昼と夜、明暗刺激による行動差

深海魚が浅瀬で生息している海域が発見され、世界遺産に登録された話も徐々に広がり、
魚にとっては水圧より明暗刺激が重要と考え直されたのも最近の話。
水族館では水圧を発生させる高額な設備投資をした担当者の責任問題に発展したとか何とか。
常識というのは「専門家まで先入観で間違える」ことがあります。

柔軟な思考を持たねばならないはずの学者の頭が固ければ論外ですが、
机上で考えた脳内妄想を過信する傾向があるのは科学の発展に足かせとなっています。
下のように、釣り人の経験則をきっちりと再現してあげなくてはいけません。
合致した時点で「これは正しい」と説明するべきと考え、推測はあくまで噂や風評の域です。

⇒暗く⇒=位置に注目(全て釣った魚)

↑私の研究データ(1995年より)。上流より大物が優先的に並ぶという渓流の教科書のような位置関係。
夕方を水槽内で再現し、観察すると陸封型は釣り本同様だったが、サクラマスだけは回遊し始めた。
こうやって釣り人が経験で「この位置」と思っていたことが水槽内実験でも裏打ちできます。
(当然釣り人が違っている場合もある。渓流でのサクラマスは暗くなると定位ではなく回遊する例)

一方、単独飼育に切り替えると遡上魚は明暗関係なく回遊せずに定位したまま。
複数飼育だと、回遊した降海型が何故かしない。違いは何だろう?
周囲に縄張りを争う魚が居るかどうか、河川では敵が居ない遡上魚だけど、
巨大敵ばかりの海で何らかの学習をしたのかもしれませんね。

←30cmぐらいまでの好ポイント

ラインの号数ですら水の抵抗で流れかたが変わるほど、水流というのは強い。
30cmぐらいまでの魚体のものと40cmを超え80cmにもなる大物では、
エサ食いのポイント以上に体を安定させることが重要になるので、少し定位の場所がズレる。

←ご存知、遡上型の定位置(大物)

つまりサツキ・サクラマスを狙う方は、夕まずめを迎えたら、
岩の前部に定位していたものが大きな淵へ移動し回遊する、と考えるといいと思う。
いい結果になるかもしれませんよ。成果の出た方は嬉しいご一報を。

嵐の海域〜何処にいるの?魚たち。

河川の洪水を例に出しますが、台風、大雨などが引き起こす見事に茶色になった濁流。
すさまじい流れで川をかき回します。こんな時、魚は何処に潜んでいるのでしょうか。

濁流の河川では流されるどころかサツキ・サクラマスは増水を利用して遡上し、
一方、多くの放流アユは押し流されたりします。残っているのは地魚ばかりとも言います。
魚種によっても様々な反応があるのですねえ。

現実、全滅するものが出てくるわけでもなく、何事も無かったように元の状態に戻る…。
こんな素朴なことから「ハテ?」となるからこそ、釣りという趣味は奥が深いのだと思いますし、
他の趣味と違って長続きするのでしょうね。



表紙     次へ