってそういうことだけど、なかなか……。    ←人間の矛盾1

イワナだけは食い意地が張っているので衝撃や腹いっぱいでも直ぐ釣れる場合がありますが、
これは「食い意地の張ってるイワナ」の説ですよね。
ところが、普段警戒心が強いイメージで、釣り人の多くが慎重に渓流へ降りたりするのに、
食い意地が張って直ぐに釣れなおす説も同時に流布されているのは人間の矛盾感は大したもの。   ←人間の矛盾2

まぁ、感情を持つ生き物である人間はローマ帝国時代より不思議な生命体として研究されながら、
未だに結果が出ないものですから、たぶん、遠い将来でも答えは見つからないでしょうね。
普通の動植物とは違う研究対象です。生物学的には人間と恐竜が特異な存在。

ということで「最新のサクラ・サツキ生態研究と推測」みたいなテーマで書きましたが、
100匹以上の調査結果、比較対象区、渓流にて観察などで総合的に思うまま述べてみました。
もう、合計20年ほど研究してるなぁ。

尤も、しっかり生態や学術を書きますと文字数は数十万字になってしまいますので、
ひとまずそれで構成しました。ご了承ください(その割に変な所を詳しくしたり迷走していますが)。

釣り人の経験則を学術で研究したり実験し説明するのが私たち研究者の仕事ですが、
他に「釣り人の噂・経験則」で理屈は何かと悩まされているなら、
専門がビンゴであり、尚且つ、学術で説明できる人を探し教えて貰うようにして下さい。
電気屋さんには電気技術、医者なら医学、専門には、やはり専門家が一番早いです。

下は本文中に出てきた、遡上魚を狙うポケターン釣り中の筆者です。

←この激流の中、イス、バケツなどに注目。

経験⇒観察⇒工夫の実践中。
長良川の支流・吉田川の支流である気良川にて友人のカズオ君が撮影。



表紙     次へ