自然界で見れるサケ属は4つ/私が研究し始めたキッカケは医学

我々釣り人が現在(日本の)自然界で見れるサケ科魚類には以下の4属がメインです。

1,サケ目サケ科イトウ属・・・・・・海川の行き来あり、産卵後も生存、長命、遡上後もエサを食う
2,サケ目サケ科イワナ属・・・・・海川の行き来あり、産卵後も生存、長命、遡上後もエサを食う
3,サケ目サケ科ニジマス属(サルモ属)・・・・海川の行き来あり、産卵後も生存、長命、遡上後もエサを食う
4,サケ目サケ科サケ属・・・・・・・海川の行き来あり、産卵後はほぼ100%死亡、短命、遡上後はエサを食わない?

5,サケ目キュウリウオ科アユ属…有名なアユはキュウリウオ目キュウリウオ科に移籍したらしいが、
どうも浸透していないのが現状のようです。詳しくは私でもよく分かりませんが生活史から分けても別にOK。

ということで、アユの仲間を除いて世界全体では11属、約66種に分類されています。
更に、なぜ”約”66種なのか?こういう部分にも注目しよう。
調べると、さまざまな事情、都合、研究者のレベルが明らかに(笑)サケ・マス・アユは大変だぁ。

また、サケマス名称については、大本の西洋文献は淡水に棲む=トラウト、海水に棲む=サーモンなので、
しかも、さらに日本で翻訳した時に適当にしてしまったせいで混乱しています。クジラ・イルカ同様。
従って、水産系の広報官には、かなり博識で生物学に精通していないと混乱に拍車をかける原因に。

イトウ

…最適20℃まで。上限22.5℃までいける。15年で1mに成長するというデータがあります。

イワナ

…最適20℃まで。上限23.5℃までいける、アマゴ・ヤマメより結構タフです。

ニジマス

…最適23.5℃ぐらいまで。上限25℃(1番高温に耐えられる=養殖が盛んになった理由)。
1988年か1989年(←正確には不明)にニジマス属から外し、サルモ属に移行したが、
その後、また戻した方がいいという意見も多くあったようで、うやむやに。未だ混乱下にあったりする。
しかし、作者個人としては生態からもニジマス属でくくるほうが簡単でいいと思う。

サツキマス・サクラマス

…最適19.5℃まで。上限22℃限界。21℃でエサを食わなくなる現象がある。

アマゴ・ヤマメ

…最適21℃まで。上限23℃。22℃でエサを食わなくなる現象がある。

アユ(オマケ)

……最適21℃まで。上限23℃まで。長期飼育の際、餌付け(コケ変更)、日照時間調整が大変。

▲個体差が激しいのも魚の基本。ご注意を。

ブラウントラウトブルックトラウトオショロコマ、マスノスケ(キングサーモン)、
カラフトマス、ベニザケ、ギンザケ、シロサケ
…などもありますが省きました。
もしよくある間違った論文や書籍を元に声を大にして主張したら……?気をつけてください。

さて、海から遡上してもエサを食い、長命で大きくなるのは上から3つの属まで。
イワナやニジマスはまぁ普通の生態なので解説を省き、他者さんの記事にお任せしましょう。

で、問題なのは遡上して産卵すれば100%死んでしまうという、4番目のサケ科サケ属です。
釣り人に幅広く人気なヤマメ・アマゴも入っており、海へ降れば顔つきも変わり、
もう誰もヤマメなどと呼びません。サクラマス・サツキマスと尊敬の念を持って呼びます。

タンパク資源としても大変貴重で美味しく、特にサクラ・サツキは特級の地位です。
北海道で有名なシロザケ(普通のサケのこと)よりも格上の水産価値なんですね。

ヤマメ・アマゴの塩焼きの美味さはもちろんのこと、遡上型は早期であれば非常に美味、
刺身の旨味、サーモン・ステーキ、煮物、チャンチャン焼きなど料理では何でも食味は最高。
骨酒については脂肪分の少ないイワナに軍配が上がるも、作れば違う味わいがあり、
自然の香り豊かな味わいが楽しめるのも釣り人ならではですよね。

そんな儚い短命で美味しい、渓流の女王といわれる綺麗な魚の謎に迫りましょう。



表紙     次へ