栄養は胃ではなく幽門錘から

ところで、権威である魚類学者が餌食いをしないと科学的に裏付けた話がある(らしい)のは、
「遡上シロザケ・サツキ・サクラマスの胃は栄養を吸収してない」という内容から来てると推測してみます。

サケ餌を食うか食わないか大論争があった時。誰かが言いました。

有名プロ釣り師
「サクラマスやシロザケってさ、遡上魚を調べると何も入ってない胃だし栄養吸収もしてないらしいぞ。」

メーカー、編集の誰か
「エエッ!!!胃では栄養を吸収していないんですって〜!?誰が調べたんですか?」

有名プロ釣り師
「知り合いの水産系研究員さ。もう確実に餌なんか食わないって、彼自身、驚いていたよ。」

メーカー、編集の誰か
「そうですか、論争も決着ですね。明らかな科学的説明が出来たということで、大本営発表します。」

有名プロ釣り師
「一件落着だね。一応、紹介するから直接聞いて確認してみて。針に掛かるのは攻撃性だとかもさ。」

水産系研究員(電話
「いやぁ、遡上魚の胃を調べて良かったですよ。栄養を吸収してないんですから。」

メーカー、編集の誰か(電話
結局、胃では栄養を吸収してないのですから、食う根拠なんて他の疑問は払拭できますね。
公開するに当たって学術的なイメージにするため、専門用語的なものはどうなりますか?」

水産系研究員(電話
「知識のない読者さん向けですか。分かりやすく言い換えれば消化酵素が働いていないとか。
そして、要点だった”釣れる”のは、結論として闘争本能で針+エサに攻撃するからですね。
水中撮影、映像を撮るカメラマンさんも、水中では闘争本能の動き、追い払うようなでしたって。」

この会話、ほとんどの論理的思考の方なら、筋は通っているし、納得しますよね。
説得力が最高にある100点満点の論理展開じゃないでしょうか。

反論できる人は少ないですよね。でも、でもですよ。

実は普通の魚でも胃では栄養は吸収しないし、吸収するのは幽門垂(ゆうもんすい)からだし、
闘争本能で食いつくなんてのも、サケマスだけじゃなく一般魚もそうです。←空腹感がないんですから。

解説中間で、人間で言うところの白内障にかかりやすい件を語っていますが、
攻撃のしぐさというのは目が見え難くなり、餌の匂いだけで追うので見た目にそう見えるだけかと。
そういう件を知らない方が観察により判断すれば、まず「攻撃だけで食ってない」ように見えます。

水産系研究員の人が権威としても専門がプランクトンとかだったらどうでしょう? ないか…。
でも、何だか、そんなポイントが気になったりします。ああ、雑談です(失礼しました)。

目からウロコという説明があったでしょうか?大方の現象を学術で説明できてると思いますが、
そういった感動を得られた方は、無料のテキストでもありますし、是非ともリアクションを願います。
読まれた方のリアクションにより、この解説はダメだったかな?などと判断して今後につなげます。

この機会にゆっくりと考えを巡らされ、特に「餌を食わない」と友人知人にも教えてしまった方、
食わないと確実視されている方のご意見がいただければと思います。

うそうそ、どなたでも感想下さると嬉しいですネ。
好いご意見の場合、サイトにて取り上げ、広く紹介させて頂きたいと思います。
普段、理屈、うんちくをBBSなどで紹介されている方、是非ヨロシクです。

渓流の憧れの的、サツキ・サクラマスについての当記事を、お読みいただき有難うございました。
サツキ・サクラマスや尺ヤマメ、尺アマゴへの見方が少し変わり、勉強になったなぁとか、
貴方の釣り方に影響を与えたのでしたら、書いた私としては本当に嬉しいです。

お願い。

読者さんの満足行く釣行と怪我無き帰宅を、お祈りしています。

おしまい。



表紙     次へ最後のオマケ♪