マメ知識

解説中の仲間の単位は「目⇒科⇒属⇒種⇒亜種」の順番で近くなります。
細かいことは割愛しますが、普通に使うのは「サケサケサクラマス」というもので充分。
「サケイワナヤマトイワナ」という風に使ってれば、釣りをしない生物分類学者へも通用します。

ちなみに正式な「サケ属」はタイヘイヨウサケ属(太平洋サケ属)ってのになるけど覚える必要はないです。
もっと大切なことを覚えるために脳細胞を使いましょう。ハイ。(彼女の気持ちとか)

ちなみに記事中に出てきたニジマスのサルモ属ってのは、何?聞きなれないけどさ、という方へ。
そのサルモ属ってのはタイセイヨウサケ属(大西洋サケ属)のこと。口の形やDNA解析などから分類。
まぁ、元々欧米からの外来魚だしね。大きく分けても都合はないです。
産卵しても死なないニジマスたちを強引に放り込んだエリアになります。

ほぼ産卵後100%死んでしまうという特別な太平洋サケとの決定的な違いは大西洋は死なないとの件。
つまり、生態を分けるならば、大西洋サケ属はニジマス、イワナやイトウのグループに近いみたいですね。
紛らわしいし、くどいけど、太平洋サケ属だけはマジ特殊なのです。

DNA解析で分類の欠点

遺伝子を調べるって、警察が使うものとかイメージし、一般の人たちには信頼すべき伝家の宝刀ですが、
実際には色々なレベルがあります。魚類は1970年頃から始まり、調査もお金のかけ方次第ですし、
人間の遺伝子地図が出来たのはつい最近。

そんなレベルなので、当然、魚類や一般動物などのDNAは、全て明らかになっていません。
「DNAから分類したとされる」と書いてある図鑑などは大まかなもので、今後の研究で種別が変わる場合も。

アユなんか後年、キュウリウオ目キュウリウオ科アユ種なんかにぶち込まれてしまい、
近い仲間には、シシャモやシラウオ、深海魚のニギス、セキトリイワシ、ソコイワシなどがいます。

い、シシャモはまだしも、イワシやニギスとは……

イワナが棲めるギリギリの水質とは

水が綺麗で無害系になるために必要な溶存酸素量はCODという頭文字で表しますが、
おおよそ3mg/L以下を「イイカンジ」の科学的基準にしています。

▲正式:COD=化学的酸素要求量

上の郡上八幡・長良川、吉田川では、ここ数年、ブ−ムなのか護岸工事等が非常に盛んで、
2mg/L程度で年々厳しくなっていまして、実は、この数字、イワナの棲めるギリギリです。
まぁ数字は記憶しなくてもOKですが。

ちなみに1mg/l以下が人為的なものが含まれていない理想的な数字と設定されています。

CODのような水の酸素要求率みたいな数字ではなく、一般的に分かりやすそうなのは、
どれだけの酸素が水に含まれていればOKか、そっちの方が簡単でしょうか。

大都市で工場地帯があり、住居の中を配水管が延びているエリアに流れている小川では、
7mg/Lあれば最高でしょう。たいがい2〜4mg/Lで灰色の排水が工場から流れ込んでいる感じで、
法律の排水基準ギリギリまで落としていたとしても、酷いところではドブ川の称号を欲しいままに。

同じように○mg/Lという数字表現ですが、CODは要求量率、何も注意書きが無ければ溶存酸素。
正反対の意味ですから、ご注意下さい。

・・・えっ、頭が痛くなりました?いやぁ解ります(笑)私も余り使いたくないデス。

でラスト。多くの青魚(海水)は水質に敏感なので、CODが2mg/L以下で何とか棲めます。
参考までに人為的に影響を及ぼしていない理想的な水質はCOD=1mg/L以下です。
数字はテストに出ませんから読者さんは覚えなくてもいいですよ。そういう風になってるんだな、程度で。

分かりやすいように数字と汚れ具合の関係を羅列してみました。

化学的酸素要求量COD
=Chemical Oxygen Demand
溶存酸素量DO
= Dissolved Oxygen
人が介在してない 1mg/L以下 9mg/L(20℃で8.84mg/L)
イイカンジ、都心雨 3mg/L以下 7mg/L以上
水質に敏感な魚 2mg/L以下 8mg/L以上
魚介類が生存できる 5mg/L以下 3mg/L以上
ダメ(作者感覚) 6mg/L境界 2mg/L境界
最悪の異臭汚濁 9mg/L以上 1mg/L以下

一般の人がイメージしやすいのは含有酸素DOであるのですが、なぜにCODってのがあるのか?
DO計測器というのは高価だったので、経済のオキテゆえに多く用いられるのがCOD方式なので、
過マンガン酸カリウムという薬品を使うだけでOKなのだ。

上のデータ表ですが、研究組織によって基準の数字は若干異なります
環境省・農水省・国土交通省の測定はユルめだし(理由は略。対外へデータを出す場合だけ厳しくする)、
個人研究者は常に厳しい設定という傾向があります。良い子は深く考えないように。



表紙     次へ