サツキマス/サクラマス釣り方
(アマゴ/ヤマメ釣り)

餌食わらば

前章でサツキマス絶滅を防ごうと頑張った「エ付け」ですが、
渓流釣りファンのため写真をお見せしたいと思います。


渓流の女王と言われるヤマメ(山女)、アマゴ(雨子)は亜種どうしです。
関東以北では、ヤマメ。神奈川以南ではアマゴ。違いはアマゴに朱点があるだけ。
琵琶湖には、この中間的なビワマスっていうのがいます。

ヤマメが海に降り産卵の為に川に上ってきたものをサクラマスと呼びます。
サクラの咲く季節に遡上(そじょう)してきます。

サケ目サケ科サケ属。
最大80cmぐらい(サクラマス)

アマゴは伊勢湾など温かい海になるため、海に降りる個体は無いと考えられてきました。
しかし、一部の河川で「サケに似たヘンな魚」が居ました。
遺伝子学の発達で、そのヘンな魚がアマゴの降海型と言う事が判りました。
サツキの花が咲く頃に遡上してくる為、サツキマスと名付けられました。

最大55cmぐらい(サツキマス)

サツキマスは海に降りている期間が半年ぐらい。寿命は2〜3年。

サクラマスの方は海に降りている期間が1年半ぐらい。寿命も長く平均4年〜5年。
寿命の長いサクラマスの方が大きくなります。

▲海に降りている期間の差は”水温が原因”と推測されています。


陸封型のアマゴ23cmとサツキマス34cm(オス)。アマゴは塩焼きサイズ。
幼魚斑点のパールマーク(パーマーク)が残って成熟するのが陸封型。
現場から生かして持って帰るには保温のシッカリしたボックスにブクブクが基本です。

←私が釣ったもの(神谷堰堤・吉田川)

微妙な魚:モドリ

モドリとは外見はサツキマスに似ているけど、うっすらとパールマークが見えるもの。
海に行く途中で戻ってきたアマゴ。綺麗な魚です。
(大河川で育つ場合がこのケースによく当てはまります)
長良川の職漁師の方々は特にハクシマと呼んでいるようです。(出所の意味は聞き忘れました)
海の代わりに湖に降りたものも同じ様な中間体っぽくなります。降湖型アマゴと呼びます。

これは私の釣った最大級。

サツキマス43cm(オス)。(正確に測ったら47cmだった)。
緑色の水は消毒薬が入っているからです。手前に有るのは卵ではありません。丸い石。



このゴツイ顔。もう、サケと変わりません。
釣り上げて間が無く、水槽に頭をぶつけて傷だらけになっています。



上手に餌を食うようになりました。(”遡上サケ科は餌を食う”ページに出した新聞に載せた写真です)

←釣ってから3年も生きました。

▲アマゴは養殖でエサを豊富に与えると2年で30cmを越せます。

早いものは2年、遅くても3年目で成熟し産卵します。(そして死にます)
ゆえに寿命は3年、長くても4年と言われています。

自然界では4年を超えるものは居ないという結果が長野県水産試験場から出されていますので、
「10年は生きている大物を釣った!!!」ということは無いそうです。

私が飼育していたサツキマスなどは、後述する飼育テクニックを使っています。
それゆえ40cm前後で釣ったサツキマスでも3年以上生かせれました。
(推測ですが5〜6年生きたという感じです)
もし飼いたいという方がいらっしゃったら、ジックリお読みください。


38cm(メス)。正統派の綺麗な魚でした。



おしとやかな、いや、清楚な魚だったのに…餌を食い始めたら

ダイナミック!!

←この水槽、高さが45cm。実はデカイ。

コイや海水魚の様にゆっくり食べてくれれば良いのに。撮影するのも大変でした。



渓流釣り師(たにし)憧れの尺アマゴの食うベストショット

尺=30cm。

とにかく速い!成功した連続写真なんて何十回に1回の率。
魚が満腹になってしまい、撮影は次の日に持ち越した事も!

魚の定位:

水の落ち込みに近いほうから大きいものが定位。47cm⇒32cm⇒15cm。
渓流では釣り本の紹介の通り、上位に大型が定位しています。
ただし明るい時です。暗い時は後述します。

←えさを投入。32cmのものが気が付く。

←素早くエサをゲット。助走無し!!!

←釣りの場合、このような食い方はアタリが大きく出る。

←他の魚が動いていないように見えるほど一瞬。

写真では出していませんが、1番小さなものが真っ先にエサを食い、その次に写真の32cm。
最後に47cmが首を振る程度の動きで口の側に来たエサを食います。
釣りの場合だと、アタリは小さいでしょうね。順番がシッカリしています。

食う順番

水槽内では小魚がエサに食らいつき、その音や匂いで大型が動き始める…という感じです。
”大型はアタリが小さい”というのも再現できています。
首を振る程度の食い方だからアタリが小さいのだ…と言えるでしょう。
大型は落ち込みの脇に居ます。
水槽には15cm、32cm、47cmの魚が入っていますが、
大きさを敢えてバラバラにした理由は「優位」について調べ確認する為でした。

暗くなると変わる定位だ(釣り本とは違ったりする)

暗くなると魚の定位していた位置が変わります。この水槽は90cm。奥行き45cm。大型水槽です。
水槽が小さく見えるほどの47cmの為に、120cm水槽と専用置き台、専用エアコン(専用部屋)まで
用意せざるをえなかったです。大型魚、冷水魚は設備が大変!!!

暗くしますと写真に写しにくいですから、簡単に明暗が分かるようにメチレンブルー
(傷の消毒に効果アリ)で水を着色しました。

←大胆になるサツキ

大きなサツキマスは暗くすると海の名残なのか回遊のようにユッタリ泳ぎます
他のアマゴなどは定位しています。位置の変化に注目ですぞ!!!

上流から32cm⇒15cm。47cmは回遊しはじめる。

明るい時とは違いますよね?
釣り本で紹介されているアマゴ・ヤマメ定番のポイントばかりでは平均点の釣果しかない!!!
サツキマスは「回遊できる場所」に移動しているといえましょう。
それで私は抜群の釣果を得ていたわけです。本には紹介されていない場所だから。


実際、釣り師の観察眼はスゴイ

以前にも書きましたが、釣り師の観察眼というのは専門知識が無くとも、
実際に水槽実験をして確認していなくても、
ものすごく正確な生態を見抜いています。

これは、本当にすごいことと思います。乾杯!!!


餌を食うなら変わる釣り方

北海道で解禁

トラウト好きな釣り人の皆さん、こんにちは。

サツキマスやサクラマスは絶対数が少ない為、釣りでは「1シーズンに1匹釣れれば最高」
とまで言われる人も多いことでしょう。何シーズンも顔を拝んでいない人すら沢山居るはずです。

狙っても釣れない魚…。

しかし、北海道で解禁された忠類川。試験的な釣り的方法による漁獲調査という
目的で川で憧れのサケ類を釣る事が出来ます。なんと名古屋ナンバーの車やら
北海道外の車ナンバーを沢山見かけるほど釣り人が集まっています。

1日釣り人一人頭5匹までという制限があります。
釣れるものはサケ(シロサケ)、カラフトマス(セッパリマス)。

カラフト…セッパリマスは背中がぐいっと高くなるアレです。
2年で成熟して川を上るため、隣同士の年のカラフトたちと交流が無く、
同じ種類なのに遺伝子がかなり違うという面白い魚です。

地元ではピンクサーモンと呼ばれていますが、高級食材”ベニサケ”と間違ってしまいますので、
混同しない様にしましょう。かなり味に違いが有ります。

サツキマス釣り方

さて、餌を食わないとされてきたサツキマスでは、100篇流しという伝統の釣り技がありました。

100回もポイントを同じラインでトレースし、サツキマスが攻撃するのを待つという
テクニックと根性・根気の合わさった大変難しいワザです。
それほどして初めて一匹の顔を拝めます。

しかし、餌を食うということに結論つけた私は、「ポケターン釣り」と言う技を釣り新聞で発表しました。
サツキの回遊していそうなポイントでポケターンとブッコミ釣りと言う感じで待つのです。

海釣りでは2号とか3号、4号の糸で釣りをします。
海で釣れる魚よりも大きいレベルのサツキマスは0.6号の細い糸で8mの長竿を
激流の中で操作して釣ります。

激流であるが為に、太い糸ですとすぐに不自然な動きになりますので、
細い糸(太くても0.8号)が必須という辛い渓流釣り。
釣りの頂点と言われる釣りがコレと思っています。
テクニックや仕掛けの細さ、綺麗な魚、美味な味…。しかし、釣れないのが一番。

ポイントの流れに位置できるテクニックさえマスターすれば、そのままじっと待てば
食いついてきてくれます。

とはいっても、ウグイ、アマゴや岩魚がかかる事も多いので、サツキマスに至るには
大変難しいのは現実ですが、ポケターン釣りは、100篇流しよりも可能性は高いと思っています。

これはターゲットの考察⇒工夫⇒釣りの実践という釣り本を鵜呑みにするだけでなく、
釣り人の皆さんも色々と工夫してみるといいですよ♪と工夫のススメでした。


ちなみに飼育下では約15分で完全に満腹になり、エサを食べなくなりました。
次に食い始めるのは約6時間後
ゆえにエサが豊富な渓流では好機は一瞬というわけです。
同じポイントで粘るより、別の場所を転々としているほうが良いでしょう。
(6時間後に戻って来れば良いのです)

魚を驚かせた時や水温を3℃以上変化させたのも同様に馴染むのに6時間ほど掛かりました。
大雨・雪解け水流入とかの水温変化があった時は、それを思い出してください。

餌は川虫(特にクロカワムシ)、ミミズ
そして私が週間釣りニュースという釣り新聞で公開した湖産エビ
湖産エビはびわ湖のエビで海釣りのエサ屋さんで扱われています。

河口ではゴカイや青イソメでスズキ・フッコ・セイゴ狙いの時に
たまたまサツキマスが釣れます。

つまり、遡上してもその環境に居るエサを食べているということですが、
食わなくなるわけではありません。

「明るいX暗い水槽」での動きをイメージし、
本とは違う自然界の場所で一致するポイントを探して狙えば、
難しいと言われるサツキマスでもオツケイです。

他の魚でも同じようにやれば、ひとりだけ大釣りが出来るでしょう。

←思えばたくさんの雑誌に出たものです。

全て本職じゃないのがツライところですが。

ところで実は更に詳しいサツキマス・サクラマスの生態も研究して結果を導き出しています。
エサを食わないとされた理由もハッキリと非常に釣り師にとっては興味深いものです。

どこかの渓流釣り誌の原稿で将来紹介したいと思っていますので、
この点だけは紹介しませんが申し訳ないです。目からウロコ落ちですぞ!!!
ここは無料の解説記事なので、お金・自腹をかけた研究結果を少しでも回収する為にスミマセン。
(嗚呼、こんな貧乏臭いことを書いてしまうなんて自分のバカバカ)

でも無意識にノウハウとなる生態に触れたりしますので、
想像力を発揮されて読まれると分かったりして。自分の解説が下手なので無理かな…



表紙