オマケ♪

<科学的思考の基本>

「現象は実験室で立証できる」……この言葉、科学の基本を表す好いものです。
立証出来ないものもあるんじゃない?と反論したい方も多いでしょうが、そこがポイントです。
まず最初に、立証できるものが科学的というスタンスに立ってみてください。解り易くなります。

本当に遡上魚だけを対象にサンプルにし調査するなら、科学的な方法をアドバイスしますと、
沖合いで漁船に漁獲されたサクラ・サツキにマーキングしてリリースし、遡上を待ちます。
遡上後、マーキングを持つ魚だけを調査対象にする…。
記事内に遡上・湖沼型・3倍体と、プロですら中々区別がつかないことを書いていますが、
これなら100%遡上タイプの調査が出来ます。河川内捕獲だけより正確。大変ですけどね。

もしココを参考にされ実際に研究機関さんが調査する場合は、私を誘うのを忘れないでね!!!
(ごめんなさい。新データを私へも分けていただけるだけで嬉しいです……)

生きるか死ぬか、文字地獄のfinish!!!

ここまで読まれてしまった貴方、・・・・・・・・・・可哀想に(笑

そうそう、ちなみに作者ですら、読み返す際に上部5分の1ぐらいで休憩します。
それだけの分量です。簡単に例えれば、この1ページで普通に1サイトが出来ます。

筆者(作者)のサイトって、こんな感じが多く、ページの一番下に行くだけで大変なのに、
マジメに読む人は本当にお疲れさまです。短くし、項数を増やすわけでなく、
よくもまぁ、こんなんで、まずまずのアクセスを得てるよなぁ……。

これは逆に考えれば、本当に大感謝!!!です。
単行本1冊近いほどの分量を作る手間をかけても、読まれないのなら浮かばれないもの。

ここを読まれて、サツキマス・サクラマスっていう謎の魚、是非釣ってみたい、という方や、
ヤマメ・アマゴ・イワナをやって練習するぞ!!!という気持ちになられた初心者さんが増えれば、
長文を書いた甲斐があったもので、作者として本当に嬉しいです。レッツ・ゴー、渓流。
(もちろん、海釣りも楽しいよ!!!)

読破ありがとうございました。



戻る     表紙     ⇒写真やコメント集1