ここをお読みになられている読者さんの多くは、このような基本は周知の事と思いますが、
「これは7年物だ」や「年なし10年以上だ」という大物は、残念ながら試験データではありえないです。

1〜3番のイワナやブラウン、アメマス、イトウ、ニジマスのように生き残らず何故死ぬのか?
どうして4番のサケ属だけ特殊になっているのか、進化論的な説明を誰かできるのか?
で、致死遺伝子という考え方も出て、死を考える医学部第三内科、又は医学部老年科で
多々水産関係の協力の元、私もジミ〜に実験研究していたわけです。

私は遡上後100%死ぬという実験結果が水産試験場で公表されていた時、
その原因を致死遺伝子に求め、産卵後も生かすことが出来る薬剤・方法などを探し出せば、
交通事故のショック死を少しでも長引かせれる事や死亡原因筆頭の悪性腫瘍(ガン)にまで、
応用が利くのではなかろうかと、研究テーマに据え実験を始めました。それがキッカケです。

さて……

サケマス類で他の硬骨魚類と違う性質のものは、海←→淡水を行き来する体の構造のせいなのか、
大型化するとき、また、遡上後は治癒能力が大変低いと思われます。

そこで利用されてるのが養殖場の追跡調査である「出生元を示すヒレ切り」です。
ある加減で切ると、その切れたまま成長するので、漁獲された魚のヒレ状態を見ると、
どこの養殖場から放されたものかが分かるというものです。

つまり、破損したヒレが治癒しても元の立派なヒレに戻ることが少なく、
ゆがんでしまったヒレも元に戻らなくて、養殖と天然の見た目違いの根拠にもされてます。

これは聞かされれば「渓流釣りで釣ったものを簡単に判別できる理由」なのですが、
先に気づく人は殆どいません。もっとも幼魚の時や完全陸封のものでは完治しやすいです。
で、「そんなこと知ってるよ」は勘弁ください。些細なものでも気づかせる…は重要ですから。

全国から情報が集まる昨今、私の元へ約1.5mもある怪物イワナの目撃報告(中部)が寄せられ、
先のサツキマスのように降海型の出にくい暖かな伊勢湾には降りることがないと考えられてたイワナ、
イトウでもなくです。郡上博物館などで調べた結果、イワナの降海型は確かに存在しました。

1.5mイワナは置いておいても、机上の論理では”降海型はいない”のに、
現実では”いた”という話で、今回のテーマに通じます。

その後、各地にも超大型イワナの目撃報告が職漁師さん等からありました。
私は情報を鵜呑みにしない理系の人間ですが、精査すると「ありえそうな話」ばかりでした。
普通はこんな美味しいネタなら釣り雑誌への情報提供と思ってしまいますが、
なぜか学者系(当時大学教員)の私へ集まるという真剣な?叫びが多くありました。

この件は(私の記事を読まれた)何人かの作家さんによって書籍で紹介されていますし、
極めつけは講談社「週間少年マガジン」の漫画家森一生・先生(単行本・釣りへ行こうよ!等)は
生原稿でマンガを描いて贈って下さったほど、多くの方々へ凄まじい衝撃を与えたようです。

⇒さすがプロ(叫んでいるのは筆者)

スミマセン。総合記事なので、またもや使ってしまいました。

1.5mのイワナの話は面白く夢があると思いますが、サケ科魚類は全てにロマンが詰まっています。
正確な知識が集まれば集まるほど、学術へ入って調べれば調べるほど謎が出てきて興味深いです。

ひょっとしてサケ属の常識が間違っていて、元の欧米論文を誰かが翻訳ミスでもしたのか?
などと考えることまでも出来るのは、サーモンとトラウトの和訳で和名をつけた混乱という、
本来、サケとマスは同じであるのに名をつけた方の「やっちゃってゴメンナサイ」と同じ可能性も
現在なら「もう一度」分類などを検討しても差し支えないのではと思っています。

さて、今の生物&医学者たちが与えられたオモチャとして楽しんでいるのが(失礼)、
産卵せず(成熟させず)長命にもなる「3倍体」というものです。理屈は後で解りやすくしましょう。

これはハイテクなバイオテクノロジーの産物で、遺伝子もいじってないので食用にもでき、
ただ3倍体だとイメージが悪く、食品に厳しい方々からボイコットが出るでしょうから、
北海道のニジマス3倍体=クィーンサーモン、栃木県のニジマス3倍体=やしおます、
岐阜県のアマゴの3倍体=飛騨大天女魚(ひだおおあまご)等として商品化されてます。

食品に厳しい方々は、何故か添加物などにはスルーという不思議な傾向がありますが、
まぁ、それもあっちの棚へ置いておきまして、倍数体は自然河川への放流は禁止されています。
本格的な内容に入る前に準備体操として簡単なお話からスタートしていきたいと思います。



表紙     次へ