スーパー・簡単アクアリウム(読むのが大変で、超簡単に教えて欲しい系の方にどうぞ)

飼育についてポイント・チェック

釣り師から「釣魚を水槽で飼いたい」とよく聞かれます。
生態を家での飼育で見抜いて実際の釣りに応用したいという。
釣魚には色々な魚が居ます。飼育するのに簡単なもの、難しいもの、様々です。

飼育のジャンルでは、
フナ・コイ・金魚⇒熱帯魚⇒海水魚⇒冷水魚・・・の難度があります(作者経験)。

最も難しいのが冷水魚の降海型。次は海水魚です。

技術的にアクアリウムのテクニックが要るようになるのは熱帯魚からですが、
熱帯魚と海水魚の間には、かなりの壁があります。

●海水魚は出す尿がアルカリの海水では毒水になるのが思いっきり難しくなる筆頭。

●淡水では尿の毒性が弱いので、熱帯魚やフナなどは水質にそれほど神経を使わなくて大丈夫。

●冷水魚:アユ、ヤマメ、アマゴ、清楚で綺麗な為、飼育したい方が多いですが、
水を冷却する設備が大変な事、魚が水の悪化・病原菌にすこぶる弱くて直ぐに死んでしまう事が
最も難しい理由としてあげられます。寿命もわりと短いです。

●一方、同じように見えるニジマス、イワナは産卵しても死なないし、わりと飼育し易いです。
冷水系にチャレンジしようとする初心者さんにはオススメですね。

●降海型のサケ科(サツキマス、サクラマス、シロサケなど)は餌も食わないと言われてる程難しく、
秋を迎えると衰弱して死亡します。コツがありますから、チャレンジャーはよく読んでおいてください。

水族館で遡上魚が展示されていても冬になると居なくなってしまうのは、
すなわちエ付けが出来ず、全て死んでしまうからです。

どうして作者が成功できたのかは、週間釣りサンデー別冊渓流スペシャル'98&'99や
97年ごろの中部読売新聞などに書いたため、ここでは書けないのが残念!
執筆者といえども、記事にして出版となると著作権は出版社に帰属します。

…といってしまうと身も蓋も無いですから書いてしまいましょう。     ←おいおい

サケ科渓流魚の飼育ヒント。

1,秋は日が短くなります。魚が成熟してしまいますので電灯で日を長く調整します。

2,釣った時期が8月までは餌付けは3日〜1週間で出来ます。
9月に釣ったものは長くかかり2週間〜1ヶ月。平均です。
これは日照時間の影響による成熟から来ていると考えれます。

3,エサはオキアミのフリーズドライが1番良いです。早く食わす為、川虫などをあげる人もいます。
どちらにしろ水が汚れやすく、そっちのせいで死ぬことが多くなります。
頻繁には水替えをせず、汚れを最小限に押さえる工夫が必要。

4,温度調整には⇒を推奨します。温かい地方の方は水槽用クーラー(10万円ほど)が必須。

5,強烈な縄張り争いを回避するには、縄張りが意味をなさないレベルの多くの魚を入れ、
濾過漕をフル稼働させるか、90cmとか120cm水槽を仕切って個別に飼うかが必要です。

市販の安い60cm水槽では20〜30cm前後の魚だと1匹が基本で、
最大でも、33cmぐらいが何とか飼える限界です。たった3cm?いえいえ侮るなかれ。

尺を超えるのなら90cmか120cm水槽に入れて仕切る方法がオススメ。
(仕切り板は市販されています)

水槽用クーラーが必須なので、夏場を避けて9月末に釣ったら
バケツや60cm水槽で5月ぐらいまでは飼育できるんじゃないかなと思いますから
(またはクーラーボックスにブクブク、氷をタオルで包んでビニル袋で閉じて1ヶ月はOK)
チャレンジされるといいかもです。ブクブクの電気料はたいしたことないですから。

陸封の模様から氷河期の調査分別は放流事業のために多くの大学などが中断してますが
死にかけて銀毛化は私の研究でもサクラマスより低い温度でイワナがなったことがあります。

飼育して斑点の変異があるなら、欧米の研究機関が(日本と違って)氷河期調査で利用してますから
役立つかもしれません。日本のサケ科学館では知ってるのかなぁ?
これも機会があったら聞いてみることにします。

病気はほぼ100%襲来する。

最も注意すべきは水槽へ入れてから10日前後
亜硝酸という有害なものが増えて、呼吸も苦しくなる時期です。

熱帯魚だけでなく海水魚を飼育しているレベル方でも、
サケ類の飼育の場合は間違い無く、白点病などの疾病におかされます。
そこで、市販薬で対応するのですが死なせる場合が多いです。

治療すれば耐性が数ヶ月ほどつきますから、ぐっと楽に飼育できますので、
毎日観察して症状が出始めたら「グリーンF」などの治療薬を中心に対応してください。

ただし、アマゴ・ヤマメなど陸封型は規定量の投薬。
サツキマス・サクラマスは魚の様子を見ながら投薬は3分の1ぐらいからします。
規定通り投下して、それでも死んでしまった敏感ケースが多いです。

▲サツキマス・サクラマスの病気はエラ病が多いです。それに白点病も加わります。
エラ病が多いのは、私の経験から「海水と淡水を往復していたから」と考えています。

細菌性の黄色くなるヤツと青色になるやつの混合液が中上級者にはオススメ。
中上級者とは海水魚を長期間(1年ぐらい)軽く飼育出来た人。

飼育初心者は他の魚で練習してからの方が良いです。多分、まず全滅してしまいます…。

同じ”渓流”魚でもニジマス⇒イワナ⇒アマゴ・ヤマメ⇒降海型という難度があるとお考え下さい。

=魚も人間も正確に知ってから…(お腹の中で孵化させるもの)

ここがポイント。

1週間目ぐらい…丁度、亜硝酸が増えている頃です。
水替えしよう…というのはチョット待ってください。その水質変化で白点病になるケースは多いです。
出来れば最初から活性炭などを入れておきましょう。

●降海型はこの時期でさえも水質変化を与えない方が良いです。
白点病の増殖する最適温度は15℃〜18℃。

サツキマスなどは17℃〜18℃で飼育しているわけですから、あっという間に体に斑点が出来ます。
この出現頻度は半端では有りません。体中を覆うのも早いです。
発見したら、すかさず濾過をしているろ材を取り払います。

そして禁じ手としていた水を3分の1交換して、薬剤を溶かしこみ、新しい綿をろ材にします。

▲ろ材交換と濾過作動は、薬剤で死んだり弱った白点虫をこし取る目的です。

体、尾に多く白点が付いていた場合、これまた間違い無くエラにも付いていて呼吸を阻害しています。
エラが復活するのが先か、死ぬのが先か、我慢比べです。

▲黄色と青の薬品混合液で対処しますが、これらは酸素を思いっきり消費しますので、
ブクブクをパワーアップさせること。結構、効果があるようです。

←治療中のサツキマス37cm

★尾びれが折れているのは病気で弱っているから(通常、降海型は尾びれはしっかりピンとしています。)

▲ページに直接来た人は水槽内でのエサ食いの様子(写真)などもありますから最初からどうぞ。

飼育温度アラカルト

水槽用クーラーの電気代のため、温度は上限を書くようにします。

ニジマス…最適23.5℃ぐらいまで。上限25℃(1番高温に耐えられる=養殖が盛んになった理由)

サツキマス・サクラマス…最適19.5℃まで。上限22℃限界。21℃でエサを食わなくなる現象がある。

アマゴ・ヤマメ…最適21℃まで。上限23℃。22℃でエサを食わなくなる現象がある。

イワナ…最適20℃まで。上限23.5℃までいけるが、アマゴ・ヤマメより結構タフです。

▲個体差が激しいのも魚の基本なので絶対じゃありません。個体差が激しくあります。ご注意を。

初心者の方は、まずエサも水換えもせずに1ヶ月ほど泳がせるだけ…というのが、
1番簡単に成功できるかなと思います(その後、エサをやりはじめます)。

#エサをやらなくても1ヶ月は大丈夫ですから我慢してみてください。意外と順調に飼育できます。

難しい魚だからこそ、与えた人工エサを食べた時は最高の喜び。
そして家に帰れば、いつも掛けた時の川底でギラっと輝く記憶が甦ります。


←18.5度の冷水で設定。渓流魚でも120cm水槽でもOK。

色々と工夫すると良いこともあります!!!頑張ってください。
裏話から一気にここまで読んでこられた方は一旦表紙へ戻られて残りの項目を勉強下さい。



戻る     表紙